プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!
お見合い・婚活 応援ブログ
【婚活のコツ】
 日本結婚相談所連盟トップ  お見合い・婚活 応援ブログ  お見合いから結婚までに必要な期間

お見合いから結婚までに必要な期間

お見合いから結婚までに必要な期間

「一年以内に結婚したいけど、結婚相談所ってどのくらいで結婚できるの?」と疑問をお持ちの方も多いと思います。

お見合いしてから結婚するまでの期間は人により異なりますが、結婚相談所においては、ステップごとに期間の目安が決まっています。
ここでは、お見合いから結婚までに必要な期間と流れについて紹介します。

結婚相談所の入会から結婚するまでの期間

結婚相談所においては、2~3回のお見合いで結婚する方は少なく、平均10~20回程度のお見合いをする中で結婚に至る方が多いです。

また、結婚相談所に入会後、とんとん拍子で結婚に至るケースもありますが、多くの方は1年~1年半程度の婚活期間を経てご結婚されています。

一般的な恋愛結婚との違いは、出会ってから(お見合いしてから)結婚するまでの「早さ」です。
お見合いは、結婚に対し真剣な人が集まるため、出会うチャンスも多く結婚するまでの期間が短いと言われています。

お見合いから結婚までの流れ

結婚相談所のお見合いと聞いて堅苦しいイメージを持つ方も多いことでしょう。しかし、現在のお見合いは、釣書を交わすような昔ながらのお見合いとは異なり、プロフィールから好きなお相手を探してお見合いをするのが一般的です。

相手の希望条件や結婚に対する意気込みなども事前に知ることができるため、効率よく婚活することが可能です。

まずは、結婚相談所へ入会した場合の、お見合いから結婚までの流れについて紹介します。


1・結婚相談所へ入会

結婚相談所でお見合いをするためには、まず初めに入会手続きが必要になります。登録をおこなわなければ、お見合いへ申し込むことも相手から選ばれることもありませんので、思い立った時に早めに行動へ移すことをおすすめします。

結婚相談所においては、自分だけでなく色々な年代の方達が同じステージで婚活をしています。また、全員が結婚相手を探しているということもあり、自分の条件に合ったパートナーを探しやすいため、出会いのチャンスを広げることも可能です。

2・プロフィールで相手を探し、お見合いを申し込む

結婚相談所へ入会したら、写真やプロフィールからお相手を探します。趣味や職業、年収、年齢など、詳しいプロフィールでお見合い相手を選ぶことができます。

また、WEBサイトやスマートフォンアプリから、いつでも簡単にお相手を探すことも可能です。

プロフィールで自分に合った相手を探し、早めにお見合いへ申し込みましょう。

3・お見合い

お見合いOKの返事が相手から届いたら、次は実際にお見合いをすることになります。
お見合いの日程は、仲人やカウンセラーを通して決めます。ホテルのラウンジやお洒落なカフェなど、落ち着いて話せる場所でおこなわれることが多いです。

会場については、お見合いをする男性本人が予約を入れなくてはいけない場合もあるため、仲人やカウンセラーへ事前に確認すると良いでしょう。

お見合いの時間については、長すぎると相手を疲れさせてしまう場合もあるため、1時間~1時間半程度が望ましいです。

お相手の印象が良ければ、次に進んでみる(仮交際など)のもおすすめです。
当日は清潔感のある服装や髪型を意識し、さらに好感度をアップさせていきましょう。

4・仮交際

お見合いが無事終了したら、翌日までに仮交際へ進むかどうかを決断します。仮交際の段階では、複数人と交際をすることも可能です。

仮交際を決断するまでの期間が短すぎて決められないという方もいますが、お見合いは一般的な男女の恋愛とは異なるため、これくらいのスピードで進むのは当然なのです。

お互いの婚活状況を考えると、むしろ決断が早いほうが次に進める場合もあるため、お見合いをした日、もしくは翌日中までには仲人へ気持ちを伝えるようにしましょう。

仮交際がスタートしたら、少なくとも1カ月に2~3回はデートを重ねてみましょう。電話やメールだけでは、相手の内面的な要素まではわかりづらいものです。
できるだけ楽しい時間を共有し二人の仲を深めていきましょう。

5・真剣交際

同時進行で複数人とお付き合いができる仮交際とは違い、互いに向き合い結婚を前提としたお付き合いを始めていくのが真剣交際です。成立までに必要な期間は人により異なりますが、数回のデートを経て真剣交際へ進む方が多いです。

上記でも説明した通り、お見合いの交際は一般的な男女の恋愛とは意味合いが異なるため、相手に失礼のない接し方がとても大切です。

焦り過ぎは返って逆効果になるので、相手の気持ちを優先した行動を心がけていきましょう。

6・プロポーズ

順調に交際が進むと、「結婚」「プロポーズ」という言葉をお互いが意識し始めるはずです。

タイミングや時期については人により異なりますが、お見合いから3カ月以内でのプロポーズをおすすめしています。

プロポーズをする時期が早すぎるのでは?という声もありますが、結婚したいと思っている男女が出会い、将来のパートナーを短い期間で見極めるのが「お見合い」です。

相手を大切に思う気持ちと、結婚に対する強い気持ちがしっかり伝われば、自然な流れで成婚へ繋げていけるはずです。

7・成婚退会(結婚合意)

双方の結婚の意思が決まったら、晴れて「成婚」となります。成婚とは、入籍や結婚を意味するのではなく、「婚約」に近いものと考えておきましょう。


結婚準備について気になることや不安なことがある場合は、退会前に仲人やカウンセラーへ確認しましょう。

お見合い結婚するポイント

友人や知人など、周りの結婚ラッシュを見ると自分も結婚しなくては!と焦ることもあるでしょう。

お見合いは、結婚を目的とした人たちと出会えるため、中には半年程度で成婚した方や初めてのお見合い相手と結婚した方もいらっしゃいます。まずは、お見合いへ自分から申し込み出会いのチャンスを広げていきましょう。


1・印象が悪くなければ一度は会ってみる

相手からお見合いの申し込みが来たものの、「タイプじゃない」「何となくしっくりこない」などと、自分からお断りをする場合もあるでしょう。

しかし、相手の性格や考え方など内面的な要素というのは実際に会ってみないとわかりづらいものです。

印象が悪くなければ一度は会ってみることをおすすめします。また、仮交際までは複数人とお付き合いすることも可能なため、お見合い後は思い切って仮交際へ進んでみるのも有効です。

2・上手くいかない時は希望条件やプロフィールを見直す

お見合いが成立しない場合は、自分のプロフィールを見直してみましょう。お見合い相手を探す時はプロフィールを基準とするため、内容や書き方しだいでは選ばれないこともあります。

また、理想の条件(年収・学歴・ルックスなど)が高すぎると相手が自信をなくして申し込まれない可能性が高いです。

どうしても譲れない条件があるならば、数を絞り相手に求めることは控えめに書くようにしましょう。

3・相手の気持ちにたって考える

お見合い相手と同じように自分も選ばれる立場であることを忘れてはいけません。相手に条件ばかりを求めるのではなく、「相手にどう見えるか」「相手にどう思われるか」など、相手の気持ちにたって考えることが大切です。

例えば、男性が妻に選ぶ女性はどんな人なのか?など、具体的に考えて行動すると自分磨きや謙虚な姿勢を大切にできるため、相手に与える印象も良くなり婚活がうまく進みやすいです。

相手の気持ちにたって考えることがお見合いを成功させるポイントです!


まとめ

結婚相談所のお見合いは、結婚に対し真剣な人たちが集まるため普通に出会って結婚するよりも結婚までの時期が短いと言われています。自分の頑張りとご縁しだいでは1年以内の結婚もじゅうぶん可能です!

まずは、自分にあった結婚相談所を探してみましょう。
お見合いする結婚相談所を探す ≫

ブログTOP
セミナーのご案内はこちら