お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

結婚相談所の活動の流れと真剣交際への進み方

2019.08.28 婚活のコツ

結婚相談所というサービスがあることは知っていても実際にどういった流れで活動を進めていくのか知らない方も多いのではないでしょうか?
結婚相談所は、お見合いをして結婚相手を探すサービスですが、お見合いが上手くいったらすぐ本格的なお付き合いが始まるわけではありません。仮交際、真剣交際とステップを踏んでいくことになります。

ここでは、活動の流れと真剣交際への進み方について紹介します。

結婚相談所での活動の流れ

結婚相談所で活動する魅力は、なんといっても通常より短期間での結婚を目指せることです。彼氏や彼女など恋人をつくるためではなく、結婚相手を見つけるという目的がはっきりしているため、早く結婚したい人や真剣に結婚を考えている人におすすめです。

結婚相談所へ入会したら、まずは写真やプロフィールなどの情報をもとに自分の気に入ったお相手を探します。「会ってみたいな」「お話してみたいな」と感じたら、お見合いを申し込みます。

お相手からOKのお返事が来たら、いよいよお見合いです。お見合い後は仮交際へ進むかお断りするかを判断しなくてはいけませんが、印象がそこまで悪くないのであれば仮交際へ進むようおすすめしています。

仮交際はいわばお試し期間。一人に絞る必要はなく、複数人とお付き合いすることが可能なため、デートを重ねて相手を見極める期間です。すぐにお断りをするのではなく、目の前の一人のひとと真剣に向き合うことで、交際へ進展するチャンスが生まれます。

【結婚相談所の婚活の流れ】
1.お相手探し
写真やプロフィールで気に入ったお相手を探します。
担当カウンセラーからお相手を紹介してくれる相談所もあります。
2.お見合い
お見合いを申込み、OKの返事が来たらお見合い成立。
ホテルのラウンジやカフェで、1時間程度二人でお茶をします。
3.仮交際(交際期間①)
仮交際の期間は1ヶ月程度。
お互いを知るために週に一度くらいのペースでデートや食事を重ねていきます。
この段階ではまだ一人に絞らず複数人との交際が可能です。
4.真剣交際(交際期間②)
いわゆる恋人同士の期間です。
お相手を一人に絞り、結婚前提とした本格的なお付き合いを開始します。
5.プロポーズ
真剣交際を経て結婚する意志が固まったらお相手へ気持ちを伝えます。
お見合い日からプロポーズまでは3ヶ月程度。最初から結婚相手を探しているため、一般的な恋愛結婚よりもスピードが早いです。
6.成婚退会
二人の気持ちが合致したら晴れてご成婚(婚約状態)です。結婚相談所を退会します。

結婚相談所の仮交際と真剣交際の違い

仮交際と真剣交際の違いは、交際できる人数とお相手に対する気持ちです。仮交際中は複数人とお付き合いをすることも可能ですが、真剣交際ではお相手を一人に絞らなくてはいけません。

また、真剣交際へ進むためには、「ずっと一緒にいたい」「もっと仲を深めたい」「この人と結婚したら幸せになれるかも」など、結婚を視野に入れた前向きな気持ちがあることが前提です。

恋愛においての交際は、結婚する意志がなくてもお互いに好きという気持ちがあればお付き合いすることもできますが、結婚相談所の真剣交際の場合は結婚を考えられるお相手とだけ本格的な交際へ進みます。

1・仮交際から真剣交際へ進むタイミングは?

結婚相談所の場合は、お相手を見極めるために仮交際期間があります。この期間を設けているのは、表面だけでなく内面的な要素をより深く知るためです。

仮交際中に、「一緒にいたい」「もっと仲を深めたい」と前向きに考えられるお相手と出会った時は、結婚を前提とした真剣交際へ進みます。

この際、お相手に気持ちを伝えなければいけないのですが、プロポーズの告白と真剣交際へ進む際の告白は違うので注意しましょう。

お相手に気持ちを伝える際は、「結婚前提にお付き合いをしてください」「本気で結婚を考えています。真剣交際に進みませんか?」などと、結婚したい気持ちを伝えると良いでしょう。

仮交際中は複数人とお付き合いをすることも可能ですが、真剣交際ではお相手を一人に絞ります。真剣交際中は食事やデートをすることはもちろんですが、なるべく過ごす時間を長くして仮交際よりも一歩踏み込んだ深いお付き合いを進めていきます。

2・交際は断ってもいいの?

お相手とどうしても合わないと感じた時は遠慮なくお断りをしましょう。将来の結婚相手を決めるのですから、お互いの相性を見るのも大切なことですよね。
お断りをする際は、直接相手に伝えるのではなく結婚相談所の仲人やカウンセラーを通して伝えられます。

しかし、まだお見合いの段階(仮交際にも進んでいない段階)であるなら、少し考えてみてもいいかもしれません。
実は、たった1回のお見合いでお相手の中身まで知るのは難しいのです。お見合い中はお互いに慣れておらず、緊張で良い部分を出せていない場合が多いので、デートや食事を重ねてお互いのことをもっと知ることができれば、気持ちが前向きに変化することも期待できますよ。
ちょっとでも印象が良いのであればすぐにお断りするではなく一度デートしてみるのもおすすめですよ。

仮交際へ進んだ上でお断りをする際には、お互いの婚活状況も考えてなるべく早めに決断しましょう。

3・真剣交際中のプロポーズはいつするの?

お見合い日から3ヶ月程度をおすすめしています。
真剣交際まで進めたということは、お互いに結婚を意識し始めています。それとなく結婚を連想させるような会話をして気持ちを固めていくと良いでしょう。

プロポーズをするタイミングがわからない時は、相手の気持ちを探ってみるのも有効です。じっと待っているだけでは婚活時間が勿体無いです。
例えば、「○○さんと一緒にいると安心します」「○○さんと結婚出来たら幸せです」など、気持ちを伝えてお相手がどのように反応するかをチェックすると良いですよ。

お相手が、嬉しそうに照れている場合はかなり脈ありです。お相手の女性はプロポーズを待っている可能性も考えられるので、いつでも告白ができるよう準備だけはしたほうが良いです。

また、あまり期間をあけてしまうと逆効果です。お相手の気持ちが離れてしまう場合もあるためなるべく早めに行動に移しましょう。

もちろん、プロポーズは男性から告白するのが基本です。その際は、「結婚したいです」「結婚を考えています。これからも一緒にいてくれませんか?」などと、気持ちをストレートに表現しましょう。

真剣交際中もカウンセラーへ相談できる

結婚相談所へ入会し、交際まで進んだからといってすぐに結婚が決まるとは限りませんよね。時には、お相手からお断りをされて傷ついたり、壁に当たることもあるでしょう。

そんな時は、一人で悩むのではなく結婚相談所の仲人やカウンセラーへ相談しましょう。
マッチングアプリと違い、結婚相談所のゴールは成婚(婚約)です。交際中のお悩みもサポートしてもらえます。

何人ものカップルを誕生させたプロの方に相談することで、客観的な意見をもらえるので、前向きに婚活を進めることができますよ。

まとめ

結婚相談所では仮交際を経て真剣交際へと進みます。ステップを踏んで進んでいくため、ご成婚までの期間が短いのが特長です。
お相手探しやお見合いだけでなく、交際中も不安なことがある場合は、一人で悩まず仲人やカウンセラーに相談しながら進めていきましょう。

まずは、自分に合ったカウンセラーを見つけてみましょう。
================
日本結婚相談所連盟(IBJ)おすすめ!
◆ 自分に合った結婚相談所を探す ≫
◆ 婚活カウンセラーブログをCHECK ≫
================

結婚相談所を利用している男性はどんな人?モテない人の集まりは誤解

結婚相談所で失敗するのはどんな人?婚活を成功させるコツ