加盟結婚相談所:2,867社
登録会員数:72,918名

資料請求
西村 一世さん

結はふ(Yuwau)
代表 西村 一世さん 西村 健一さん

自己成長する、婚活を。婚活は、人生を変えること。
本当に必要なものを見つけるためには、自分を愛することから。

現在は、カラー診断をもとにファッションアドバイスや、人生を輝かせるためのお片付けコンサルタントなど、幅広く活躍しながらご夫婦で結婚相談所を運営されていますが、ご自身がサラリーマンから転身した当時を振り返ってもらいお話しを伺いました。

(取材日:2021年07月12日)

結婚相談所を始めたきっかけをお聞かせください。

ずっとサラリーマンを続けてきましたが、会社のために働くのではなくもっと人の幸せのために働きたいと考えていました。仕事とはお金を稼ぐためのものとして働いていましたが、ある程度年齢を重ねていくうちに、自分が本当に楽しいと思える仕事をしたいと強く考えるようになっていました。
そんなときに、あるきっかけで結婚相談所という仕事があることを知り、話を聞いていくうちにこの仕事が人と人を結びつけることで人に幸せを与えることができる素敵な仕事であることに気づきました。それに気づいたときの自分自身のワクワク感は今でも忘れられません。私たち夫婦の人生、結婚、離婚、子育て、仕事、転職、またその中での様々な喜びや葛藤、苦労など全ての経験が、これから結婚したいと考えている人にたくさんの様々な贈り物ができるのではないかと感じたのです。
また、私はファッションやお片付けが好きで、カラー診断の勉強やお片付けコンサルタントの資格の取得など、サラリーマンをしながら続けてきましたので、その経験や知識も婚活をしている人を輝かせるために活用できるのではないか、と考えることができたのです。そんなことを考えたのが結婚相談所を始めたきっかけだったと思います。

結婚相談所を始める前はどんなことをしていましたか。

“現在は夫婦で活動していますが、メインは私(西村一世)です。私は大学を卒業してから、サラリーマンをしていましたが沢山の会社を経験してきました。商社の営業から輸入関連業務、様々な業種でのIT部門の仕事を続けてきました。転職回数では、世間的にはかなり上位なのではないでしょうか(笑)。
資格を取得するのも大好きで、様々な資格を取得してきました。本当は好きと言うには少し違っていて、必要になって取得してきたというのが正解かもしれません。私は3回結婚していますが、最初の結婚で子どもができてすぐに離婚しました。その後は子供を立派に育てるために、自分も立派な人になって沢山稼がないといけないと、そんな気持ちからかMBAの資格を取ったりもしました。
パートナーは今もサラリーマンをしています。20年以上も金融機関のシステム部門で働いていましたが、その後2回転職をして、今はITシステム関連のコンサルタントの仕事をしています。彼にとっては、結婚相談所は副業というより、お互いの得意不得意を補い合えるような存在として、私のお手伝いをしていることになるのではないでしょうか。”

開業当初の成功例・失敗例を教えてください。

開業当初の成功例としては、地道に種まき活動を続けてきた結果、それが確実に芽が出てきたということでしょうか。
元々婚活とは全く無縁の二人でしたので、結婚したいと考えている知り合いが多いわけではなく、開業当初はなかなか集客ができませんでした。7月に開業したものの12月まで誰も会員になってもらえず、私たちは一生クロージングできないんじゃないかと悲観的になっていました。年が明けて1月以降、ようやく会員になっても良いという方に入会していただき、結婚相談所事業をやっているという実感が湧いてきました。
すぐに会員を獲得することはできませんでしたが、結婚相談所を始めたこと、結婚相談所は結婚できない人が集まる場所ではないということ、活動することの良さを沢山の人に話し続けた結果、入会獲得ができるようになってきました。

失敗例で言うと、基本的なルールを理解できていなくて、お相手の相談所から指摘されたことや、会員様のお相手への対応についてお叱りを受けたりしました。しかしそれら全てが良い経験として役立たせることができていますので、失敗例だと思っておらず、失敗という失敗は無いと思っています。

集客はどのようにされていますか?

成功例でも触れましたが、現在は自分たちの知り合いか、知り合いからの紹介から集客をしています。
紹介集客は種まきが大切で、未婚既婚の方問わず、自分たちが結婚相談所を始めたことを多くの方に話していきました。未婚の方は興味を持っていただければ会員様になってもらえるかもしれませんし、既婚の方は周りの方々に私たちのことを紹介していただける可能性があります。紹介集客でご入会いただいていますので、現在の会員様も二人の共通の知り合いやパートナーの会社の同僚、友人からの紹介の方に活動いただています。

紹介いただいた方とお話しする際にZOOMでの面談や説明が多くなってきていますので、面談にかかる集客コストも少なく済んでいます。遠隔地で一度もお会いしない方もいらっしゃり、その場合は集客コストは0円ということになります。実際にお会いした場合も、そこまでの交通費と喫茶代を支払う程度です。

一方で知り合いの紹介をメインにやっていくとしても、ホームページはあった方が良いだろうと考えていますので、つい最近ですがホームページをリリースしました。こちらにはそれなりのコストをかけて作成しました。
今後は友人とのコラボで集客ができないか、ということも考えています。

結婚相談所事業を転職や副業で始めるメリットは何ですか?

結婚相談所を副業で始めるメリットはいくつかあると思います。
まずは、開業費用が少なくて済むということではないでしょうか。加盟金だけで見るとそれなりにまとまった金額だとは思いますが、これだけのインフラが整った環境を提供してもらえることを考えたら、開業費用としては破格の値段なのではないかと思います。
次に、そのすでに整備されているインフラを、しかも安価で活用できるということです。全国で7万人以上の今すぐ結婚したい会員様が登録されている環境を利用できるわけですから、始めようと思ったらすぐに始められることは副業や転職にとっては大きなメリットです。
最後に、副業で始める場合に事業の規模を自分でコントロールできるということです。毎月の固定費としてのシステム利用料は支払う必要はありますが、決して高額ではないですし、数名の会員様がいれば毎月の収支は黒字になります。そのため、知人や友人の入会から始めて、収支を黒字にしながら自分の使える時間にあわせて規模をコントロールして事業を続けていくことができます。
結婚相談所のみで収益をあげていくのは少なからずハードルはありますが、副業で準備をしながら本業にしていくというビジネススタイルが適していると思います。

転職や副業で結婚相談所を始めたい方へメッセージをお願いします。

結婚相談所と聞くと、結婚できない方の「最後の砦」のようなイメージを持たれる方が多いと思います。実は私たちも以前はそう思っていました。しかし、実際に運営してみてわかったのは、そんなことは全くなく、今は結婚したい方々が結婚相手を見つけるための一つの手段になっていると思います。
今後は、間違いなく結婚相談所事業は市場が大きくなっていくと予想しています。そして、大きな市場になればなるほど、沢山の人が結婚相談所を活用し、素敵なお相手をみつけて結婚していく可能性が増えていきます。その希望があふれる世界を創っていくお手伝いを私たちがやっている、そんな大それた考えをもちながら今後も結婚相談所を運営していきたいと思っています。
まずは自分の目の前の方を幸せにしていく、そうすると世の中も幸せにすることができる。日本の少子化や、孤独といった社会問題を解決するための一つの手段でもあると思っています。結婚相談所はそんな可能性を秘めた素敵なビジネスだと思っています。片手間でカンタンに儲かるというような都合の良いビジネスではありませんが、一生懸命にやればやるほど自分たちも会員様ももっと幸せになれる、そんなやりがいがある素敵な仕事です。
是非とも私たちと一緒に結婚相談所の仲間になっていただき、多くの人を幸せにしていきましょう。

取材日:2021年07月12日

インタビュー:日本結婚相談所連盟(IBJ)

結はふ(Yuwau)のウェブサイト:
https://yuwau.com/marriage

無料で相談できます!!

先輩オーナーの事例から学べる

先輩開業者セミナー
はこちら
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved