婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】アットブライダル銀座

年代別で見る出産人口の対比『1985年と2018年』 

アットブライダル銀座「年代別で見る出産人口の対比『1985年と2018年』 」-1

1985年~2018年 約30年の間に出産比率は大変化!

こんにちは


今回は、女性の各年代別における出産人口比率を

わかりやすくまとめてみました。

(左の人数が1985年で右が2018年の人数)


【1985年】⇒【2018年 】【対比】

20~24歳  247,341人⇒ 77,023人 (31%)

25~29歳  682,885人⇒ 233,754人 (34%)

30~34歳 381,446人⇒ 334,906人 (87%)

35~39歳 93,501人⇒ 211,021人 (255%)

40~44歳 8,224人⇒ 51,258人 (623%)

45~48歳 244人⇒ 1,591人 (650%)

この表からわかることは、たった33年間で20代のうちに赤ちゃんを産む女性が、1985年に比べなんと3分の1にまで減り、その代わりに35歳~39歳の間に赤ちゃんを産む人が2,5倍にも増え、40代に至っては6倍以上増えている!という現実です。

(注:表の人数は産まれた赤ちゃんの数です)


出典:総務省・人口動態調査

背景には女性の社会進出や医療の進歩

もちろん、これらの出産人口の大変化は「女性の社会進出の増加」や「高年齢出産が(1980年代に比べ)医療の進歩によって大きく発展した」などいろいろな背景が考えられます。

ある意味、社会背景的には当然の流れなのかもしれません。

しかし、いくら医療が進歩して高年齢出産が昔に比べ可能になったからと言って、産む人間そのものが若返っているということでは残念ながらありませんので、その後の子育てなども考えると、高齢で赤ちゃんを産むということはそれなりにリスクもあるといえるでしょう。

現在は、それこそ1980年代に比べて、男性が女性に共働きを望む傾向が比べ物にならないくらい増えています。

終身雇用の崩壊と共に男性の稼ぎだけでは生活をしていくことに不安もあったり、結婚はリスクだと考える30代男性もいます。


昔なら30代前半の男性は結婚適齢期と言われる年齢でした。今は、男女とも晩婚傾向にあるので、そのような考え方をされる人も増えてきたとうことです。


いろんな意味で若いうちに女性が子供を産んで育てるといった環境を手に入れるのは、個人が頑張ってどうにかなることではなく、国や社会が総力をあげて考えていかなければならないでしょう。








25歳はクリスマスケーキ!?

今の20~30代女性は、想像もつかないと思いますが
1980年~90年代は、女性が25歳を過ぎて独身でいる
ことを『クリスマスケーキ』と言ったりする風潮があったのです。

要するに24日に売れ残った25日のケーキに例えて。当時の女性の間では、それなりに意識していた人達も沢山いました。それに、「30歳過ぎたらマル高」と言われていました。いわゆる高年齢出産のことですが、現代では30歳過ぎて赤ちゃんを産むことは、むしろ普通ですよね。その時代を生きていない現代の20代、30代は、そんなことさえ信じられないと思います。
現代社会で女性にそんなことを言おうものなら
「モラハラ」で訴えられかねないですね。

だいたい、女性も25歳を過ぎて独身でいるのはもはや当たり前ですし、特に都心部においてはバリキャリ女性達が結婚を意識し始めるのが33歳くらいを過ぎていることも珍しくありません。

とはいうものの・・・・

初めに述べたように、社会背景が変わっても
医学の進歩がどんなに発達したとしても、赤ちゃんを
産む女性の身体そのものが若返る薬は残念ながらありません。
例えば45歳の女性が28歳に若返ることは、当たり前ですが不可能ですよね?
ということは、若いうちからいくつで結婚をし、いくつで子供を産むといった人生設計はザックリで構わないので
普段から意識をしておくことが大切です。

子供を産まない人生というのも、ももちろんありますから、その辺は自分は5年後どうしたいのか?
10年後どうなっていたいのか?を普段から
考えておくのが良いでしょう。
  • 婚活のコツ
  • 男性向け
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

アットブライダル銀座

アットブライダル銀座

東京都中央区銀座6−6−1 銀座風月堂ビル5F

地下鉄銀座線/日比谷線/丸の内線 銀座駅から徒歩2分

https://www.at-bridal.jp/