お見合い・婚活 応援ブログ プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!

お見合いでデートの頻度はどれくらい?

2018.12.12 デート

お見合い相手と意気投合し、仮交際までは進めたものの、いつもデート後に振られてしまうという方も多いのではないでしょうか?
時には初デートにもなかなかたどり着けないという方もいらっしゃいます。

ここでは、そんな男性必見!お見合い相手とのデートの頻度や誘うタイミングについて紹介します。

お見合いでデートに誘う頻度やタイミングが重要なのはなぜ?

お見合い相手からOKの返事をいただいたら、いよいよ仮交際がスタートです。仕事が忙しかったりすると、なかなかデートする時間が取れないという方もいるかもしれませんが、結婚相談所のお見合いでは、初めてお見合いをした日から、なるべく間をあけずにデートをするようすすめています。

まずは、デートに誘う頻度や誘うタイミングが重要な理由を見ていきましょう。

1・期間をあけてしまうと気持ちが離れやすい

結婚相談所のお見合いにおいては、相手から仮交際のお返事をいただいたら、仲人やカウンセラーを介してお互いの連絡先を交換します。その後、なるべく当日中に男性側からファーストコールを入れるのがルールとなっています。

ファーストコールとは、お見合い相手に対して感謝の気持ちを伝えるものです。なるべく当日中に連絡をしたほうが、結婚に対する前向きな気持ちや感謝の気持ちが伝わりやすいです。難しい場合には、遅くても翌日の午前中までにはお礼の電話を入れたほうが印象も良いです。

また、出会って間もない頃は、相手が自分に好意を持ってくれているのか、さらに自分が相手に好意を持っているのか、わかりづらいものですよね。この状態で次に会うまでの期間があいてしまうと相手の気持ちが冷めて離れやすくなる場合もあります。なるべくファーストコールの際に初デートの約束を交わしましょう。

2・仮交際中は自分以外にもライバルがいる

相手と距離を縮めて真剣交際まで繋げていきたいと多くの婚活中の男性が思うことでしょう。そのためには、デートを重ねて楽しい時間を共有することが大切です。

しかし、仮交際中は複数の方とお付き合いすることも可能です。仮交際へ進めたとしても相手側が自分以外の人ともお付き合いをしている可能性も考えられるため、なるべく早めにデートへ誘ったり、会う回数を重ねる方が好印象になる場合もあります。

仮交際中は性格や考え方、価値観などの相性を見極めている段階でもあります。積極的にデートへ誘い自分をアピールしていきましょう。

お見合いでおすすめのデートの頻度は?

交際中はなるべく二人で過ごす時間を作りましょう。初めはそこまで気にならなかった相手でもデートを重ねるうちに相手の内面的な要素がわかり気持ちが良い方向へ変わる可能性も十分考えられます。

まずは、長い時間を一緒に過ごすことよりも短時間でも楽しめるデートを目標にしましょう。

1・なるべく週に1度は会う

デートの頻度については、なるべく期間をあけずに会う時間を作りましょう。結婚相談所のお見合いの場合は、出会った日(お見合い日)~3カ月程度を目安にプロポーズするようすすめています。

例えば、2週間に一度のペースでデートをした場合、お見合いをしてから3ヶ月の間で6回程度しか会えないことになります。お互いの中身を知るためには、もう少し会う回数を増やしたほうが良い場合もありますよね。

また、仮交際中は複数の方と同時にお付き合いができるため、自分と会っていない間にも、別の方とデートをしている可能性も考えられます。ライバルに負けないためにも、なるべく週に一度は会ってデートを重ねてみましょう。結婚に対し前向きな姿勢を見せていくことが大切です。

2・短い時間でも会うことが大切

仕事が忙しくてデートらしいデートができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?仕事によって休日も違うため、お互いの都合が合わないということもありますよね。

このような場合は、仕事帰りの30分~1時間程度の短い時間でも良いので、なるべく二人で会う時間を作りましょう。
出会って間もない頃はお互いに慣れていないため、長い時間を一緒に過ごすよりも短い時間のデートのほうが良い場合もあります。短時間のデートの中でどれだけ相手に良い印象を残せるかが大切です。

例えば、「なかなか日中にお誘いできなくてすみません。○日、都合が良かったらお会いできませんか?」などと、忙しくても会いたい気持ちを伝えることが大切です。
お洒落で落ち着いた雰囲気のあるカフェやレストランを利用するのがおすすめですよ。

3・デートの際に再会の約束をする

結婚相談所のお見合いでは、なるべく期間をあけずにデートをすることが大切です。これは、初デートに限らず、次のデートへ誘う時も同じです。

しかし、誘うタイミングを誤ると、結婚に対する真剣な気持ちが伝わらず相手に誤解されてしまう場合もあります。

例えば、初デートで話が盛り上がり良い感じの二人だったとします。今後もデートを重ねて一緒に楽しんでいきたい気持ちはあるのに、相手に誘われる素振りがなかったら、「嫌われたのかな?」「すごく楽しかったのにお断りされてしまうのかな?」などと、不安で悲しい気持ちになりませんか?

初デートへ誘うタイミングとしては、仮交際成立後のファーストコールで約束を交わしましょう。間をあけないほうが出会った時の良い印象を維持できます。

また、初デート中も上記と同じように次のデートの約束を交わすことも忘れないでくださいね。なるべく週に1度は会えるようにしましょう。

相手の都合に合わせた頻度がベスト

お見合い相手と連絡を取り合う時やデートへ誘う時は、どれくらいの頻度で行なったら良いのか悩みますよね。
次のデートまでの期間をあまりあけずに週に1度のペースで会えるのが理想ですが、相手の都合も考えず無理矢理約束してしまうことはやめましょう。

例えば、交際したい気持ちが強く焦りが出てしまうと、一日に何度もメールやラインを送りデートもしつこく誘ってしまうという場合も考えられますよね。

これらは、婚活女子に限らず多くの女性が苦手とする行動です。女性は、誠実で頼りがいのある男性を好む方が多いため、焦った姿や失礼な行動はなるべく見せないようにしましょう。

まとめ

仮交際OKのお返事をいただいたら、早めにファーストコールを入れて初デートのお誘いをしましょう。

気持ちが固まっていないうちは、期間があけばあくほど気持ちも離れていくものです。忙しい時は短時間でも良いのでなるべくたくさん会ってデートを重ねることをおすすめします。

こちらもおすすめ♪
◆お見合い後の初デートのコツ【男性編】 ≫

◆お見合い相手とのお食事デートのマナー【女性編】 ≫

口下手さん必見!お見合いを盛り上げるトーク術

夜のお見合いで食事はするべき?