加盟結婚相談所:2,867社
登録会員数:72,918名

資料請求

起業・独立開業について
【独立開業者のための支援ブログ】

 結婚相談所の独立開業・起業なら日本結婚相談所連盟  独立開業者のための支援ブログ   失敗例に学ぶ!独立開業で成功するためのリスクヘッジ

失敗例に学ぶ!独立開業で成功するためのリスクヘッジ

独立開業で成功したいと考えたとき、参考にすべきなのは他人の成功例でしょうか?それとも失敗例でしょうか?おすすめするのは失敗例です。

成功例として見聞きするものは大企業や成功したベンチャー企業のものが多く、コンテンツとしては面白いかもしれませんが、再現しようとしても難しいことが多いでしょう。

これに対して、失敗例は程度の差こそあれ、真似をするとほぼ確実に失敗します。それだけ失敗例には普遍性があるのです。

今回は独立開業時の失敗例について取り上げます。失敗例に学び、独立開業を成功させましょう。

独立開業時の失敗例5選

初期投資に費用をかけすぎる

独立開業時の失敗例で最も多いのはこれではないでしょうか。しっかりと開業資金を貯め、金融機関からも融資が受けられると、手元に資金がたくさんあるように感じ、ついつい気が大きくなってしまいます。そこで物件や内装のグレードを上げ、備品もすべて新品で揃え…と費用をかけてしまうと、開業前に手元資金が不足してしまいます。

開業直後から順調に売上が伸ばせればよいのですが、なかなかうまくいかないものです。そうなったときに事業を継続するための費用のみならず、生活費にも困るような状況になれば、廃業せざるを得なくなってしまいます。

事業を行ううえで最低でも何が必要なのかをまず書き出してみて、そのうえでメリハリを付けて投資していきましょう。判断に迷ったら業務効率が上がる投資や集客につながる投資、つまり売上につながりやすい投資を優先するようにしましょう。

安売りしすぎる

独立開業直後から仕事を選ぶことは難しいかもしれませんが、適正な価格を下回った仕事はたとえ売上が上がってもモチベーションが下がりますし、利益を確保するために多くの仕事をせざるを得なくなり、肉体的にもつらくなります。また、一度安売りしてしまうと、同じ顧客に対して後から値上げするのは困難です。
コンサルタントやセラピストなど時間単価で料金を決める仕事では、自分のスキルや世間の相場を考慮しながら、「○円以下の仕事はしない」という目安を持っておくことで安売りを避けることができます。

ランニングコストが高すぎる

当然のことですが、利益が出なければ事業を継続することはできません。安売りの弊害は上で説明したとおりですが、たとえ高単価の仕事を選んで売上が上がっていても、経費が高止まりしてしまっては、利益が出なくなってしまいます。

売上が減っても利益が確保できるように、ランニングコストはできるだけ削減するようにしましょう。

資金の動きを把握していない

商品・サービスを提供して、その場で現金を受け取るような事業の場合は、売上が上がれば現金が増えますが、後日振り込んでもらうような事業の場合、売上が上がっても実際に現金が増えるのは後日になります。
このような掛け売りのビジネスの場合、売上が上がって事業は順調に見えるのに、経費の支払期日に現金がなくて支払ができず、最悪倒産という事態を招くことがあります。

入金・出金の期日や金額を正確に把握し、資金繰りを行うことは事業を行ううえで最も重要なポイントです。最近は従来「現金商売」といわれていた業界でもキャッシュレス決済が利用されるようになっていますが、キャッシュレス決済で支払われた売上は、実際に入金されるまでに時間がかかります。キャッシュレス決済を導入する際には、資金繰りに注意が必要です。

友人・知人を当てにしすぎる

独立開業直後は友人・知人が顧客になってくれたり、顧客を紹介してくれたりすることもあるでしょう。特に中高年で独立する場合、友人・知人もそれなりの地位にいることが多く、大きな仕事を最初から任せてもらえることがあります。
そういった友人・知人の支援は確かにありがたいのですが、友人・知人もいつかは一線から退きます。人的つながりに甘えて顧客満足度を高める努力を怠ると、友人・知人の引退後に契約を打ち切られることになりかねません。

友人・知人からの支援がなくてもやっていけるように、自分自身でも顧客の開拓の努力を欠かさないようにしましょう。

リスクの少ない独立開業は?

失敗例を踏まえ、リスクの少ない独立開業にはどのような方法があるのでしょうか?

スタート時のコストが少ない仕事

リスクの少ない独立開業をするためには、「借金」をできるだけ作らないことです。そのためには、開業時、様々なコストが掛かる中で、できるだけコストを抑えられる仕事を選ぶことが必要です。具体的には、家賃が掛からなくて済む自宅をオフィスにできる仕事や、広告宣伝費や従業員をすぐに雇わなくてもできる仕事などが挙げられます。

ランニングコストが少ない仕事

開業時だけではなく、運用コストも重要です。あまりにも立地が良い場所で集客がしやすい場所でも、家賃が高いことでランニングコストが高くなり、それに見合った売上がなければ経費の方が増え、借金に繋がります。事業がうまく展開し、ある程度の余裕を持ってからそのような立地で活動をすると良いでしょう。ランニングコストが少ない仕事としては、従業員を雇わずにできる仕事や、機械やシステムなどの導入が少ない仕事が挙げられます。

ノウハウ・経験がある仕事

どのような仕事でも、リスクはありますが、リスクをできるだけ軽減する仕事としては、経験がある仕事やノウハウがある仕事です。ある程度の売上が予想できたり、コストや利益のバランスなどを経験則から理解できている仕事の方がリスク管理もしやすく継続的に活動しやすいといえます。また、自分にノウハウがなくても、それらをサポートしてくれるようなフランチャイズも運営しやすい仕事の一つです。

独立せずに副業で始めるのも一つの選択肢

どんなに注意深く準備をしても、独立直後は収入が減ってしまいます。想定外のことが起きれば、収入がゼロになってしまうこともあるでしょう。そのリスクを避けるために、事業を副業として始めることができないか検討してみましょう。
会社が副業を認めていることが前提となりますが、夜間や週末を利用して副業として事業をスタートし、軌道に乗ってから独立すれば、さらにリスクを軽減することができます。

まとめ

ここまで、独立開業時の失敗例を見ながら、成功するためのリスクヘッジについてご紹介してきました。

リスクばかりを考えていたら起業することはできません。大事なことは、具体的に計画を立て、毎月計画的に売上・利益を上げていくためにどのようなことが必要なのかをより具体化することが必要です。

そのためには、在職中から様々なセミナーなどに参加し情報収集することや、事業計画書などをしっかりと時間をかけて納得いくまで作ることが良いでしょう。

また、初めての起業の場合には、大きなビジネスを初めから期待するのではなく、小さく始めて低コスト・低リスクの仕事を選択すると良いでしょう。

低コスト・低リスクで始められる仕事の一つに、結婚相談所の開業があります。

結婚相談所の仕事は、コストやリスクを小さく始めて、やがて大きなビジネスに発展できる仕事です。
また、結婚相談所の仕事は、人に喜ばれ、やりがいも感じられる仕事となっています。

リスクを最小限に抑えた独立開業をしたという方には、「結婚相談所での独立開業」も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

日本結婚相談所連盟では豊富な開業実績をもとに「開業資金は小さく、ビジネスは大きく育てたい」方に向けて、定期的にセミナーや、個別説明会を開催しています。

「人も自分も幸せになる仕事」それが日本最大級の会員基盤をもつ日本結婚相談所連盟の独立開業です。起業・独立開業の選択肢に「結婚相談所」も検討してみませんか。まずはお気軽に日本結婚相談所連盟の開業セミナーや個別説明会に足を運んでみてはいかがでしょうか?
無料説明会のお申込みはこちらから≫

夫婦で起業するメリットとおすすめの仕事5選

ひとり起業のメリットと成功のポイント

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料セミナー
集客や収益の仕組み
無料説明会で
個別相談