加盟結婚相談所:2,470社
登録会員数:65,332名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社080-7026-7597

  • 関西支社080-7027-7174

  • 東海支社080-7026-4822

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

チャットで相談
チャットで相談 お電話 お電話
河内 満さん

縁~port
代表 河内 満さん 河内 香世子さん

再婚同士の夫婦カウンセラーが、幸せな結婚生活を送る為の
『本当に必要な条件』を親身にアドバイスしています。

夫婦でフットワークが軽く、地方創生への想いから埼玉県を拠点に、現在は九州にまで会員が在籍する全国展開の結婚相談所。少子化対策としても、結婚適齢期の独身者を成婚へと導きたいという、社会貢献を考える相談所運営をお伺いしました。

(取材日:2020年06月08日)

結婚相談所を始めたきっかけをお聞かせください。

【代表 河内満さん】
私達夫婦はお互い再婚同士ですが、再婚する時に、埼玉から愛知に嫁いで貰ったので、妻の両親が元気なうちに近くへの転居が出来ないかを考えるようになりました。しかし、遠方での転職先を探すのは大変困難でした。それなら思いきって起業してみよう!と、妻に内緒で十三社にも及ぶ開業セミナーに出席していましたが、そのうちの一社がIBJでした。
結婚相談所事業は、再婚やステップファミリーという「自身の経験」を活かせそうでしたし、時間や場所にとらわれることなく仕事ができそうでしたので、転居を考えていた私にはこの上ない仕事だと思いました。妻には本業を辞めて開業し、転居することも決めてから初めて打ち明けました。妻も友人同士を引き合わせたり、出会いの場を作る事が大好きだったので、快く開業を応援してくれました。

【河内香世子さん】
最初に主人から「開業する」と聞いた時は、唐突過ぎて驚きました。しかし、理由を聞くと家族や私の両親の事を考えた上での決断だと知り、さらに全く想像もしていなかった結婚相談所という事業に大変興味が出ましたので、二つ返事で受け入れました。
結婚、離婚、子連れ再婚を経験している私としては、今までの人生経験を活かすことができ、今の幸せに感謝や恩返しができる素晴らしい仕事だと思えたので、夫の開業を応援することに決めました。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟した理由をお聞かせください。

当時住んでいた愛知での開業セミナーに参加をし、そこで加盟相談所のアテンダー五藤ご夫妻に出会いました。その活力溢れる先輩カウンセラーの志に触れ、「自分の人生経験を活かして、お客様を幸せにしたい!婚活のサポートがしたい!」と衝動に駆られ、自分のやりたかった事は『人と人とのご縁をつなぐ』この素晴らしい仕事だと気づきました。

IBJでは研修の他にも、成功している先輩が開催する勉強会もあり、直接アドバイスしていただいたり相談に乗っていただくことが出来る相談所同士の繋がりがあり、新しく結婚相談所を始める私たちにはとても心強く安心できました。

自分達の頑張りによって人を幸せに導き、それが収入につながるというビジネススタイルは、人生を賭ける仕事としてやりがいしかないと、加盟してよかったと思っています。

相談所運営で工夫されていることをお聞かせください。

私たちは、レスポンスの早さを大切にしています。会員様は、仲人からすぐに返信があると安心してくれますし、相談したい時にすぐに話ができることが結果的に「信用」に繋がります。「信用」なくして相談所運営はできません。そのおかげでありがたいことに、私たちのサポートに「信頼と安心」を感じていただき、会員様から他のお客様のご紹介もあります。

また当社には、私たちに加え、ブログ担当の野上という女性スタッフがいます。彼女のユーモア溢れる文才で、成婚退会された方の話や婚活や結婚にまつわるコラムなど掲載しています。彼女の人柄や周囲に与える影響力を活かし、これから婚活を考えている方や、結婚相談所に興味を持っている方に向け、縁~portの広告塔として発信しています。
おかげさまで多くの方にブログをご覧いただけるようになり、お問合せが増えました。

集客はどのようにされているのですか?

前職のつながりや関連会社なども含め、全国に知り合いが大勢いましたので、退職時に「結婚相談所を開業予定です」と伝えながら挨拶周りをしました。周りからは大変興味を持って頂き、その後「パンフレットがあったら送って欲しい」という連絡が相次ぎました。
以前から愛知と埼玉を何度も往復していましたので、夫婦ともにフットワークの軽さには自信がありました。「私たちを必要としてくれる人がいれば、全国どこへでも会いに行こう」と最初のうちから決めていたので、全国展開し地方創生へと強く想いを募らせました。
行く先々で出会う方々、タクシーの運転手さんや飲食店のオーナーさん、様々な職種の方々にも興味を持ってもらえるよう、積極的に話しかけてパンフレットを渡しています。そうすると「婚活が上手くいかないので、相談に乗ってくれませんか?」と連絡があり自然にカウンセリングしていることが多々あります。集客は待っているだけでは出来ません。積極的な行動あるのみです。

これからの展望をお聞かせください。

これから先も婚活の現場は変化と進化を繰り返し、拡大していくと思います。
今まではオフラインの対面が当たり前でしたので、全国どこであっても現地まで直接行きお客様にお会いしてきました。
現在は結婚相談所業もWEBでのオンラインが浸透し、お見合いやお客様との契約がオンラインにて可能となり、全国対応が出来るようになりました。
しかし、過去の経験からも確信を持っていますが、会員様との信頼構築は十回のオンライン面談より一回の直接面談の方がお互いの「人となり」を理解する事ができます。
今後はオンラインも取り入れますが、メインは以前と同じく直接面談してお話しすることに変わりはありません。オンライン入会となった会員様にも必ず会いに行くつもりです。
距離に縛られない、場所を超えた相談所を運営するためこれからますます飛躍していきます。

これから結婚相談所を始めたい方へメッセージをお願いします。

私たちは本業を辞めて起業しました。持ち家も売れていない状況で転居を決行し、本当に背水の陣での起業となりました。だからこそ絶対に成功させようと必死に集客し、まだまだ未熟ですがここまで来る事が出来ました。まずは決断をすることが大切だと伝えたいです。

そして、この仕事を成功させる為には人脈が大切だということにも気づきました。IBJのブランドステートメント「人と人とを繋ぐのは人である」ということを私たちが見本となり、人の心を動かす婚活カウンセラーとしてまずは自分自身のことを理解し、常に新しい知見を得ていくことで、魅力的な人が集まり、人脈も増えていきます。私たちが結婚相談所の仕事に誇りを持ち、多くの方々に認知してもらうことで結婚相談所事業が活性化していくことだと思います。

最後に、私たちがカウンセラーとして大切にしているのは『三つのWORK』です。三つのWORKとは『 NET WORK・TEAM WORK・FOOT WORK 』です。私たちは常にこの三つを心掛けており、開業一年目にはその基盤づくりに努めました。今、私たち縁~portの相談所サービスの軸となるのがこの『三つのWORK』です。これから開業する方々にも、常にブレない心がけを作ってもらいたいです。

IBJでは定例会やアンバサダークラブ(勉強会)がありますので積極的に参加し、他相談所との繋がりを大切にしてください。一緒にこの業界を盛り上げて行きましょう。

取材日:2020年06月08日

インタビュー:日本結婚相談所連盟(IBJ)

縁~portのウェブサイト:
https://en-port.net

説明会への無料参加申し込みはこちら 説明会への無料参加申し込みはこちら

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら