お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

お見合い後のお礼メールのタイミングとポイント

2018.12.06 婚活のコツ

お見合い婚活で出会った相手と意気投合し、仮交際へ進むことはできたものの、どのタイミングで連絡を取り始めれば良いのかわからないという方も多いことでしょう。

ここでは、お見合い後のお礼メールのタイミングや、やり取りをする際の注意点について紹介します。

お見合い後に連絡を取る流れと手段は?

お見合いや婚活パーティー、婚活サイトなどのネット婚活で出会った相手と初めて連絡を取る時は、どのタイミングでどう連絡したらよいか悩みますよね。

結婚相談所のお見合いの場合、お見合い後に相手と仮交際へ進むことが決まったら、お互いの連絡先を交換することになります。

相手の男性からファーストコール(お礼の電話)が来たら、お会いできたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。その際、初デートのお誘いがあった場合は、相手の性格や考え方などを知るためにも前向きな気持ちでOKしてみましょう。

しかし、男性によっては、なかなかデートに誘えないという内気な性格の方もいます。その場合は、相手の気持ちや立場を優先することを前提に、女性からお誘いしてみるのもおすすめですよ。

互いに慣れていない最初の頃は、連絡を取る手段として電話よりもメールやラインが中心になることが多いかもしれませんが、少しずつ距離が縮まっていけば、電話をする頻度も増えてくるでしょう。

お礼メールの内容とおすすめのタイミング

お礼のメールや連絡を取るタイミングがわからないという方も多いのではないでしょうか。
相手の事情や都合などを考えると、自分の好きなタイミングで連絡をして良いというわけではありませんよね。

また、お礼のメールをするまでに時間を空けすぎてしまうと、「あまり乗り気じゃないのかな?」「このまま仮交際を続けて良いのかな?」などと、相手を不安にさせてしまう場合もあります。

まずは、メールをするタイミングに気をつけながら相手に良い印象を与えていきましょう。

1・お礼メールは早めにすることが大切

お見合い相手に関わらず、誰かになにかしてもらった時は感謝の気持ちを言葉にして伝える(お礼)のが筋です。

お礼をしっかり伝えた場合とそうでない場合とでは、相手に与える印象もガラッと変わってきます。ファーストコールの後やデートの後などは、早めにお礼のメールをすることが大切です。

そうすることで相手に感謝の気持ちが伝わり互いに良い雰囲気でお付き合いをすることが可能です。

2・お礼メールは内容も意識する(例文)

お礼のメールをする際は、内容や言葉遣いにも気をつけましょう。例えば、互いに慣れていない間柄にも関わらず、家族や友人のように馴れ馴れしい口調でメールが送られて来た場合、「言葉づかいがなっていない」「すいぶん馴れ馴れしい人だな」などと、嫌な気持ちになりませんか?

お礼のメールをする際は、「○○さんとお会いできて嬉しかったです」「また、ゆっくりお話させていただきたいです」「今度、ご飯でもどうでしょうか?」などと、感謝の気持ちを言葉にしながら再会を望む気持ちを織り交ぜてあげると効果的です。
その方が、相手にも会いたい気持ちが伝わりデートへ繋がる可能性が高いです。

悩み過ぎてあまり長文のメールになりすぎないよう注意しましょう!

3・状況しだいでは女性から誘うのも有効

お見合いと聞くと、どうしても男性がグイグイ引っ張っていかなくてはいけないというイメージを持ってしまいがちですが、男性によって性格も様々です。

積極的で行動力のある方もいれば、消極的でなかなかデートに誘うことができないという方もたくさんいます。

もし、お見合い相手の男性が消極的で控えめな方であった場合は、女性からデートや食事に誘ってみるのも有効です。

その際は、「一緒にお食事でもどうですか?」「今週末、都合が良ければお会いしませんか?」などと、相手の気持ちを考えながらお誘いしてみましょう。

4・お礼メールの返信もなるべく早めにする

相手からお礼メールやラインが来た場合は、なるべく時間を空けずに返信をし、こちらもお礼を伝えましょう。
例えば、デートのお礼などは、会った時の互いの印象を忘れないためにも早めに連絡することをおすすめします。

また、返事が遅くなってしまった場合は、「すみません!今帰宅しました」「今日もお疲れさまです。今メールにきがつきました」などと、申し訳ない気持ちを伝えるだけで、相手に嫌な思いをさせずに良い印象を残すことができます。

お見合い相手とメールをする時の注意点

せっかく仮交際へ進めたのですから、なるべく楽しい時間を過ごしたいですよね。交際中のメールでも自分の話だけを一方的にするのではなく、相手の話を聞いたり共通の話題を広げたりすると良いでしょう。

また、デートのプランを二人で立てるのもおすすめです。そのほうが、相手も話しやすく会話が盛り上がる可能性が高いです。連絡を取る際は、相手の都合や気持ちを考えて互いに楽しめる内容を心がけましょう。

1・メールを送る頻度

連絡を取り合う頻度は、人により異なります。毎日何度もメールやラインでやり取りをする方もいれば、1日に1回という方もいることでしょう。

しかし、あまり日にちが空いてしまうと「連絡が少ないな」「嫌われたのかな」などと、相手を悩ませてしまう場合もあります。

また、連絡を取る頻度が極端に少ない場合は、相手の気持ちが冷めて交際が終わってしまう可能性も考えられますよね。
3~4日待っても相手の男性から連絡が来ない場合は、女性のほうから送ってみるのも有効です。

その際は、「風邪などひいていませんか?」「忙しかったですか?」などと、相手を気遣う言葉を一言そえると印象も良いです。

2・愚痴や暗い内容に気をつける

メールやライン、電話など、相手と連絡を取り合う際は、愚痴や暗い内容にも気をつけましょう。例えば、相手から連絡が来た際に、「今日も疲れた~仕事がしんどい」などと言われたらどう思うでしょうか。

話の内容が暗く、愚痴を耳にした場合は、どんな言葉を返して良いか分からなくなりますよね。また、このような愚痴を今後も聞かされるのではないかと誤解されてしまう場合もあります。

連絡を取り合う際は、相手にどう思われるかを意識することが大切です。

まとめ

お見合い後、男性からファーストコールを頂いたら、お礼のメールを早めに送りましょう。デート後も、早めにお礼メールをすることで良い印象を与えることが可能です。

まずは、連絡を取る頻度やタイミングに気をつけながら二人の仲を深めていきましょう。

お見合いは一目惚れや直感だけじゃない

お見合いの返事待ちはどれくらい?

カテゴリ
月別アーカイブ

2018年

  • 男の婚活
  • 自分に合った結婚相談所を探す
  • 成婚者インタビュー