婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】ララウエディング

結婚相談所のプロフィールに年収・大学名は記載しないの?

ララウエディング「結婚相談所のプロフィールに年収・大学名は記載しないの?」-1

高学歴女子は男性から敬遠されるの?

こんにちんは!

ララウエディングの伊藤です。

今日は、プロフィール欄の最終学歴に「大学名」や「年収」の記載の是非についてお話したいと思います。

※ちょっと辛口…

仕事柄、毎日数多くの女性のプロフィールシートを拝見させて頂きますが、その中で、最終学歴のところの大学名を「非公開」にされていらっしゃる女性が多いなぁと思っています…

今の時代、個人情報の観点から記載を控えていらっしゃる方も多いと思いますが、多分その理由は それだけじゃない!

その根底には、男性への遠慮、大学名を伏せる事で間口が広がり数多くの男性からのお申込みを受けやすくなるのではないか?といった事情があるのです…

実際に他のプロフィール欄や自己紹介文から推察するに、ご立派な大学を卒業していらっしゃると思われる女性会員さまの大学名が非公開になっているケースをよく見ます。

でも男性って…

今まで頑張って立派な大学を卒業して、一生懸命にお仕事を頑張っている女性を結婚相手として選ばないのでしょうか?

癒し系で可愛らしくて、自分より学歴や収入が高くない女性がよいのでしょうか?

答えは、イエスでもノーでもありません!(どっちやねん、関西弁だし…(笑))

ご自分がどの様な人に申し込みしたいのか?されたいのか?によってご自分の見せ方、ブランディングのし方を考えて、大学名を公開するか、どうかを決めないといけないですね♡

そこはカウンセラーの腕の見せどころ!

タレントを売り出すマネージャーのごとく作戦を練ります!

一概に高学歴だからと言って、男性受けを意識しすぎて、「非公開」にするのは勿体ないです!

だって今まであなたが頑張ってきた結果であり、あなたの人生を反映するものですから(※※)

現にハイスペックと言れる高収入の男性は、女性の学歴を意外と気にしています

それは、容姿だけに囚われず、一生一緒にいる女性・妻としての教養や品格などを重んじる傾向にあるからです。

話をしていて楽しいと思える事、知的レベルや教養のレベルが一緒であることはとっても、重要なポイントです。

こんな事を聞いたら馬鹿にされるなか??

逆に、こんな話をしたら自慢しているみたいかな?

そんな気を遣いながら生活するのって、大変じゃないですか?

二人の会話のレベル、「普通ね」って思う感覚が近いってとても大切!

「大学名」を公開することは、その一つの指標となって、高学歴な男性からのアプローチを得やすくなります。

もしあなたが女性でお相手の男性の大学名が記載してあった場合、安心しませんか?

お申込みする基準にしやすくなりませんか?

それは、男性だって同じこと!

あなたの卒業大学を見て引く様な男性は、こちらから願い下げ!くらいな気持ちで自信もって欲しいです。

自分自身が努力せず、年収に引かれてお申込みをしていると感じられる女性は、男性も気がついてますから…

ただし、もちろん女性らしさ、清潔感などをなおざりにしてはいけません!

また、謙虚な気持ち、お相手を尊敬する気持ち も忘れてはいけません!

「賢さ」をベースにおいて、もっともっと魅力的な女性として磨きをかければ、もう怖いものなしですね

高収入な女性の見せ方

次に女性の年収についてのお話です。

基本、結婚相談所において、男性はプロフィール欄に年収を記載することは必須です。

カウンセラーも、源泉徴収票などをしっかり確認し、婚活において最重要ポイントの一つになっています。

ですが、女性側はどうでしょう?

必ずしも必須ではないため、ほとんどの方が年収を非公開にしていらっしゃいます。

男女平等・共働きが普通になっている現在においても、女性の収入は男性のサポート的な意味合い、また男性側から頼りにされてしまうのでは?との思いから知られたくないといった意味合いがあるようです。

確かに、女性の収入は婚活において、あまり重要視されていない様ですね(※※)

女性のアピールポイントとしては、まずは年齢や容姿、お人柄が重要視されてますが、私は年収のその中の一つじゃないかと思っています!

例えば…

女性の年収が高くて男性に収入面は求めない!

一緒にいて、楽しい、癒しが欲しい…などの場合、

「どーん」と年収を記載して、年下の素敵な男性をゲットするのもアリですね。

「私が食べさせてあげる!」なんて女性からプロポーズをしてもよいかもしれません♡

また、ハイスペックな高収入の男性は、自分の収入に魅力を感じてアプローチしてくる女性は少し敬遠してしまいます…

その際、女側の年収を堂々と記載することで、「私はあなたの年収が目的ではないのよ~」って無言のアピールもできますね。

また、男性も一人で家庭を支えていくのは、何かあった際の事を思うと正直不安…

「もし何かあっても、私も稼ぐから安心してね」

「あなたの肩の片方を一緒に担ぎますよ」

そんなメッセージにもなるのかなぁと思います。

高い収入をもらうまでには、経営者であっても、会社にお勤めの場合でも、、きっと隠れた努力や苦労があったでしょう!

それを一緒に感じる事ができ、建設的な話ができるお相手としてみて頂けるかと思います。

以上、ここまで色々お話しましたが、年収や学歴を記載するかどうかは、本当にケースバイケースだと思います。

どの様なお相手と、どんな結婚をしたのか?をよく考えてご自分をどう見せていくか?どうブランディングしていくか?的確な判断と戦略が大事ですね♡

事実は一つですが、見せ方は幾通りもあります!

ララウエディングでは、幸福度の高い人生を送れるように、オーダーメイドの婚活を全力でサポートさせていただきます♡

只今、入会金半額キャンぺーン中です!

お気軽に、ご相談、お問合せをお待ちしております。

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • 女性向け

この記事を書いた結婚相談所

ララウエディング

ララウエディング

東京都新宿区西新宿7-2-5 TH西新宿ビル6F

JR線・丸ノ内線/新宿駅から徒歩5分

http://www.lalawedding.jp/