お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

転勤族との結婚ってどんな感じ?転勤族のお相手との婚活方法

2019.04.23 婚活のコツ

結婚相談所のお見合いで素敵な方と出会えたけれど、お相手が転勤族でその先へ進んでいいのか悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか?

転勤族の旦那さんと結婚して結婚生活を上手くやっている方はたくさんいらっしゃいます。
ここでは、転勤族の方とうまく婚活する方法について紹介します。

転勤族との結婚でよくある悩み

お見合い相手が転勤族で結婚後も上手くやっていけるか心配という方は、転勤族にありがちな悩みを知ることで前向きに考えられるようになるかもしれませんよ。

慣れ親しんだ環境を変えるということは、そう簡単にできることではありません。ですが、転勤族の皆さんは、置かれた環境を受け入れながらちゃんと生活されています。

まずは、転勤族との結婚でよくある悩みを知って参考にしてみましょう。

1・生活環境の問題

転勤族の悩みといえば、まず短い期間で引越しを繰り返さなくてはいけないことです。そのため、知らない土地で生活しなければいけないことも多いです。

新しい地域に慣れるまで時間がかかる場合もありますが、次の転勤が決まった時には離れるのが寂しいと感じるくらいちゃんと地域に馴染めているので、そこまで心配する必要はないでしょう。

転勤するたびに子どもの学校を変えなくてはいけないことの方が、転勤族の親の悩みの種のようです。

2・単身赴任も考えられる

子どもが大きくなると、就学先や進学先選び、マイホームなどの関係で単身赴任を余儀なくされる方もいます。

特に、転勤が決まった時期と子どもの進学先を決める時期が重なってしまった時は、単身赴任を視野に入れるご家庭もあるようです。

転勤族と結婚するメリットもたくさんある

転勤族の方と結婚したとき、地元の家族や友人と会いたい時にすぐに会えないということがデメリットですよね。慣れない初めのうちは、お店や病院などもどこにあるかがわからないため、大変なこともあるかもしれません。

しかし、結婚相談所のお見合いでは、転勤族の方とご結婚されている方もたくさんいらっしゃいます。
将来のことを考えて慎重に行動するのはとても大事なことですが、「この人と向き合いたい」という気持ちが少しでもあるのなら、今の自分の気持ちを大切にしましょう。

転勤族の方と結婚した場合の悩みだけでなく、良いところを知ることができれば、お相手との婚活も進みやすくなるかもしれません。

1・家族の絆が強くなる

転勤族の方は、親しい友人と離れて知り合いが近くにいない状況のため、夫婦の絆が深まりやすいです。
また、将来家族となって子どもができたときも、頼れる身内が近くにいないので自然と家族皆が協力するようになるということもあるでしょう。

実は、幸せそうに見えるご家庭であっても、親と子どもが一緒に過ごす時間が少ないために、親子の会話が減ったというご家族が増えていると聞きます。

これらは親子で共有できる時間が少ないことが原因かもしれませんよね。家族の絆が強くなるというのも転勤族のメリットと言えるでしょう。

2・自分が成長できる

転勤族は引っ越しをするたびに(転勤するたびに)新しい環境へ慣れていかなくてはいけません。

しかし、その分たくさんの人と知り合う機会があります。
職場の同僚や地域の方、新たな友人などこれからたくさんの出会いが待っているでしょう。
良い出会いは刺激的で自分を成長させてくれて人生そのものを豊かにしてくれますよ。

3・年収が安定している

彼氏や夫が転勤のある職業に就いているというのは珍しいことではありません。大きな会社になると全国転勤や海外勤務なんていうところもあります。

しかし、転勤しながらも辞めずに仕事を続けられているのは仕事に対するプライドや誇り以外に、年収が安定しているからというのもあるかもしれませんよ。

転勤する際は、引っ越し手当や単身赴任手当などさまざまな手当がつきます。年収が安定していることがわかれば将来の生活面に対する不安が少しは解消されるはずです。

4・夫の実家が遠くなるので気が楽

結婚すると、夫のご家族や親戚との付き合いが増えていきます。定期的に会いに行ったり、一緒に食事をしたりなど、上手くやっていきたいと思うあまり気を遣いすぎて疲れてしまうこともあるかもしれませんよね。

ですが、夫が転勤族であれば離れた場所で暮らすことになるため、そこまで気疲れすることはありません。
ほどよい距離感を保ちながら親戚付き合いができるのは、女性にとって大きなメリットと言えるでしょう。

転勤族と婚活する時の注意点

気に入ったお相手が転勤のある職業の場合、いつどのタイミングで転勤と知らされるかわからないので、ある程度は覚悟する必要があります。

例えば、お見合い後に意気投合してすぐに交際が始まったとします。お互いに慣れてきて信頼関係が築けてきた頃に、「転勤が決まった」と言われることも考えられますよね。
不安な場合は、どのタイミング(時期)で転勤が決まるのか、異動範囲はどれくらいなのかを自分から正直に聞いてみるのも良いでしょう。

また、結婚相談所を利用している転勤族の方は、短い期間で結婚相手を見つけたいと思っている方が多いです。

その理由は、いつ転勤になるかわからないため、なるべく早いうちに結婚相手を見つけて安心できる家庭を築きたいと思うからではないでしょうか。
転勤族を理由にあなたがお断りしてしまった場合、お相手はすぐに別の人を見つけようとする可能性が高いです。

お相手に対して「一緒にいたいな」「素敵な人だな」という気持ちが少しでもあるなら、今の自分の気持ちと向き合うことも大切ですよ。

1・転勤を受けとめる覚悟をする

お相手の転勤がいつ決まっても動揺しないように、遠距離恋愛になることも想定しておきましょう。

あなたの気持ちが揺らがないことが、お相手を安心させます。離れて暮らしてもお付き合いが順調に進むようであれば、自然と結婚したい気持ちが芽生えてくるはずですよ。

2・転勤が予想される地域を確認する(今後のため)

転勤先はどこになるのだろう?と不安なことがある場合は、転勤が予想される地域をお相手に確認するのもありです。
例えば、生まれた時からずっと関東で暮らしてきた方にとっては、遠く離れた北海道へ引っ越してくるのはとても勇気がいることですよね。

逆に、どこへ行っても誰とでもすぐに仲良くなれるわ!という方は、転勤族との婚活に向いています。社交的なタイプは寂しさもパワーに変えられる持ち主なので、転勤族との結婚生活で住む場所が変わっても困ることはあまりなさそうですね。

転勤族ならではの事情や悩みなども前もって聞いておくと、今後の参考になりますよ。

3・遠距離でも精神的に繋がっていけるようにする

交際相手が転勤族の場合は、いつ離ればなれになるかわかりませんよね。好きという気持ちが大きくなってしまうのは仕方がないですが、お相手に依存しすぎてしまうと返って自分を苦しめる結果になります。

例えば、遠距離恋愛はすぐに会える距離ではないため、「今会いたい」「すぐに会いたい」などと言われても、相手の負担になるだけです。場合によっては、交際が続かず残念な結果に終わってしまうことも考えられます。

転勤族との婚活に限らず、お見合いで出会ったお相手とうまくやっていくためには、自分のことよりも相手の気持ちを考えて行動することが大切ですよ。

まとめ

転勤族の男性との結婚は、もちろん悩むことも良いことも両方あるでしょう。
相手がどんな立場の男性であれ、大切なのは自分が相手を思う気持ちです。

お互いに相手を思いやれる関係であれば、きっと幸せな結婚生活をおくれることでしょう。
まずは、上記のポイントを参考に、有意義な婚活ができるよう心がけていきましょう。

================
日本結婚相談所連盟(IBJ)おすすめ!
◆ 自分に合った結婚相談所を探す ≫
◆ 婚活カウンセラーブログをCHECK ≫
================

結婚相談所を知れば偏見がなくなる?

結婚相談所は併用できる?併用した場合の効果