メニュー

アエルふくしま 福島で「本気の婚活」しようよ

真剣交際に進むか悩んだ時に絶対にやってはいけないこと

  • 婚活のコツ
  • 男性向け
  • 女性向け
アエルふくしま「真剣交際に進むか悩んだ時に絶対にやってはいけないこと」-1

目次

  • 「1対多」ではなく「多数対多」だということ
  • 悩むならプロポーズを受けるかどうかの時

「1対多」ではなく「多数対多」だということ

こんにちは!アエルふくしま代表の市川です。

今回は女性会員さん限定の内容になります。


会員の方ならご存知のとおり「お見合い→プレ交際→真剣交際」という流れがありますが、この「プレ交際→真剣交際」に進むかどうか迷った際に、気をつけてほしいことがあります。


それは「躊躇してはいけない」ということ。


真剣交際に進みたい度合いが70%を超えていれば、相手への返事は当日もしくは翌日までにしてほしいです。


何故なら、他のライバルたちがアナタの交際相手を狙っているから。


そもそも「プレ交際」というのは、「複数同時に交際している方がいるという状態の可能性が高い」ということです。


特に、女性から男性へ申し込んだパターンは尚更です!

一般的には申込みを受ける側(男性)のほうが、テンション低めになる傾向がありますから。


会員数が多いということは、それだけ本気で結婚相手を探しているライバルが多いということ。

一瞬の躊躇が、人生を変えることになりかねません。

悩むならプロポーズを受けるかどうかの時

一般的に、プレ交際中に恋愛感情は無いのが普通ですので、好き嫌いが真剣交際に進むかどうかの判断基準にはなりません。


判断基準は、気持ちではなく「形」です。


毎週のようにデートできているとか、毎日にようにLINEなどで連絡が取れているか、そのあたりが目安になります。


真剣交際に進むかどうか、まぁそれはそれで迷う気持ちも分からなくはないですが、真剣交際になったとしても、結婚が決まったワケではありません。

もし躊躇うなら、それは「プロポーズを受けるかどうか」だと思います。


迷ったら、速攻で仲人に相談してください!

できればサロンで直接面談がベスト、どうしても時間的な余裕がないなら、オンラインもしくはLINE通話で。

この記事をシェアする