お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

失敗しない!お見合い相手との交際の進め方って?

2018.07.25 婚活のコツ

お見合いや婚活で出会った相手と上手く付き合うためには、デートの内容や気持ちを伝えるタイミングなど、交際の進め方が重要です。

ここでは、ステップごとのポイントや注意点について紹介します。まずは、お見合い後の交際に必要なステップを知って真剣交際へ繋げていきましょう。

お見合いで真剣交際へ進むためのステップとポイント

omiaidateing1

お見合い相手から交際OKの返事はもらえたものの、なかなか次のステップへ進むことができず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
交際開始から間もない頃は、電話やメールなど相手と頻繁に連絡を取り合うことで、初めの頃よりもお互いの距離を縮められる場合もあるでしょう。

しかし、そこから先へ進むためには必要なステップと期間、注意すべきポイントがあります。

交際したい気持ちが焦りすぎてしまうと、相手に悪い印象を与えてしまったり、誤解をされたりと今後の交際が思うように進まない場合も考えられるため、しっかりポイントを抑えておきましょう。

お見合い中の方や交際成立後にお断りをされた経験のある方は、まずは、自分の交際の進め方に問題はなかったか見直してみることをおすすめします。


ポイント1・早めのファーストコールで好印象を与えよう

交際成立後、無事に連絡先交換ができればファーストコールをしましょう。基本的には男性側から相手の女性に連絡を入れるのがマナーです。この際、お見合いのお礼を伝えるとともに、初デートの約束を交わすことができると尚良いでしょう。
相手の女性に会いたい気持ちや交際に対し前向きな姿勢が伝わり、好印象を与えることも可能です。

また、ファーストコールを入れる時期については、連絡先交換をした当日にすませるのがマナーです。相手が留守番電話にしている際は、折り返しに困らないようメッセージを残しておくと良いでしょう。

お礼や挨拶するまでの期間を空けすぎてしまうと、「気持ちが変わってしまったのかな?」と相手の女性を不安にさせてしまうだけでなく非常識な印象を与えてしまうため、男性にとってはマイナス点となります。

相手に悪い印象を残さないためにも失礼のない対応をこころがけていきましょう。

ポイント2・ファーストコールから初デートまでの期間は短く!

お見合い後の初デートの約束を取りつけたら、次は日程決めです。実は、お見合い後に順調な交際を続けていくためには、初デートをするまでの期間や誘うタイミングも重要です。

相手の女性の都合にもよりますが、特に初デートのお誘いはファーストコール後なるべく早い時期に調整し二人で会える時間を作りましょう。

そのほうが、相手の女性に交際に対する真剣な気持ちが伝わり、「早く会ってお話がしたいな」などと好印象を与えられる可能性が高いです。

また、初デートの行き先やプランについては、落ち着いた雰囲気のカフェなどが良いでしょう。ダラダラと会話を続けていると相手を疲れさせてしまう場合もあるため、1~2時間で切り上げるのが理想です。「もう少し話したかったな」と相手に思われるくらいのほうが次のデートに繋がる可能性が高いです。

諸事情によりファーストコールから初デートまでの期間が空いてしまった場合は、申し訳ない気持ちと同時に「本当は早くお会いしたいです!」と一言添えるようにしましょう。感情表現をすることで相手にも気持ちが伝わりやすくなり、お互いにドキドキしながら楽しい初デートを迎えられることでしょう。

ポイント3・3回目のデートで相手に気持ちを伝えてみよう

お見合い後のデートは何回すれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?結婚相談所においては、交際期間をお見合い日から3カ月間をルールとしている場合が多いため、交際中は少なくとも1カ月に2~3回のデートをおすすめします。

また、お互いに慣れていない初デートは緊張しやすいものですが、3回目のデートともなれば会話も増えて相手の性格や今後の交際に対する考え方なども見え始める頃です。

3回目のデートは、初デートよりも少し長めの時間を一緒に過ごし、ドライブや観光を楽しんでみるのも良いでしょう。

この時期に、「今後の交際に向けた気持ち」や「結婚を意識していること」など素直に伝えてみましょう。互いに惹かれ始めている場合は、気持ちを伝えられて嫌な気持ちにはならないため、その後真剣交際へ発展する可能性が高いです。

ポイント4・プロポーズまでに必要な期間

お見合い後に真剣交際へ進むということは、互いに向き合い結婚を前提としたお付き合いを始めていくということです。

お見合い日からプロポーズまでにかかる期間は人により異なりますが、3カ月が理想です。

”3カ月”と聞いて結婚を決断するには期間が短すぎる・早すぎるという声もありますが、結婚相談所でいう真剣交際は一般的な交際とは意味合いが異なるため、早い段階で決断をしたほうが結婚へつながりやすい場合もあるのです。

また、交際を進めていくうえでわからないことや困りごとが出てきた場合は、自分一人で考え込まず結婚相談所の仲人に相談することをおすすめします。早めに解決することで効率よく交際が進められる場合もあります。


身だしなみや会話を意識して交際を始めよう

omiaidateing2

交際中は、幸せな結婚生活を手に入れるための大切な時期でもあります。相手の女性から交際OKの返事をいただけたとしても、身だしなみや服装が乱れていると不衛生な印象を与えてしまうため今後の交際をお断りされる場合も考えられます。

また、二人きりでデートや食事をする場合は、会話も注意しなければいけません。沈黙を回避しようと会話を盛り上げることに集中しすぎてしまうと、一方的な質問ばかりを繰り返してしまうことも考えられるため、相手に失礼のないよう話し方や話題の内容も意識するようにしましょう。

まずは、慎重にステップをクリアしお互いに楽しめる交際をこころがけていきましょう。相手が喜んだり楽しんだりする姿は自分にとっても嬉しいものです。

まとめ

omiaidateing3

お見合い相手と上手く交際を進めていくためには、相手の気持ちを優先しながら焦らず段階を踏むことが大切です。まずは、上記に挙げたポイントや注意点を参考に、結婚を前提とした真剣交際へ繋げていきましょう。

omiaikey

お見合いでもう一度会いたいと思わせるコツ!

omiaifirstimpression

お見合いの第一印象で今後の交際が決まる?

カテゴリ
月別アーカイブ

2018年

  • 男の婚活
  • 自分に合った結婚相談所を探す
  • 成婚者インタビュー