婚活カウンセラーブログ 【IBJ正規加盟店】関西ブライダル 明石店 ベルノース

成婚のご挨拶・その2

関西ブライダル 明石店 ベルノース「成婚のご挨拶・その2」-1

相変わらず熱い日々が続きすね。

猛暑もひどくなれば災害の一つだ、などという説もありますが、私達人間は環境に適応できるはずだ!!

どうかみなさん、負けずに「サバイバル婚活」を続けていただきたいと応援するばかりです。


そうなんです。

婚活はまさにサバイバル・生き残りをかけた戦い・・・。

でしょうか・・・?


今日はそう思って覚悟と諦めを決め込んでご入会されるも、わりとすんなりと成婚に至った女性のお話。

47歳、初婚のUさんは、涼し気な雰囲気をお持ちの美しい女性。

「諦めてますが」、という言葉がいつも会話の最初につくことから、彼女の成婚は「諦め婚」と呼んでいます。

活動期間6か月、3人目のお見合いでお相手が決まりました。


お一人おひとりと大切に出会われ、その都度ご報告をいただきました。

Uさんの素晴らしいところは、お相手の良いところを探したことでした。

「この人、俳優さんの〇〇さんに似てる。」とか、「デートの場所がわからないから私に決めて欲しい、と正直に言われて、その方が楽でした。」などと。

その中で交際が続かなかった人もありますが、Uさんはその頃から「諦めてますけどね」という言葉を言わなくなりました。

少しずつ彼女の気持ちが動いていったんです。

Uさんご自身はまだその自覚はないと思いますが、私達スタッフは、「きた~!」という感じ。


3人目のお見合いの直後、「俳優の中村雅俊さんの若いときみたい(ふふっ☺)」と言って第一印象をお知らせいただきました。

Uさんの口調で気に入ったかどうかは、わかりました。

交際。

「お花見の季節だけど、私から誘ってもいいんですよね。行きたい桜の名所があるんです。」とUさん。

その後すぐに、「もう他のご紹介は結構です。」と。

1か月もしないうちに、双方の気持ちは一つに決まったようです。

お相手相談所からも、交際がかなり真剣であると連絡あり。

毎日何度も連絡し合って、毎週出会っているので、もうこの人しかいない、と決めているとのこと。


成婚のご報告でご来店いただいたお2人。
素敵なムードだったこと✨


諦めてたけど、やってみた。

やってみたら、見えてきた。

見えてきたら、楽しかった。

楽しいから、結果出た。

そんなUさんの成婚までの道のりは、サバイバルではなかったみたいですよ。


みなさんも、まずは動いてみましょう。

動くと、い・ろ・い・ろ わかってきます!




この記事を書いた結婚相談所

関西ブライダル 明石店 ベルノース

関西ブライダル 明石店 ベルノース

兵庫県明石市桜町14-17 中嶌ビル4F

JR・山陽 明石駅から徒歩3分

https://kekkon-akashi.com/