メニュー

STORIA(ストーリア)

たった1年で50年分の幸せが手に入る

発達障害の方が結婚するには

  • 婚活のコツ
  • お見合い
  • 男性向け
STORIA(ストーリア)「発達障害の方が結婚するには」-1

目次

  • まずは自分の特性を知ってもらおう
  • お相手に特性を知ってもらうには
  • 自分の取説を知ってもらったら
  • 家族に発達障害の人がいても

まずは自分の特性を知ってもらおう

こんにちは!

結婚相談所STORIA、マッチメーカーの沢宮里奈です。


発達障害と一口に言っても、いろいろな特性があり、例えばADHD、ASD、その中にも細分化されていて、数えきれないほどです。


そこで、まずは自分がどのタイプなのかを知り、対応できるようにしておく必要があります。

お相手に特性を知ってもらうには

自分の特性を知るにはまず本やネットなどを読んで、自分に合うタイプを納得する必要があります。


その後でお相手に自分のタイプを伝え、本やネットを読んでもらうようにします。


それが自分の取説になりますので、慎重に伝えましょう。

自分の取説を知ってもらったら

何かあっても、決して相手を軽視しているからではないことを伝えましょう。


発達障害の方が恋愛が苦手な理由の1位が、誤解されてしまうことによると言っても過言ではありません。


何か喧嘩の原因になったとしても、それは自分の特性によるものだということを説明しましょう。

家族に発達障害の人がいても

発達障害は遺伝子がちなので、ご家族に発達障害の方がいることはよくあることです。


その場合、定型(普通)の方が一人取り残されてしまうこともよくあります。


お相手の方が孤立してしまうことのないよう、よくお相手の話を聞いて、お相手の味方になれるように努力しましょう。


発達障害は、人間関係によく関係することです。

結婚に至るためにも、ぜひご相談ください。

この相談所を知る

STORIA(ストーリア)

0件

兵庫県 / 神戸市中央区

灘駅 徒歩6分

STORIA(ストーリア)の婚活カウンセラー写真

相談所の特長、料金プランがわかる

相談所の基本情報を見る

この相談所を検討している方へ

あなたに最適な、婚活プランを提案