加盟結婚相談所:2,184社
登録会員数:65,524名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   起業に失敗しやすい人の共通点と注意すべきポイント

起業に失敗しやすい人の共通点と注意すべきポイント

30代や40代を迎えるにあたって、会社員生活を辞めて独立起業に踏み切る人もいますが、全員が100%上手くいくという保証はありません。残念ながら、起業に失敗してしまう人も一定数存在するのが事実です。

そこで今回は、起業に失敗しやすい人の共通点と、起業で失敗しないために注意すべきポイントをまとめました。独立開業を考えている方や、起業とはどんなものなのか気になっている方はぜひ参考にしてください。

「起業後10年で9割以上の会社が失敗する」は本当?

ネットで検索して起業について調べてみると、起業後10年で生き残っている会社は数パーセント程度という情報がよく見受けられます。それらのデータによれば、起業した人の9割以上は失敗してしまうということになりますが、まずはこの情報について改めて確認していきましょう。

起業後の廃業率は情報ソースによって結果が異なる

起業後に失敗してしまった会社の割合を表す「廃業率」というデータが、経済産業省が発表する統計で確認できます。ただし、経済産業省による起業後10年での廃業率のレポートは毎年更新されているわけではありません。ネット上でよく引用されているデータは、2000年ごろから2010年ごろまでにかけての10年間の推移をまとめた情報となっています。

また、経済産業省以外の信頼できる調査機関による別のデータも存在していますが、これらのデータは集計方法が全く同一というわけではありません。母数とする対象事業をどのように定めるかなどの点で、事業に失敗する確率のデータは変わってきます。

そのため、参照する統計データによっては起業後10年で6%程度の事業しか生き残れないという結果が出ていることもあれば、30%程度の会社が生き残っているという結果になっていることもあるのです。

起業に失敗してしまう人が居ることは事実

いずれのデータを参考にする場合でも、起業後に会社運営が継続できず、失敗してしまう人が居るということ自体は事実となっています。特に、起業した最初の年度から3年目ごろまでの廃業率は高くなっているため、最初の数年間でビジネスをうまく軌道に乗せることが大切です。

また、一言で会社が倒産してしまうといっても、その程度は様々です。多額の負債を背負ってしまう場合もあれば、事業自体が上手くいかなくなっただけでビジネスモデルを切り替えれば復活できる場合もあります。

そのため、単にデータ上での廃業率から受ける印象で「自分には起業は難しそう」と尻込みしてしまう必要はありません。失敗する人に共通するパターンを避けて事業を運営することが大切です。

事業継続のために失敗を防ぐことが大切

開業した個人事業や株式会社、合同会社などを長く継続させるためには、あらかじめ失敗しそうな要素を確認した上で、対策をとっていくことが重要になります。特に、資金面での準備や、人材面での準備は入念に行うのがおすすめです。

起業に成功すれば、会社員として働く以上の収入を得ながら、自由な時間を増やすこともできます。失敗のリスクはつきものですが、得られるリターンもそれだけ大きいのが起業の特徴です。

起業後に失敗する人の共通点

起業してから失敗してしまう人には、共通する特徴がみられます。以下では、起業後に失敗してしまう危険性の高い特徴について、重要なものをまとめました。これから起業しようと考えている方は、以下のようなパターンにおちいらないようにすることで、成功確率を高めることが可能です。

事業計画書を作らない人は起業に失敗しやすい

起業後に失敗してしまう人の共通点の1つとして、事業計画が甘いということが挙げられます。どのようなビジネスモデルで収益を確保していくのか、どのタイミングでどんな投資が必要なのかといったビジネスプランが曖昧なまま起業してしまうと、不測の事態に対応することができません。

また、事業計画が無いまま起業すると事業運営の中で何に注力すればよいのかが定まらず、生産性が下がってしまうことにも要注意です。収益を生むためにどのような計画で事業を進めていくのか、起業前の段階である程度固めておくことが大切になります。

コスト意識が低い場合、事業資金がなくなってしまう場合も

起業に失敗する人の共通点として、コスト意識の低さも挙げられます。必要以上に節約志向になることは不要ですが、無駄な支出を押さえなければせっかく稼いだお金もすぐになくなってしまうので注意が必要です。

サラリーマンとして会社内で業務を行っていると、コピー用紙や移動にかかる交通費といった経費がすべて会社負担になるため、何にいくら使っているのかを意識する機会がほとんどありません。しかし自分で経営する場合は、それらのコストもすべて自分の責任において管理する必要があります。

コスト意識の低さは事業に失敗する落とし穴になってしまいますので、十分に注意しましょう。

周囲からの反対で起業に失敗してしまうケースも多い

起業すること自体に反対されて、開業前に失敗してしまうというケースも多くなっています。ビジネスが上手くいくかどうかという実務的な要素だけでなく、家族や周囲の人からの賛同が得られるかといった要素も重要です。

もし、自分が起業することに反対する人が身近にいる場合は、十分にコミュニケーションをとって納得してもらうようにしてください。勢いだけで起業してしまったり、起業前に人間関係のわだかまりができてしまったりすると、後々まで悪影響を及ぼすからです。

起業に失敗しないために注意すべきポイント

最後に、起業に失敗しないために注意すべきポイントについて確認していきましょう。これまでにご紹介した起業に失敗しやすい人の共通点を踏まえて、以下のような点に注意することが大切です。

初期費用や固定費をできるだけ安く抑える

初期費用や固定費といった出費をできるだけ安く抑えることは、起業に失敗しないための重要ポイントとなります。初期費用は独立開業するために必要な資金のことで、個人事業主として開業する場合と法人を設立する場合によっても金額が異なるのが特徴です。固定費は、事務所家賃や人件費など、売上の規模にかかわらず毎月発生する経費を意味しています。

最初の資金があまり用意できない場合は、開業自体にお金がかからない個人事業主としての独立がおすすめです。法人を設立する場合には、株式会社よりも合同会社を設立する場合の方が初期費用は少なく抑えられます。

事業が軌道に乗らなかった場合の対策を準備しておく

起業時の注意点として、万が一思い通りに収益が上がらなかった場合の対策を準備しておくことも大切です。事業計画通りに完璧にビジネスが運営できるということは少なく、何かしら予想外のことが起きる場合があります。そんなときのために、できるだけ販路を増やすための作戦や、一定期間収益が上がらなくても困らないだけの軍資金を用意しておくことが、失敗しないためのポイントです。

副業や週末起業から初めて本業からシフトしていく

副業を認める企業が増えてきた最近では、副業や週末起業といった形でビジネスをスタートさせて、軌道に乗ってから本業にシフトしていくという方法も可能です。いきなり独立するのではなく、収益が生み出せることが確認出来てから独立することで、失敗のリスクを最小限に抑えられます。

まとめ 自分に合った起業スタイルで失敗しない起業を目指しましょう

今回は、起業に失敗してしまう人の共通点や注意ポイントについてご紹介しました。今回お伝えした情報を参考に、自分に合った起業スタイルで、独立開業を堅実に進めていっていただければ幸いです。

10代でも起業は可能?若い内に起業する方法やメリット・デメリット

起業の本でおすすめの内容や学ぶべきポイント

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら