プロが教えるお見合い準備! お見合い・婚活 応援ブログ

お見合いで飲み物が来るまでの過ごし方

2018.12.21 お見合い準備

お見合いでは、カフェやホテルのラウンジでお茶をすることが多いですが、飲み物が運ばれて来るまでの間が手持ち無沙汰で過ごし方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここでは、スマートなお見合いの進め方や飲み物が運ばれて来るまでの話題について紹介します。

話ベタな人にありがちなお見合い中の行動

初対面の人と話すことが苦手で、スムーズに婚活で出会った相手との会話に入れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に飲み物を注文してから運ばれて来るまでの間です。たった数分程度かもしれませんが、この時間をどのように過ごしたら良いかわからず、沈黙を避けるためにベラベラ喋ってしまう方や話題が見つからずそのまま無言になってしまう方もいらっしゃいます。

デートでも同じことが言えますが、これだと話しかけるタイミングが計れずお互い居心地の悪い時間になってしまうため、相手にも良い印象を残すことができませんよね。

お見合いでは特に、出会った時の最初の印象が大切です。ここでしっかりポイントをおさえてスムーズなお見合いを心がけましょう。

お見合い中飲み物が来るまでのスマートな流れ

お見合いでは、出会った際の挨拶も大切です。
例えば、「初めまして○○です。」と、名前だけ名乗る場合と、「初めまして○○です。今日は、貴重なお時間をいただきありがとうございます!」と、気持ちを伝える場合とでは、相手に与える印象も変わってきますよね。

また、笑顔で気持ちのこもった挨拶は、相手をリラックスさせる効果もあります。緊張も和らいで、お見合いの流れも良くなりますよ。

まずは、スマートなお見合いの流れを作るポイントを見ていきましょう。

1・待ち合わせ

お見合いは、ホテルのラウンジやカフェなどで行なわれるのが一般的です。相手に与える印象も考えて、なるべく10分前には到着しているようにしましょう。

どうしても遅れそうな場合は、なるべく早めに仲人へ連絡をしてください。ここを忘れてしまうと、お相手を一人で待たせてしまうことになるため、とても失礼にあたります。

また、お相手が到着していないからといって、スマホに夢中になったり、ふんぞり返って椅子に座っていることのないよう気をつけましょう。
お相手がいつ到着しても良いように、姿勢を正し良い意味での緊張感を持ちながら待つことが大切です。

お見合い場所については、なるべく事前に予約をしておきましょう。
例えば、店内が満席だった場合、相手を待たせてしまいお見合いもスムーズに進められませんよね。
予約をしたほうが、相手も店内で迷うことなくお席に案内していただけるのでおすすめですよ。

2・飲み物の注文は悩まない

飲み物を何にしようかな?と迷ってしまう時もありますよね。場合によっては、相手からメニューをすすめられることもあるかもしれません。

しかし、飲み物を長い時間迷っている姿は「優柔不断な人」と、誤解をされてしまう場合も考えられます。

また、初対面の方とのお食事に抵抗がある女性もいらっしゃいます。口周りの汚れが気になり会話に集中できないことも考えられるので、なるべく飲み物だけですませるのがおすすめです。

お見合いのお茶代については男性が負担するルールとなっています。注文のしやすさや料金を配慮し、コーヒーや紅茶などを注文すると良いですよ。

3・飲み物の注文方法

お見合いでは誰が飲み物を注文するの?と疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。お見合いでは、このような細かい行動も大切です。

友人や家族と食事をする時は、それぞれが好きな物を注文するパターンが多いと思います。しかし、お見合いでは男性側がお相手の分も一緒に注文するのが一般的です。

その際は、相手にメニュー表を渡して先に選んでいただきましょう。また、飲み物を置く順番は女性が先になります。お店の人がそのように配慮して置いてくれる場合もありますが、なるべくお店の人にどちらが注文したかわかるように誘導してあげるとスマートです。

4・飲み物が来るまでの会話

飲み物が運ばれて来るまでの間が持たないという方も多いのではないでしょうか。初対面で沈黙が続いてしまうと気まずくなってしまい余計に緊張してしまいますよね。
飲み物が来るまでの間は会話をするというよりも、お互いの緊張をほぐすための時間と考えると楽しく過ごすことができますよ。

例えば、「今日は晴れていて良かったですね」「雨が降っていますが大丈夫でしたか?」など、天気のお話や待ち合わせ場所に来るまでの出来事にふれてみるのもおすすめです。

また、店内に飾られている絵や小物を見て話のきっかけを作ってみるのも良いですよ。ホテルのラウンジなどは、季節ごとに店内の雰囲気もガラッと変わる場合があります。

例えば、お花見の時期には桜が飾られていることもあるので、「キレイな桜ですね」「桜、素敵ですよね。お花見とか行かれたりしますか?」などと、気軽にできる会話や質問から入ってみるのも良いですよ。
これらは、意外と会話のネタになるのでおすすめです。

飲み物が来るまでの数分間も印象を左右する大切な時間です。話しやすい雰囲気を作り好感度をアップさせていきましょう。

5・店員に対しても礼儀正しい対応をする

お見合いでは、店員への話し方や態度などの細かいところまでチェックされていると思いましょう。例えば、飲み物を注文する際に、「コーヒーと紅茶」と言うだけでは、何となく偉そうな態度に見えませんか?

いくら第一印象が良く優しい方であっても、このような横柄な態度を取ってしまうと相手にマイナスの印象を与えてしまい残念な結果になってしまう可能性が高いです。

また、こういうところに、人の内面的な要素が現れてくるものです。誰かに物を頼まなくてはいけない時は、「○○と○○をお願いします」などと、礼儀正しい接し方を意識しましょう。そのほうが、相手に与える印象もさらに良くなりますよ。

まとめ

お見合いは、最初の挨拶からすでに始まっています。相手の目を見て爽やかな挨拶を心がけましょう。
また、飲み物が運ばれるまでの時間をどう過ごすかも大切です。天気の話や待ち合わせ場所に来るまでのたわいもない会話で雰囲気づくりをしていきましょう。

上記を参考にスマートにお見合いを進めてくださいね!

口下手さんにこちらもおすすめ♪
◆お見合いを盛り上げるトーク術とは ≫

夜のお見合いで食事はするべき?

お見合いが楽しめないのはなぜ?楽しみ方のコツ