メニュー

ゴンちゃんの結婚相談所 明石・加古川・姫路エリアに強い、成婚重視の結婚相談所!

「35歳すぎた独身男性には何かある」は本当なのか!?

  • 婚活のコツ
  • 婚活のお悩み
  • 男性向け
ゴンちゃんの結婚相談所「「35歳すぎた独身男性には何かある」は本当なのか!?」-1

目次

  • はじめに
  • 35歳独身男性は難がある人ばかり?
  • 女性へのおススメ度
  • まとめ

はじめに

みなさん、こんにちは。

ゴンちゃんの結婚相談所、権藤です。


早速ですが、先日ある女性からこんな質問を受けました。

「最近職場の35歳の独身男性とイイ感じです。その方は決してスペックがめちゃくちゃ高いわけではないですが、見た目も性格も年収も普通です。友達からは35歳を過ぎた独身男性は絶対に何かあると言われるのですが、どう思いますか?」という質問です。


せっかくこういった質問をいただきましたので、本日は「35歳を過ぎて結婚をしていない男性は、何か難がある人ばかりなのか」という疑問を解明していきたいと思います。

35歳独身男性は難がある人ばかり?

まず結論を言いますと、35歳の独身男性が何か難がある人ばかりなのかといいますと、決してそんなことはございません。

みなさんご存じのように、日本では晩婚化が著しく進んでいます。厚生労働省が出している、男性の平均初婚年齢が31.1歳なので、35歳で結婚されていない男性はそこまでおかしなことではありません。

ただ、いわゆる難があり、結婚はむずかしいだろうなという人も一定数いることは事実です。


ではまずは35歳を過ぎて結婚されていない男性にはどのような人がいるか確認いたしましょう。

35歳を過ぎて結婚していない理由には大きく分けて6つあります。

1つ目が、女遊びを辞められないから

2つ目が、仕事など熱中しているものがあるから

3つ目が、ただ異性にモテないから

4つ目が、恋愛ベタだから

5つ目が、経済面や宗教など、何かしらの理由で結婚に制限があるから

6つ目が、ただ結婚願望がないから

です。


あなたの周りの35歳オーバーの男性はどれに該当するでしょうか。

それでは順番にそういった男性の女性へのおススメ度を紹介していきたいと思います。

女性へのおススメ度

まず1つ目の「女遊びを辞められないから」という男性にはお気を付けください。

おそらくこれに該当する男性は見た目も良く、比較的モテる男性だと思います。


中には「35歳になったしそろそろ落ち着かなくては」と結婚を意識するようになる方もいらっしゃいますが、結婚後もなかなか女遊びを辞められない傾向にある男性です。いわゆる難あり男性です。

私の周りにもこういった男性はいますが、彼女は欲しいけど結婚はしたくないということを言っています。「結婚はしたくない」「結婚願望がない」と口にする男性と付き合ったとしても結婚するのは難しいかもしれません。すぐにでも結婚したいという方にはおススメいたしません。


そして2つ目の「仕事など熱中しているものがあるから」に該当する男性。これは婚期を遅らせた理由が仕事であり、20代、30代前半と仕事を頑張ってきて、そろそろ家庭を持ちたいと思った結果ですので、こういった男性は家庭も大事にしてくれる人が多く、婚活女性にもお勧めの男性です。


ただ、もともと仕事が好きな方ですので、結婚後も帰りが遅くなったり、家事の協力が望めない可能性がありますので、結婚前によくよくその部分も話をしておくとよいでしょう。

私も中学校の教諭をしていた頃は、そういった仕事熱心で結婚されていない同僚の先生が周りにもたくさんいたので、そういった男性になんとか出会いを提供してあげたいという思いが人一倍強いんです。これを見られている仕事や趣味に熱中しすぎて婚期を逃してしまった男性は、まだまだ遅くありませんので是非本気で婚活を始めて欲しいと思います。


そして3つ目の「ただ異性にもてないから」という男性、また4つ目の「恋愛ベタだから」という男性もここで言う「難あり」には該当しません。むしろ今までモテなかったり、恋愛をしてこなかった分、結婚すると尽くしてくれる可能性が高く、きっとあなたを幸せにしてくれることと思いますので、婚活女性にはおススメです。


私の周りの人を見ていても、恋愛経験の少ない男性ほど、奥さんのことを大事にされている方が多い印象です。経験が多ければ多いほど、いろんな女性と奥さんを比べてしまうので、不平や不満がでてしまうようですね。恋愛経験が少ない男性は離婚率が低いというのもデータででています。

もしかしたら、「モテない男性はイケメンじゃないから無理」とおっしゃる婚活女性の方がいらっしゃるかもしれませんが、結婚相手は見た目で選ばないことを強くおススメします。内面に惹かれる部分がある方と一緒にいれば、見た目がタイプでなくてもきっと好きになるはずです。まずは何度かお茶をしたり、食事に行って相手の事を知るという行動が大事です。


そして、5つ目の「経済面や宗教など、何かしらの理由で結婚に制限があるから」に該当する男性に関しては、少し気を付ける必要はありますが、女性次第でクリアできる問題でもあります。


まず経済面に関しては、男性一人のお給料では生活していけないようであっても、共働きでなんとかなりそうなのであれば女性次第でそのハードルは簡単に超えることができます。今は女性でも働いている方は多いですので、女性の方が給料が高いという夫婦は山ほどいますし、考え方次第だと思います。ただ、結婚したら専業主婦になりたいという方には難しいかも入れませんね。


また宗教に関してはしっかり話をする必要があります。これは2人だけの問題ではない場合もありますので、特に宗教に関しては結婚前ではなく、お付き合いをされている段階からしっかり話をしておかないと、結婚前に別れる事になってしまったり、婚約が破談になったりという話もよく聞きますのでお気を付けください。


そして最後、6つ目の「結婚願望がないから」に該当する男性に関しては、婚活されている女性はお付き合いするのは控えましょう。


近年婚姻率の低下が叫ばれていますが、その理由の一つとして、結婚願望がない男性が増加してるというデータがでています。「一緒に生活するのがめんどくさい」「家族にいいイメージがない」「子供が嫌い」など様々な理由があるようですが、そういった男性でも「彼女は欲しい」という願望はあるようです。

そういった男性とずるずる使ってもはっきり言って結婚を望めません。なので「結婚願望がない」と公言している男性とはいくらタイプであったとしてもお付き合いしないことをおススメいたします。

まとめ

以上、本日は「35歳を過ぎて結婚をしていない男性は、難がある人ばかりなのか?」という疑問に関して、様々な例を出して説明させていただきました。結論は、その人によるということですが、「女遊びをやめられない男性」や「結婚願望がない」と公言している男性には気をつけていただきたいと思います。

この記事をシェアする