婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】しあわせ相談倶楽部

岡村隆史さん結婚に見る、男性が結婚を決意した決め手

しあわせ相談倶楽部「岡村隆史さん結婚に見る、男性が結婚を決意した決め手」-1

独身芸人の会「アローンの会」」部長ついに結婚

独身芸人の会 「アローンの会」部長までなされ、かねて婚活中と話されていた、ナインティナインの岡村隆史さん50歳が30代の一般女性とご結婚のニュースが流れました。け

おめでとうございます!と一仲人として、思いました。今朝の動画はこちらです。https://youtu.be/uKO32x8nXO4
お相手の方は、かねてお知り合いだった方のようですが、一人の知人友人が、伴侶となったそのきっかけは、どこだったのでしょうか?
岡村さんのラジオでの言葉が、私のところで成婚される男性会員さんのおっしゃる「結婚を決めた理由」とまさに一緒でしたので、3つのポイントにまとめることにしました。

決め手その1.一緒にいてラクだった

多くの男性が、彼女と真剣交際になるとき、「どこがいいの?」と尋ねると同じ答えが帰ってきます。

「気を遣わなくてすむんです。いっしょにいてラク。かっこつけなくてもいい。」

結婚は毎日のことで、毎日フルメイクをして肌の調子整えてデートするのとは違います。大事ですよね。かっこつけない自然体でも、一緒にいたいと思えるかどうか・・そこです。

岡村さんの場合は、彼女の前で鼻を垂れたとき、笑ってくれてそれで平気だった!というできごとが、結婚に結びついて?いったようです。なにがきっかけになるか、わからないものですね。

決め手その2.ダメな時の自分を支えてくれた

ダメな時、失敗したり、リストラされたり・・男性が特に人間関係やお仕事で落ち込んでいるとき、笑顔で助けてくれた人にプロポーズすることは、よくあります。

ハイスペックな男性ほど、今いいときの自分や自分の収入ではなく、そのメリットが全部失われたとしても、自分を愛して頑張ってくれるか、助けてくれるか?というところを、女性に確認してから、プロポーズを決意しています。

岡村さんの場合は、失言騒動の時に自分に本気で怒ってくれて支えてくれた、その真剣に向き合う姿勢がポイントだったようです。

決め手その3

決め手の3つ目は、やはり手料理です。岡村さんの奥様は

彼の好きな、甘くない厚焼き玉子がお上手でした。

特別な日のごちそうなんて、わりとどうでもいいのです。

毎朝のお味噌汁とか、なんでもないお惣菜が、ホッとできる味か違和感のある味か、そこは、受け身になる男性側としては、結構心配しているようですね。

食の好みが違う・・ということで、お別れになるケースも多いです。お見合いの場でも、好きな食べ物というより、味付けの好みを確認しておきたいですね。

男性にプロポーズを決意させる極意とは

まとめると、男性にプロポーズをさせるには、次のポイントをクリアする人になることが大切、となります。

1.背伸びしていいところを見せなくても、喜んでくれる女性

2.お金のないとき、落ち込んだときなど、よっしゃ、私が頑張るわ、と笑顔で言ってくれる女性

3.普段のお惣菜をパパっと作れて、彼の好みの味付けができる女性

男性の視点をいつも意識している女性は、自然とお見合いの質問も変わってくるので、やはり成婚が早いですね。

婚活は本当に現場の裏側で異性が何を感じているか、それを知ることが大切。

花嫁プレスクールで各種セミナー、講座も開催。

千代田区四ツ谷の結婚相談所 しあわせ相談倶楽部へのお問合せはこちらから

  • 成婚エピソード
  • 婚活のコツ

この記事を書いた結婚相談所

しあわせ相談倶楽部

しあわせ相談倶楽部

東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル

東大前駅

https://pre.mirai-hiraku.com/