プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!
お見合い・婚活 応援ブログ
【お見合い準備】
 日本結婚相談所連盟トップ  お見合い・婚活 応援ブログ  お見合いを上手に断る方法と知っておくべきマナー

お見合いを上手に断る方法と知っておくべきマナー

お見合いを上手に断る方法と知っておくべきマナー

会社の上司や親戚からお見合いを勧められたものの、実際に会ってみると性格や価値観が合わずお断りをしなくてはいけない場合もあることでしょう。

一般的な恋愛のお断りの仕方とは違い、お見合いや縁談をお断りする時は注意するべきマナーがあります。
ここではお見合いを上手に断る方法と知っておくべきマナーについて紹介します。

お見合いを断るタイミングと断り方

omiairefuse1

お見合いをお断りしたいけれど、相手を傷つけてしまうのではないかと切り出せずにいる方も多いことでしょう。

しかし、自分にその気がないのなら、変に引き延ばしたりせずお断りすることが大切です。中途半端な優しさは相手を期待させてしまうだけでなく、相手の出会いのチャンスを妨げてしまう場合もあるため早めにお断りを入れましょう。

特に会社の上司や親せきから勧められたお見合いの場合は、今後の関係性も考えて波風立てずにお断りすることが理想です。

まずは、お見合いの断り方のポイントをタイミング別に挙げてみました。


1・お見合い前の断り方

顔写真やプロフィールを拝見したものの、第一印象が良くない場合や、自分の結婚願望が薄い場合、その方とお見合いをする気持ちにはなれないということもあるでしょう。

お見合いする前は、まだお見合い相手と直接出会っていないので一番断りやすいタイミングです。上司や親戚から縁談を紹介された場合は、メールや電話ではなく、なるべく直接会ってお断りをしましょう。

その際は「せっかくお話をいただいたのに申し訳ありません。結婚はまだ早いと考えています」「自分にはもったいない方です」などと、断る原因が相手ではなく自分にあることを意識すると、紹介者を不愉快な気分にさせることもなく自分の率直な気持ちが伝わるでしょう。

2・お見合い後の断り方

実際にお見合いをしてみたけれどフィーリングが合わずお断りを考えている方も多いことでしょう。

この場合、1回は顔を合わせているためお見合い相手はもちろん、お見合いを勧めてくれた方の顔を立てるためにも失礼のないよう慎重に言葉を選んでお断りする必要があります。
まずは、お見合い相手ではなく縁談を紹介してくれた方にその気がないことをハッキリ伝えましょう。

その際は「大変申し訳ありません。とても素敵な方でしたが価値観が合わずお断りをさせていただきたいのです」などと、丁寧な言葉を選ぶと相手も理解を示してくれるでしょう。

3・デート後の断り方

数回デートを重ねたものの、将来のパートナーとしては考えられないという場合もあるでしょう。
初めの頃は、相手の内面的な部分が見えづらいため、デートをするうちに欠点や考え方の違いが目立ち始め上手くいかないこともあります。

この場合は、お見合い相手と面識があるため仲介者に伝えるだけでなく、直接会ってお断りするほうが常識的です。お断りをする際は、「自分が未熟であるため、結婚を考えることができませんでした。本当に申し訳ありません。」などと、相手の欠点には一切ふれず慎重に言葉を選びながらお断りをしましょう。

また、お見合いや縁談を勧めてくれた方にも、「せっかくの縁談をお断りしてしまい申し訳ありません。どうしても結婚を考えることができませんでした。」などと、紹介者に失礼のないよう直接会ってお詫びをした方が良いでしょう。


結婚相談所に入会している場合の断り方

omiairefuse2

会社の上司や親戚から紹介されたお見合いの場合は、紹介者にはもちろんお見合い相手にもお断りする旨を伝えなければいけないことがあります。
そのため「職場に居づらくなってしまうのではないか?」「親戚との間に溝ができてしまうのではないか?」などと、今後の関係性に不安を抱く方も多いことでしょう。

しかし、結婚相談所に入会してからお見合いをする場合は、自分で選んだ相手とお見合いをし、断る際も必ず仲人やカウンセラーを通すことになっています。

お見合い相手と直接会ってお断りすることがないので、相手を傷つける心配や不安がない分、安心してお見合いに臨むことができます。

お見合いを断る時のマナー

omiairefuse3

お見合いで出会った相手と必ずしも上手くいくとは限りません。相手を生理的に受け入れられずお見合い前にお断りすることもあれば、デート後に「やっぱり性格が合わないな」と気持ちが冷めてしまいお別れすることもあるでしょう。

しかし、相手に失礼にならないようお断りすれば、そこまで気にすることはありません。いつまでもお断りをできずにいると、その間も相手は結婚を視野に入れて活動をしていく可能性が高いため返って相手を傷つけてしまうことも。

相手のためにも、まずはお見合いを断る時のマナーを知って早めの行動を取りましょう。

結婚相談所のお見合いの場合は、仲人を介することがルールとなるので、ここでは上司や親戚からの縁談をお断りする際のマナーをお伝えします。


1・お見合いをメールで断るのはNG!

お見合い相手とメールやラインなど、連絡先を交換している場合であっても、お断りをする時は会って直接伝えるか、仲介者や紹介者を通してお断りしたい旨を伝えてもらうのがマナーです。

メールやラインは、相手と顔を合わさずに済むため手っ取り早くお断りをすることができますが、相手によっては軽い・不誠実・非常識などと誤解をされてしまう場合もあります。

お見合いをお断りすれば相手と会うこともないからと軽く考えるのではなく最後まで誠実な対応をこころがけていきましょう。

2・ハッキリ伝える

「ハッキリ伝える」というのは、お見合いをお断りする原因を正直に述べるのではなく、曖昧な態度やダラダラと期間をあけすぎないという意味です。

時間をかけてしまうと、相手を期待させてしまい次回のデートの誘いや連絡が頻繁に来てしまう可能性が高いため、さらに断りづらい状況になってしまいます。

この人との結婚は考えられない!と判断した場合は、なるべく早く相手と直接会ってお断りをするか、紹介者や仲介者を通してお断りしたい旨を伝えてもらうようにしましょう。

相手の今後の婚活を考えて早めに行動することがポイントです!


まとめ

omiairefuse4

お見合いには、お断りすることもつきものです。上司や親戚から勧められたお見合いや縁談をお断りする場合は、紹介者に対し失礼のないよう配慮することを忘れずに。

結婚相談所でお見合いする場合は、お断りすることになっても、必ず仲人やカウンセラーを通すことになっているため安心です。

◆まずは婚活カウンセラーに話を聞いてみましょう♪
お見合いができる結婚相談所を探す ≫

◆もっと詳しく結婚相談所のお見合いについて知る!
お見合いルール&マナーはこちら ≫

ブログTOP
セミナーのご案内はこちら