お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

お見合いを成功させる質問の仕方を知ろう!

2018.07.18 お見合い準備

お見合いや婚活パーティーで「会話が続かない…」と悩んでいる方は、話を膨らませようと相手に対し質問攻めになっていたりしませんか?

お見合いの席では、「聞いた方が良い質問」と「聞いてはいけない質問」があるので、相手に失礼のないようしっかり見極めながら会話をする必要があります。

ここでは、会話が続く質問のコツやお見合いで避けるべき質問について紹介します。

お見合いで会話が続く質問の仕方

omiaiquestion1

結婚相談所において、会員さんの質問で多いのが、お見合いの席での会話についてです。

会話を盛り上げようと努力するあまり、相手に対し質問攻めになっていたり、地雷を踏んでしまったりと、知らず知らずのうちに相手の気分を害す行動をしている場合もあるのだとか。

会話が続くように努力することも大切ですが、まずは相手の負担にならないよう行動から意識してみてはいかがでしょうか。そのほうが落ち着いて会話を楽しめるため、互いに居心地よく過ごせるはずです。


1・尋問にならないようにする

お見合いに限らず、自分の話ばかりをする人は友人関係や恋愛関係においても敬遠されがちです。

しかし、逆に質問ばかりを投げかけて、自分自身は何もしゃべらずに、相手に喋らせようとするのは、相手が返答の仕方に困るだけでなく、一問一答で終わってしまうため、会話が長続きしません。

相手に質問をする時は、一気に全てを聞こうとするのではなく、一つの質問に対して相手の返答が来てからその話題を広げるようなイメージで会話をすると良いでしょう。
そのほうが「話をしっかり聞いてくれて嬉しい」などと、相手に好印象を与えることもできます。

2・適度なリアクションを取り入れて感情を表現する

お見合いで会話を盛り上げたい・上手く質問できるようになりたいという方は、会話の中で適度なリアクションを取り入れてみるのも良いでしょう。

実は、相手と会話が続かないという方の多くは、リアクションが薄く相手に感情が伝わらないことが一つの原因ではないかとも言われています。
リアクションをすることは、相手とコミュニケーションをとるうえでとても大切なことであり、自分の気持ちを表現すための手段でもあります。

お見合いでは、お互いの気持ちが伝わりやすいほうが早い段階で次のステップへ繋げていける場合もあるため、適度なリアクションを交えながら相手に素直な感情を表現していきましょう。

例えば、相手の話題にそれほど興味がわかなかったとしても、「そうなんですね、知りませんでした!・驚きました!・それからどうなったんですか?」など、否定する言葉は使わず、話題を広げるようなイメージで質問をすると、相手に楽しい気持ちが伝わり、自然と会話が弾むのではないでしょうか。

【リアクション(感情表現)】
・喜ぶ
・楽しい
・驚く
・共感
・悲しい


お見合いで聞いておきたい質問

omiaiquestion2

お見合い相手がどんな人なのか、日頃どのような生活を送っているのか、これらは現実的な結婚生活をイメージするためにも相手に質問をして聞いておくことが大切です。

初対面は、お互いが緊張しやすく警戒心も強いため、その場が和むような明るくて楽しい質問を意識すると良いでしょう。相手に質問をする時は、失礼にならない範囲で自分の聞きたいことがピンポイントで聞けることが理想です。

まずは、お見合いの質問でおすすめの話題を3つ紹介します。


1・趣味や休日の過ごし方

お見合いの定番の質問と言えば、趣味の話や休日の過ごし方についてです。これらは、相手の生活感が見えることによって、その人の性格や価値観など、自分が相手に求めるお見合いの条件と合っているかどうかを判断する基準にも繋がります。

また、趣味に関する質問をされて気分を害す人はほとんどいないため、相手が返答しやすく会話が長く続く可能性が高いです。

お見合いのようにお互いが慣れていない初対面の席では、まずは、相手に思いやりを持った当たり障りのない質問を心がけましょう。

2・職業について

お見合いをするうえで、特に気になるのが相手の仕事や職業についてではないでしょうか?職業によっては、朝が早い・夜遅い・転勤が多い・出張が多いなど生活のペースや仕事への考え方なども聞いておきたい質問の一つです。

この質問をした後は、「重役を任されているなんてすごいですね」「お仕事大変そうですが、お体大丈夫ですか?」など、相手を気遣った言葉がけを意識することで、心くばりのできる女性らしい印象を与えることも可能です。

3・共通点を見つける

事前のプロフィール情報や相手との会話の端々に、共通点がないかを探してみるのも良いでしょう。共通の話題は、会話が盛り上がるだけでなく、お互いに楽しい時間を共有できるため「また会いたいな」と思ってもらえるチャンスです。

例えば、相手の男性が食べることが好きな方だとします。

女性:○○〇がお好きなんですね?
男性:ハイ!好きです。
女性:私も〇〇〇が好きで、○○にお気に入りのお店があるんです!
男性:本当ですか!?
女性:〇〇店は、雰囲気も良くどれも美味しいんですよ!ぜひ食べてみて欲しいです。他におすすめのお店があれば、ぜひ教えてください♪
男女:良ければ、今度一緒にお食事でも行きましょう‼

など、最終的には「次回も会える・また会いたい」と、お互いに思えることが理想です。

また、共通の話題が見つからなかったとしても、無理に質問をしたり話を膨らませたりすることは避けましょう。


何より、お見合いでは相手を思いやる気持ち、そして楽しもうとする気持ちが大切です。お互いに楽しい時間を過ごすことができれば、相手の気持ちが変わって自然と交際へ進める場合もあるでしょう。

お見合いで避けるべき内容と質問の仕方

omiaiquestion3

結婚を見据えたお見合いや婚活では、相手に聞いておきたい質問が山ほどあることでしょう。しかし、相手の気持ちを考えずあれもこれも質問してしまうのは、相手を困らせるだけでなく「デリカシーに欠けている」と判断される可能性が高いです。

お見合いでは、「聞いてはいけない質問」があるため、そこをしっかり見極めながら相手に失礼のない範囲で質問をしましょう


1・答え方が二択の質問は会話を続けづらい

会話が途切れると沈黙してしまうのが怖くて、ついつい質問攻めになってしまいがちです。しかし、お見合いのように二人きりで会話をしなければならない時は、相手が「はい・いいえ」の二択でしか答えようのない質問は、会話が続かないため避けたほうが無難です。

例えば、相手にスポーツについて質問をしたいとします。その際に「テニスは好きですか?」と限定して質問をしてしまうと、相手は「好きか・嫌いか」の二択でしか答えられなくなります。

このようなやり取りが続くと、中身の薄い会話になるだけでなく、相手にストレスを与えてしまい暗い雰囲気になってしまうことも考えられます。二人で会話をする時は、お互いに負担のかからない質問の仕方をこころがけましょう。

【お見合いで避けるべき質問の仕方】
悪い例:テニスは好きですか?
良い例:何のスポーツが好きですか?

2・婚活歴と具体的な結婚話は避ける

人それぞれ事情があって活動しているため、初対面の相手に「なぜ結婚相談所に入ったのですか?」や「どうして前の恋人とは別れたのですか?」など、プライバシーに踏み込む質問は避けましょう。

また、現実的な結婚生活をイメージすることはとても大切なことですが、お互いが慣れていない段階から、具体的な結婚の話をするのは相手に重たい印象を与えてしまうため避けたほうが無難です。

例えば、「結婚は何歳までにお考えですか?」「結婚プランはお持ちですか?」「子どもは何人ほしいですか?」など、これらはお見合い相手がプレッシャーを感じてしまう可能性が高いです。その後の付き合い方に影響する場合もあるため、踏み込んだ話題には十分気をつけましょう。


まとめ

omiaiquestion4

お見合いでは、「聞いた方が良い質問」と「聞いてはいけない質問」があります。そこをしっかり見極めながら相手を思いやった行動をこころがけて交際へ繋げていきましょう。

omiaiphoto

お見合いが成立しやすい!?お見合い写真で好印象を与える方法

omiaikey

お見合いでもう一度会いたいと思わせるコツ!

カテゴリ
月別アーカイブ

2018年

  • 男の婚活
  • 自分に合った結婚相談所を探す
  • 成婚者インタビュー