加盟結婚相談所:1,808社
登録会員数:60,389名

東京本社
050-1742-0376

関西支社
050-1746-9509

東海支社
050-1744-9504

お電話受付時間:10:00-19:00

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   絶対に失敗したくない!独立開業で失敗しないためのリスクヘッジ

絶対に失敗したくない!独立開業で失敗しないためのリスクヘッジ

絶対に失敗したくない!独立開業で失敗しないためのリスクヘッジ

30歳・40歳・50歳になるときは、在職中の会社を辞め、独立開業することを検討する節目の年になっている方も多いようです。

特に40歳は子供も大きくなり、高校や大学などの進学によって子供にお金がかかることも多くなり、独立を検討する方も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ独立開業を考えたとき、様々なリスクが見え、現実的に起業するための計画まで立てていないかたも多いと思います。実際に、起業しようと思ったとき、どんなリスクがあり、それらはどのように対処できるのでしょうか。

ここでは、独立開業に関するリスクと、リスクを回避するためにどのようなことが良いのか、ご紹介していきます。

独立開業で考えられるリスクは?

まずは、独立開業した際に考えられるリスクから見ていきましょう。リスクと言っても様々ですが、「失敗して借金が残る」「継続的に稼げない」「会社にいた方が良かった」などが心配のタネではないでしょうか。

失敗して借金が残るリスクはある?

独立開業する際にリスクとして気になる一つに「借金」があるのではないでしょうか。事業が破綻し、借金を作った場合、それは経営者に降りかかってきます。借金を生む理由としては、家賃や従業員の人件費、広告費など様々な経費を銀行などから借り入れた際のお金が借金として残るケースが多くなっています。

継続的に稼ぐのは難しい?廃業の数字を知っておく

起業から1年目で30%の起業は廃業に追い込まれ、10年で残っている会社は6%と言われています。ただ、10年後の事よりも数年間の間、継続的に仕事をもらい、安定的に稼ぐことが重要です。そうするためには事業継続を長く出来る業種業態をご自身の経験やスキルも含めてしっかり検討する必要があります。

会社にいるときよりも収入は減る?

会社員の時には、安定的に給与が支払われ、毎年収入を得ることが出来ますが、独立開業した際には会社が給与をくれるわけではなく、自ら作り上げていく必要があります。そういった点では何もしなければ収入は減りますが、逆に頑張った分だけ収入を得ることが出来、収入の上限はなくなります。

健康管理も自己責任

見落としがちなリスクですが、健康管理も重要です。
会社員の時は健康診断を毎年受けますが、独立開業した際には自ら健康診断を受ける必要があるため、受けない方が多い状況となっています。健康管理を自分自身で行っていくことでリスクは回避できるでしょう。

リスクの少ない独立開業は?

では、リスクの少ない独立開業にはどのような方法があるのでしょうか?

スタート時のコストが少ない仕事

リスクの少ない独立開業をするためには、「借金」を出来るだけ作らないことです。そのためには、開業時、様々なコストが掛かる中で、出来るだけコストを抑えられる仕事を選ぶことが必要です。具体的には、家賃が掛からなくて済む自宅をオフィスにできる仕事や、広告宣伝費や従業員をすぐに雇わなくても出来る仕事などが挙げられます。

ランニングコストが少ない仕事

開業時だけではなく、運用コストも重要です。あまりにも立地が良い場所で集客がしやすい場所でも、家賃が高いことでランニングコストが高くなり、それに見合った売上が無ければ経費の方が増え、借金に繋がります。事業がうまく展開し、ある程度の余裕を持ってからそのような立地で活動をすると良いでしょう。ランニングコストが少ない仕事としては、従業員を雇わずに出来る仕事や、機械やシステムなどの導入が少ない仕事が挙げられます。

ノウハウ・経験がある仕事

どのような仕事でも、リスクはありますが、リスクを出来るだけ軽減する仕事としては、経験がある仕事やノウハウがある仕事です。ある程度の売上が予想出来たり、コストや利益のバランスなどを経験則から理解できている仕事の方がリスク管理もしやすく継続的に活動しやすいと言えます。また、自分にノウハウが無くても、それらをサポートしてくれるようなフランチャイズも運営しやすい仕事の一つです。

まとめ

ここまで、独立開業で失敗しないために事前に知っておくべきリスクについてご紹介してきました。

リスクばかりを考えていたら起業することは出来ません。大事なことは、具体的に計画を立て、毎月計画的に売上・利益を上げていくためにどのようなことが必要なのかをより具体化することが必要です。

そのためには、在職中から様々なセミナーなどに参加し情報収集することや、事業計画書などをしっかりと時間をかけて納得いくまで作ることが良いでしょう。

また、初めての起業の場合には、大きなビジネスを初めから期待するのではなく、小さく始めて低コスト・低リスクの仕事を選択すると良いでしょう。

低コスト・低リスクで始められる仕事の一つに、結婚相談所の開業があります。

結婚相談所の仕事は、コストやリスクを小さく始めて、やがて大きなビジネスに発展できる仕事です。
また、結婚相談所の仕事は、人に喜ばれ、やりがいも感じられる仕事となっています。

リスクを最小限に抑えた独立開業をしたという方には、結婚相談所での独立開業も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

日本結婚相談所連盟では豊富な開業実績をもとに「開業資金は小さく、ビジネスは大きく育てたい」方に向けて、定期的にセミナーや、個別説明会を開催しています。

「人も自分も幸せになる仕事」それが日本最大級の会員基盤をもつ日本結婚相談所連盟の独立開業です。起業・独立開業の選択肢に「結婚相談所」も検討してみませんか。まずはお気軽に日本結婚相談所連盟の開業セミナーや個別説明会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

近日開催のセミナー情報

無料セミナーのご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

セミナーのご案内はこちら
セミナーのご案内はこちら