婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】こぐまりっじ

なかなか好きな男性ができない。これって高望み?

2021.01.27 こぐまりっじ
こぐまりっじ「なかなか好きな男性ができない。これって高望み?」-1

婚活で会う異性をなかなか好きになれない!どうすれば?

こぐまりっじ「なかなか好きな男性ができない。これって高望み?」-2

こんばんは、こぐまりっじです。


婚活をしている女性の方で、「お見合いで出会った異性をなかなか好きになれない」という方はいませんか。

「なかなか好きになれないのは、私が高望みなの?」「私が選り好みしすぎ?」「好きではない人と結婚するべき?」と思う方、、、しょうがないんです

世界には60憶人以上いる中で、たった数回の出会いで運命の1人見つけるのは難しいです。鉱山でダイヤモンドを見つけるくらい難しいのが婚活です。ただ一つ言えるのは、100%自分の理想の人はいません。妥協しろとは言いませんが、満点の男性はこの世にはいません。そこを今一度頭に入れましょう。

男性の熱量が高い・・・これ普通です

こぐまりっじ「なかなか好きな男性ができない。これって高望み?」-3

デートをしていて、‛男性が、自分が相手を想うより好き度が高いかな?’と感じることがあると思います。

「この人の事は、あまり今はそんなに好きじゃないから、相手に合わせてすごく好意のあるような態度を取るのは迷惑!?」「いい人だけど、なんか違う。相手は自分のことを好きみたいだから断るのは申し訳なさすぎる」と考える女性がいますが、結婚相談所では、わざわざそのような駆け引きをする必要はありません。

アドバイスするとするならば、男性の熱量は最初から富士山のように高く、女性の相手に対する熱量は近くの公園の砂場で作る山くらい最初は低いです。女性は、付き合っていく中でだんだん富士山くらい高い熱量を相手に抱くので、結婚する頃には、きっと男性の富士山くらいの熱量と変わらないくらいになることでしょう。

なぜ男性は熱量高いの?

女性って、ひと目惚れ以外、相手の事を知っていく中でだんだんその人の事を好きになっていく方が多いです。しかし男性は女性と違い、友達以上であれば「好き!」と思える生き物なのです。「好き=愛してる」では始めはないですが、好きと感じてるうちに、

女性の事を愛している?→一緒にいてもイイかな?→結婚?

と考えるのです。そのため、少しでもいいな〜と感じると「好き」と感じるので、女性よりも熱量が高いのです。

今後どうすればいいの?

こぐまりっじ「なかなか好きな男性ができない。これって高望み?」-5

好きな人になかなか会えないから、婚活を辞めよう・・・でも、今やめると一生独身のかも・・・後悔しそう・・・

そう感じる方もいると思います。


まず‛あなたの譲れない条件は何ですか?’

条件は少し妥協してもいいのでは?

年収1000万以上希望を年収800万に条件を変えてみる。条件の妥協はやってもいいのでは?

ただし、相手を想う気持ちの妥協は決してやってはダメ。

「この人全然好きではないけど、お見合いが組めないからこの人でいいか」はNG。気持ちに嘘をついて結婚するのは相手にも失礼です。

根気強く、婚活をしていけばきっとあなたにあった方に見つかるはずです。

出会いを大切に!

婚活は根気です!

ファイトです!

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

こぐまりっじ

こぐまりっじ

埼玉県加須市柳生204

東武鉄道日光線/柳生駅

http://www.kogumarriage.jp