婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】Bridalチューリップ

結婚式を象徴する幸せのジンクスを紹介

Bridalチューリップ「結婚式を象徴する幸せのジンクスを紹介」-1

東京の結婚相談所Bridalチューリップです


 



今年もジューンブライドの季節がやってきました!


 

「6月に結婚をすると幸せになれる」ことで有名なジューンブライドは、ヨーロッパから伝わっきた幸せな結婚のジンクスのひとつです。



由来は所説ありますが、もっとも有力なのはギリシャ神話の女神ヘラに基づく説。


彼女は6月の月名「Juno」の語源にもなっており、結婚を司る6月を守護する女神です。


6月に結婚式を挙げると、ヘラの加護を受け幸せになれると言われています。


このほかにも、ヨーロッパからやってきた結婚にまつわるジンクスは沢山あります。




Bridalチューリップ「結婚式を象徴する幸せのジンクスを紹介」-2



*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*



★雨の日の結婚式


ヨーロッパでは雨が降ると、雨粒に乗って天使が地上に舞い降り、新郎新婦に幸せを運ぶと考えられています。

そのため、雨の結婚式はまさに幸せの象徴。

せっかくの結婚式当日に雨が降ってしまうとがっかりされる方も多いかもしれませんが、とってもロマンチックですよね。 



★サムシングフォー


ヨーロッパでは結婚式の当日に、ある4つのものを身に付けると幸せになる、と言い伝えられています。

これが有名なサムシングフォーと呼ばれるもので、具体的にはこの4つです。


・ひとつは「新しいもの」。

→新生活と幸せへの心構えを示すため。


・ひとつは「古いもの」。

→結婚してからの繁栄を祈るため。一般的には花嫁が母親や祖母の持ち物を見につけます。



・ひとつは「借りたもの」。

→すでに結婚して幸せな家庭を築いている人から、その幸せを分けてもらうため。



・ひとつは「青いもの」。

→青は「花嫁の純潔」を象徴し、聖母マリアのシンボルカラーに由来。目立たないところに取り入れるのがしきたりです。


    


★花嫁のベール


花嫁のベールは悪意や好奇の目から、新婦の身を守ると信じられています。

結婚式では誓いのあとに新婦のベールを新郎が取る儀式がありますが、これは2人の「最後の障害」を取り除くという意味を表しています。


   

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*



   

いかがでしたか?



何気なく目にしている結婚式になくてはならないアイテムには、ひとつひとつ意味があります。

どんなものにも新郎新婦の幸せを願う祈りが込められていると考えると、結婚式がより一層素敵なものに思えてきますよね。


 


近い未来の幸せな自分を想像して、行動していきましょう。





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【100人いれば100通りの幸せをプロデュース】

成婚率57.3%の結婚相談所

【予約制】無料カウンセリング受付中♪


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事を書いた結婚相談所

Bridalチューリップ

Bridalチューリップ

東京都豊島区高田3丁目10番22号 キャッスル安斎4F/5F

JR、東西線、西武新宿線、都電荒川線:高田馬場駅・面影橋駅・学習院下駅から徒歩3分

https://bridal-tulip.info/