加盟結婚相談所:2,867社
登録会員数:72,918名

資料請求
山本早織さん

結婚相談所Agum
代表 山本早織さん

「つながる。人と人から未来へ」
結婚につながる恋をサポートします

今では雑誌やメディアでも婚活コラムを掲載し、独身者の頼れるお姉さんとなった、山本さんにご自身の過去を振り返っていただきお話しをお聞きしました。

(取材日:2021年04月16日)

結婚相談所を始める前はどんなことをしていましたか。

結婚相談所を始める前まで、私はグラビアアイドルと銀座のホステスという異色の経歴をもっていました。16歳からグラビアアイドルをし、24歳で1度目の結婚を期に引退をしました。その後離婚をしたのですが、ずっとグラビアアイドルをしてきたので、会社勤めとしての社会人経験も無く、一人で仕事をしていくことに自信を持つことができませんでした。離婚も経験していたので、仕事もプライベートも何もかもうまくいかないんじゃないかと、当時は気持ちがどん底に落ち込んでいました。
離婚後は銀座のホステスとして夜の仕事をしながら、昼間もフラワーアレンジメントの仕事や旅行会社での仕事などしていました。少しずつですが、仕事にも慣れ気持ちも前向きになってきていました。

結婚相談所を始めたきっかけをお聞かせください。

結婚相談所を始めたきっかけは、フラワーアレンジメントの教室で出会った生徒さんたちの恋愛相談に乗り、アドバイスなどをして生徒さんの恋愛が上手くいくことに、自分自身のやりがいや存在感を感じられるようになったからでした。
これから先、社会に対し世間に対し私ができることはなんだろうと考えました。私と同じように離婚につながるような結婚ではなく、好きになった人とずっと一緒に居られる結婚をみんなにしてほしい。その相手との関係作りを私がサポートしたい、と考えるようになりました。実際に、フラワーアレンジメント教室の生徒さんから5組も結婚カップルが生まれました。
すぐに結婚相談所という発想にはならなかったのですが、婚活パーティーを主催したり、恋愛コラムを書いたり、結婚相談所の仕事とほとんど変わらないことをしていましたので、IBJを知った時には自分がその仕事をしているイメージが湧いたのですぐに開業を決めました。

集客はどのようにされていますか?

まず初めにやったのはアメブロで2日に1度ブログを書くことでした。それをFacebook、Instagram、Twitter、LINEのタイムラインに乗せて、私のことを知っている人に結婚相談所事業を認知をしてもらうことから始めました。
続けていくうちに、幸運にも私のブログを読んだ出版社の編集さんがコラムを書かないか?とオファーをいただきました。現在も毎週配信されている日刊SPA!のコラムがスタートしました。これは大きな広告効果を出しています。ここから問合せが数多くあります。
また、タイムチケットというタイムシェアアプリに、「美人と付き合う方法教えます」という相談チケットを公開したところ、長期に渡り購入してくれる人がいました。それを見た出版社の方から新しいメディアへの出演のお話しがあり、現在KADOKAWAの新規メディアでもコラムを書いています。
その他には様々な人とビジネスパートナーとなり、お客様をご紹介しあったりして集客につなげています。
婚活をするお客様を集客するだけではなく、様々な方向から集客のチャンスがうまれるので、広く認知をしてもらうことが大事だと思います。

開業当初の成功例・失敗例を教えてください。

開業当初、会社員経験のない私は「マーケティング」の知識もなく、集客は友達の口コミ以外わかりませんでした。さらに営業経験も無かったので、営業とはとにかく商品を紹介することだと思っていて、一生懸命紹介をしていました。集客も営業も分からない中、なんとか契約を取らなければと必死でやりましたが、6ヶ月間結婚相談所へ誰一人入会してもらえませんでした。
私には向いてないと本気で思っていましたが、そんな中でもIBJ社長のメソッドスクールなど、とにかく学びに時間を使い、集客や営業その他の沢山のことを学ばせてもらいました。実際にIBJ本部で成果が出ているメソッドを教えてもらい、実践し失敗を繰り返しながらも6ヶ月が経つころやっと成果が出始めました。そこからは初期投資の回収を目標とし、無事に回収できました。

結婚相談所事業を転職や副業で始めるメリットは何ですか?

私は起業して自分自身で仕事をしようと考えていました。ただ起業するにしても起業するための資金が必要で、もし上手くいかなかった場合は大きなリスクとなります。リスクを最小限にしたく、初期投資を抑えるビジネスが最優先だと考えていました。飲食店をやろうと思ったら当然1,000万円以上の初期費用がかかります。私にとってそこまで初期費用がかかるビジネスはリスクでしかありませんでした。結婚相談所事業は初期投資が低くリスクを抑えながら開業できました。その初期投資したお金も6ヶ月で回収できました。結婚相談所のメリットは始めるリスクが低いというところです。
二つ目のメリットとしては、事業というものを全くやったことがない初めての人でも、同業の先輩たちからアドバイスをもらえ、相談しながら事業ができる環境があることです。通常のビジネスなら、競合他社になるかもしれないのに、自社のやり方や仕組みなど、ライバルに教えることなんてまずありえません。しかし、このサービスの仕組みとして、同業者が活躍してくれれば自社の会員さんにも良いお相手を紹介できますので、ライバルではなく仲間として迎えてくれます。相談所同士、みんなが業界を盛り上げようとしているのがわかります。
三つ目のメリットとしては、出産や子育て、他に何かをやりながら仕事ができるということです。私自身現在体外受精で妊娠をしており、高齢出産でもあるのであまり安定せず、入院したり絶対安静を言われています。そんな生活でもZOOMで会員サポートや入会の面談までできています。パソコン一つでどんな場所ででも仕事ができるのがこの仕事の魅力であり、女性はとても働きやすいのではないかと思います。これから初めての出産子育てをしていきますが、収入はもちろん時間の使い方に不安は全くありません。この仕事のおかげだと思っています。

転職や副業で結婚相談所を始めたい方へメッセージをお願いします。

この仕事は、人とコミュニケーションをとることが好きな人なら、とても前向きに楽しく働けると思います。時間の調整もでき、副業から始めることもできるので、今の自分のライフスタイルを変えることなくスタートすることができます。今までの自分のキャリアや経験は全てプラスになり、それをブランディングすることもできます。
私自身のやりがいとしても、この仕事で様々な人たちの結婚のサポートやアドバイスをする中で、自分自身が成長することができ、2度目の結婚もできました。本当にいい形で幸せに過ごせています。この仕事に出会えた私は幸せ者だなといつも思うのですが、仕事で幸せを感じることはそうそうないかと思います。それくらい、結婚相談所事業はやりがいを感じられます。ぜひ一緒に仲間になってくれる方が増えてくれたら嬉しいです。

取材日:2021年04月16日

インタビュー:日本結婚相談所連盟(IBJ)

結婚相談所Agumのウェブサイト:
https://saoriyamamoto.com

無料で相談できます!!

先輩オーナーの事例から学べる

先輩開業者セミナー
はこちら
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved