メニュー

ゴンちゃんの結婚相談所 明石・加古川エリアに強い、成婚重視の結婚相談所!

【今すぐやめろ】30代男性のやばい婚活あるある10連発!

  • 婚活のコツ
  • 恋愛テクニック
  • 男性向け
ゴンちゃんの結婚相談所「【今すぐやめろ】30代男性のやばい婚活あるある10連発!」-1

目次

  • はじめに
  • 30代男性のやばい婚活あるある10連発!!
  • まとめ
  • ゴンちゃんの結婚相談所とは?

はじめに

こんにちは!

兵庫県明石市のゴンちゃんの結婚相談所、権藤です。


本日は「30代男性のやばい婚活あるある10連発!」というテーマで、婚活が上手くいっていない男性がついついとってしまっているあるある行動をお伝えさせていただきます。


婚活業界においては、30代は女性よりも男性の方が優位だとよく言われていますが、もちろん誰でも上手くいくという訳ではありません。


中には一見モテそうな30代男性でも、交際どころかなかなかお見合いすら決まらないという話は良く聞く話です。


しかしご安心ください。

本日は「30代男性のやばい婚活あるある10連発!」というテーマで、モテない婚活男性がついついとってしまっているヤバイ婚活あるある行動をお伝えします。


当てはまっている内容があれば改善し、婚活を頑張っていただくことによって、成婚できる確率がぐっと上がることをお約束いたします。


30代男性のやばい婚活あるある10連発!!

①顔だけ見て申し込みしがち!

よく男性は女性を顔で選ぶと言われますが、婚活男性においてもそういった方が多いのが事実です。


顔だけ見て美人な方だったらプロフィールをろくに読まずにお見合いの申し込みをしたり、逆に申し込みがあっても顔だけみてOKしたりお断りをしたりと、とにかく顔だけで判断する男性が多いです。


そういった方はたくさんお見合いを組めても、交際に発展したり成婚まで辿り着くのが難しい方が多いのでお気を付けください。やはりプロフィールはちゃんと読みましょう。



②20代を中心に申し込みしがち!

「若い女性がいい」という方が多いのも婚活男性の特徴です。「子供が欲しいから」と理由をつける方が多いですが、やはり若くて綺麗な方が好きだというのが本音でしょう。


30代後半の男性でも10歳程度下の20代の女性に申し込みまくって玉砕している男性の姿をよく見ますが、そりゃそうですよね。逆に40代後半の女性から申し込みが来てもプロフィールも読まずにお断りしているはずです。


勿論、若い女性に申し込むなといっているわけではありませんが、成立率を考えた時に、同世代の方への申し込み数も増やされることをおススメします。



③35歳以上の女性は除外しがち!

これも年齢の件ですが、「子供が欲しいから35歳までの女性がいいです」とご入会の時におっしゃる30代後半の男性が非常に多いです。


今は医療も発達しているし、一概に35歳を超えているから子供ができにくいとかリスクがあるとは繋がりません。

それを言い出したら女性だけでなく男性も同じですよね。


35歳という年齢に壁を作らないだけでも、きっとあなたの婚活の幅を広げるはずです。試してみてください。



④デートよりお見合いを優先しがち!

こういう男性は非常に多いです。

登録後、綺麗な女性が多いことにテンションが上がり片っ端から申し込みまくり、また申し込みがきたら受けまくり、気が付けば1カ月の予定がお見合いで埋まってしまっていませんか?


そんなあなたは、せっかくお見合いから交際に発展してもデートをする日程がなく先延ばしになってしまい、その間に彼女の気持ちは冷めていき、1回目のデートで交際終了間違いありません。


お見合いの予定は、デートも見越して組みましょう。



⑤会うとお茶代や電車代がかかるからオンラインお見合いしがち!

「会うとお茶代や電車代がかかるからオンラインお見合いがいいです」という男性がいますが、その段階であなたの婚活は上手くいかない事が決定です。


女性の大半はケチで心が狭い男性が好きではありません。一生を決めるかもしれない大事なお見合いのお茶代や電車代をケチるくらいの男性は、その気持ちを直さない限りは成婚まで辿り着くのが難しいでしょう。



⑥デート代ケチりがち!

先ほどのお茶代や電車代もひどいですが、デート代をケチる行為は女性が冷める大きな原因です。


食事は安いチェーン店ばかり、高いメニューは注文させてくれない、出かけるとお金がかかるからお家デートばかり。将来が見えるはずがないですよね。


弊社の女性会員様が、過去に食事やお茶代は割り勘が当たり前、ガソリン代や高速代、駐車場代まで半分請求されるという男性とお付き合いをされていたそうですが、そんな日々が虚しくなって交際を終了したとおっしゃっていました。


出すのが嫌とかではなく、その気持ちが悲しいとおっしゃっていました。それが本音ですよね。


男性の皆様は、ケチり過ぎには気を付けてください。



⑦プレ交際人数増えがち!

お見合いを組みすぎて、プレ交際の人数が増え、婚活の本来の意味を見失っている男性をよくお見かけします。


二兎を追うもの一兎を得ずとはよく言ったもので、そういう贅沢な男性は2か月後にはプレ交際ゼロになりがちです。


お見合いをたくさん組むのはいいですが、プレ交際は〇人までとある程度決めておき、増えるようであれば交際を終了していかないとデート地獄で自分で自分の首を絞めることになりますよ。



⑧交際を急ぎがち!

初回デートから1日デートを提案したり、急に敬語を止めたり、下の名前で呼び始めたりと交際を急に前に進めたがる男性がいますが、それはNG行動です。


確かに結婚相談所は3ヶ月ルールなどもあり、タイトな交際がメリットではありますが、そういうことを言っているのではありません。


タイトな中にも段階と言うものがあります。

その段階を1つずつ1つずつ着実とクリアできるカップルが成婚まで辿り着くのです。


焦りは禁物です!!



⑨真剣交際に進むか迷いすぎ!

優柔不断な男性はモテません。

特に大事な決断ほど、男らしく決断することが大事です。


特に男性は結婚に関しては女性より慎重な方が多く、真剣交際に進むかどうかの決断すら悩んで時間をかけすぎる方がいます。


はっきり言って、結婚するかどうか、真剣交際に進むかどうかなんて悩むことではありません。悩んでいる段階でやめておくべきです。


大事なのはそこに至るまでの交際です。

いざ決断しなければいけない場面では、即決できるように交際を進めていきましょう。



⑩スキンシップしなさすぎ!

これも結婚できない男性ならではです。


結婚相談所では、身体の関係を持ってはいけないというルールはありますが、手を繋いではいけない、キスをしてはいけないなどのルールはありません。


過度のスキンシップはともかく、手を繋いだり、キスもしていない人と結婚なんかできませんよね?これは女性も同じ考えです。


良かれと思ってルールを順守しているつもりかもしれませんが、それは大きな過ちです。真剣交際に進んだのであれば、適度なスキンシップは必要だと私は思います。


まとめ

本日は「30代男性のやばい婚活あるある10連発!」というテーマでお送りしました。


①顔だけ見て申し込みしがち!

②20代を中心に申し込みしがち!

③35歳以上の女性は除外しがち!

④デートよりお見合いを優先しがち!

⑤会うとお茶代や電車代がかかるからオンラインお見合いしがち!

⑥デート代ケチりがち!

⑦プレ交際人数増えがち!

⑧交際を急ぎがち!

⑨真剣交際に進むか迷いすぎ!

⑩スキンシップしなさすぎ!


いかがでしょうか。

いくつか当てはまってしまっていたでしょうか。


今婚活が上手くいっていない男性は、是非今日の話を参考に改善していただきたいと思います。


今後も婚活が上手くいくための情報をどんどん発信していきますので、次回のBLOGも是非ご覧ください。


ゴンちゃんの結婚相談所とは?

兵庫県明石市にある結婚相談所です。

元中学校教師、ジムトレーナー、アパレル店員という異色の経歴を強みに、日々会員様のサポートをしております。


■2022年IBJアワード受賞!

■IBJ加盟3803社の中から反響を呼んだ100社に選出!


【公式HP】

https://gon-marriage.com


【公式LINE】

https://lin.ee/3FOymNK


【Instagram】

https://www.instagram.com/gonkatsu.jp/



ただいま、「春のご入会キャンペーン」という事で、ご入会いただいた方は初期費用から10,000円オフのキャンペーンを行っております。この機会に是非一度無料相談にお越しください。

この記事をシェアする