加盟結婚相談所:2,283社
登録会員数:66,063名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

起業・独立開業について
【独立開業者のための支援ブログ】

 結婚相談所の独立開業・起業なら日本結婚相談所連盟  独立開業者のための支援ブログ   PCがあれば独立開業できるおすすめの職種!店舗を持たないメリット

PCがあれば独立開業できるおすすめの職種!店舗を持たないメリット

将来の不安から、独立開業を検討する方はたくさんいます。最近も話題になっているように、定年退職後の生活に必要な資金が足りないことから、起業して稼ごうと考える方も多くいるのです。

将来の生活資金が不安という場合、できるだけリスクを背負わずに独立開業したいものです。高いリスクで勝負し、失敗して借金を背負っていれば本末転倒となっています。そのため、初期費用が少ない方法で、リスクを抑えながら独立開業するのがおすすめです。

そこで今回、初期費用が抑えられてリスクを抑えられる、店舗を持たずにPCのみで独立開業することができる職種を紹介していきます。将来が不安で独立開業を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

店舗を持たずPCだけで独立開業ができるおすすめの職種

独立開業と聞くと「店舗」が必要な気持ちになりますが、実はPCとネットが使えれば起業することが可能なビジネスがたくさんあります。自宅のPCを使用して、独立開業をすることもできるのです。そこでまずは、店舗を持たずにPCだけで独立開業ができるおすすめの職種から紹介していきます。

ウェブライター

PCだけで独立開業できる職種の1つがウェブライターです。クラウドソーシングサイトなどを経由することで、仕事を受注することができます。また、インターネットを使って「ライター募集」をしている会社・個人に応募し、直接契約して報酬を得る方法もあります。

紙媒体のライターに比べ、ウェブライターは取材をせずに執筆することが可能な案件が多いです。そのため、自宅でPCを使って行うことができるお仕事であり、資格がなくても簡単に始めることができます。男性・女性関係なく、始めることができるお仕事なのでおすすめです。

アフェリエイト

サイトやブログを運営し、アフェリエイトで独立開業する方法もあります。サイトやブログで商品やサービスを紹介し、それが売れることで報酬を得ることができます。本格的にビジネスにしている方の中には、月間数百万円稼ぐ方もいるビジネスです。

趣味のことをブログで紹介し、アフェリエイトで稼ぐという方もいます。副業から始めることができるため、気軽にスタートしやすいのが特徴です。

ネットショップの運営

店舗を持たずにPCだけで独立するなら、ネットショップの運営もありです。自分の商品を販売するのもいいのですが、仕入れた商品を販売する方法もあります。海外から商品を仕入れて販売する方もいます。

ただ、ネットショップの運営では在庫を抱えたり、受注から発送するまでのカスタマーサービスが必要だったりと作業が多いです。規模を大きくした場合には、1人で捌くことができず人を雇う必要もあるので注意してください。

ウェブデザイナー

ウェブサイトの構成などをデザインする仕事であるウェブデザイナーも、自宅でPCがあれば始めることができます。クラウドソーシングサイトなどで、ウェブデザイナーの仕事はたくさんあります。

クライアントのイメージに沿ったサイトデザインに作り上げる必要があり、センスが求められる仕事です。また、ウェブデザインに必要なプログラミング言語の知識も必要となります。実績が重視される業界のため、過去に作成したサイトなどを提示することで仕事は得やすくなるので、まずは実績を作ることがおすすめです。

結婚相談所の開業

店舗を持たずにPCだけで独立するなら、結婚相談所の開業という選択肢もあります。婚活はニーズのある分野であり、近年は結婚相談サービスの利用へのハードルが下がっています。しかも、低資金・低リスクでスタートさせることができるのでおすすめです。

結婚相談所は、結婚相談所の連盟組織に加盟して独立開業もできます。加盟店になることで、ノウハウを得ることができて未経験からでもビジネスを始めることができます。

店舗を持たずに独立開業することによるメリット!

店舗を持たずにPCだけで独立開業することで、いくつかのメリットがあります。メリットを考えれば、「店舗を持たずに起業する」というのも選択肢の1つになることがわかるはずです。そこでここからは、店舗を持たずにPCのみで独立開業するメリットについて紹介していきます。

初期費用を抑えることができてリスク低減

店舗を持たずにPCだけで独立開業するメリットは、初期費用を抑えることができることです。飲食店などの店舗を構えるようなビジネスをする場合、店舗の入居費用など初期費用がかかります。そのため、開業資金を多めに準備する必要があり、資金調達などを考える必要が出てくるのです。しかも、初期費用でお金を使うほど、事業に失敗した際のリスクが高くなってしまいます。

その点、店舗を持たずにPCだけで起業できるビジネスなら、初期費用があまりかかりません。初期費用がかからない分、仮に失敗したとしても損失を抑えることができてリスクが低いです。起業のしやすさやリスク低減のメリットがあるのです。

維持費や経費の面でも節約になる

初期費用だけでなく、独立開業してからの費用でもメリットがあります。事務所やお店を借りた場合、毎月テナント代を支払う必要があります。そのため、店舗を持ってしまえば、経営を維持するための必要がかかるものです。

その点、店舗を持たなければテナント代などはかからず、しかも自宅の家賃や水道光熱費の一部を必要経費に計上することができます。また、自宅にある備品を活用することで、無駄な費用を抑えることもできます。このように、維持費や経費の面でも節約ができるメリットがあるのです。

プライベートとの両立がしやすい

仕事とプライベートの両立がしやすいのも、店舗を持たずにPCだけで独立開業するメリットです。自宅でネットを使えるようにしておけば、自分の家でビジネスを行うことができます。わざわざ店舗やオフィスまで行く必要がないため、仕事とプライベートの両立がしやすいのです。

また、育児や介護をしながらでも事業を行いやすいのもメリットと言えます。自宅でビジネスを行うことができるため、育児や介護との両立もしやすいです。

独立開業する前に副業からスタートさせるメリット!

店舗を持たずにPCだけで独立開業できるビジネスは、副業からスタートすることもできるのが特徴です。副業から始めることによるメリットもあり、いきなり起業するのではなく副業からスタートさせるのも1つの選択肢です。それでは、副業からスタートさせるメリットについて紹介していきます。

軌道に乗せてから開業することでリスク軽減

副業として事業をスタートさせるメリットは、リスクを抑えることができることが挙げられます。何の準備もないままに独立開業すれば、失敗するリスクが高いです。どうしても、起業したばかりでは想像以上に集客できなかったり、収益が出なかったりするケースがあります。

その点、副業からスタートさせておけば、下地ができているのである程度の集客が可能です。副業の時点で収益を出せていれば、安心して独立開業をすることができます。事前に副業の段階でビジネスを軌道に乗せておくことで、起業後のリスクを抑えることができるのです。

独立開業後のシミュレーションができる

副業からスタートさせることで、独立開業後のビジネスについてシミュレーションすることができるのもメリットとなります。すでに副業として事業を展開しておくことで、本格的に起業した後のシミュレーションをすることができ、今後の独立開業後の計画なども立てやすいです。自分がこのビジネスに向いているのかも判断することができるため、まずは副業からスタートさせるのがおすすめです。

【まとめ】独立開業はリスクを抑えるのがおすすめ!将来性を見極めよう

独立開業のスタイルとして、店舗を持たずにPCだけで独立するのは初期費用を抑えることができ、失敗した際のリスクも軽減させることができる賢いスタイルでおすすめです。副業からも始めることができ、自分がそのビジネスに向いているのかを事前にチェックすることもできます。

独立開業をするなら、将来性が見込めるビジネスなのかを見極めるのがポイントです。店舗を持たずにPCだけで独立することは簡単ですが、将来性がなければジリ貧になってしまいます。そのため、将来性についても検討してビジネスを始めるのがおすすめです。

女性が独立開業するメリット!おすすめのビジネスとは?

独立開業・起業するメリット・デメリット!失敗しないためのポイント

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら