加盟結婚相談所:2,253社
登録会員数:65,875名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   アイデアはないけど独立開業!?それならこんなビジネスはいかが?

アイデアはないけど独立開業!?それならこんなビジネスはいかが?

「収入に対する不満」「上司や会社への不信感」などから、将来的には脱サラして独立する願望を持ったとしても、肝心の儲かるビジネスのアイデアが思い浮かばず、なかなか一歩を踏み出せない……という方も多いのではないでしょうか。

フランチャイズ加盟で起業する方法もありますが、本部の制限によって画一的な経営になりやすかったり、初期費用やロイヤリティといった開業資金がネックになったりするなど、難しさを感じる部分もあります。

そこで今回は、アイデアもないがフランチャイズも気が進まない!という方に向けて、どうしたらリスクを抑えて独立開業できるか?のチェックポイントを紹介していきます。

最初の独立開業には向かない!失敗のリスクが大きいビジネス

最初の独立開業には向かない、失敗時のリスクが大きいビジネスの特徴について紹介していきます。独立開業を検討する際は、これらの条件が含まれていないかチェックしてみてください。

初期費用が高い

独立開業で失敗した時のダメージが大きいのは、初期費用が高いビジネスです。起業する業種・業態によっては店舗を構えることになりますが、商品の仕入れ費用やテナント代、改装費用などが必要となり、スタート段階からまとまったお金が必要です。

初期費用として多額の資金を投資できるとしても、開業後の運営資金や生活費に不安が出てきます。店舗型のビジネスであれば、毎月テナント代が必要ですので固定費も高くなりがちです。起業後すぐにビジネスが軌道に乗ればいいですが、うまくいくことを前提にして多額の投資をする経営は、よほどの勝算がない限り危ういでしょう。

運営資金が枯渇して廃業するケースは多々あります。飲食店や雑貨店などの店舗型ビジネスは、店舗を開くための初期費用はもちろん、仕入れの原価や地代家賃が大きな負担になりやすいので注意してください。

利益率が低い

利益率が低いビジネスで独立開業した場合も失敗のリスクは高いです。経営において利益率はとても重要な指標です。利益率が低いと、それだけたくさんの商品・サービスを販売しなければ十分に利益を確保できず、薄利多売状態に陥ります。

反対に、利益率が高い商品・サービスを扱えば、販売数が少なくても利益を確保しやすくなります。どんなビジネスで起業しようか検討する際は、商品・サービスが1つ売れる度にどれだけ利益が出るのかを必ずチェックしましょう。

リピーターを得にくい

リピーターを生むことができないビジネスは、常に新規顧客の獲得をしていかないといけないため、失敗するリスクが高いと言えます。新規顧客の獲得ばかりではコストがかさんで利益が出にくくなり、経営が安定しません。

サービスのファンであるリピーターによる利益は、新規顧客の開拓に割く予算の確保にもつながり、経営を安定させてくれます。独立開業を検討する際には、どのようなビジネスがリピーターを得やすいかを考えてみましょう。

アイデアがなくても独立開業しやすいビジネス

独立開業しやすいビジネスは、フランチャイズという選択肢を取らなくても見つかります。ここでは、独自のアイデアや特別なスキルなしでも起業しやすいビジネスを紹介していきます。

ウェブライターとアフィリエイト

パソコン1つで始められるビジネスの1つに、ウェブライターがあります。

ネットがインフラレベルまで普及したことで、企業がウェブサイトを作ることは当たり前になっています。ブログやコラムなどを含め、ウェブサイトに置くコンテンツを外部のウェブライターに委託するケースも増えています。執筆内容によっては専門性が必要になることもありますが、特別な知識や資格がなくても書ける場合も多く、取り組みやすいビジネスと言えます。

ウェブライターで経験を積む中で、アフェリエイトへステップアップすることも視野に入れていいでしょう。文章の書き方や表現力を身に付けることができれば、自身でウェブサイトを立ち上げてアフェリエイトで収入アップが目指せます。

ネットショップ運営

ネットショップ運営も、特別なスキルがなくてもスタートできるビジネスです。ネットショップは店舗型ではないため、初期費用を抑えることができます。ポイントになるのは需要のある商品選びと仕入れルートの確保です。

今は誰でも海外からの個人輸入が簡単にできるようになりました。輸入となると、言葉の壁があり語学スキルが必要だと思うかもしれませんが、格段に精度が向上した翻訳サイトを使えば、語学力なしでもオンラインでコミュニケーションしやすくなっています。輸入する商品にもよりますが、必要な法律と届け出の有無には注意しましょう。

ネットを使った結婚相談所

近年需要が高まっている結婚相談所も、初期費用が少なく独立開業しやすいビジネスと言えます。少子化問題もあり婚活ビジネスは成長市場です。一般的なコンビニや飲食店のフランチャイズと比べて、初期費用を低く抑えられるケースがほとんどです。

今では結婚相談所もネットでお見合いを組むことができるため、必ずしも店舗を持つ必要はありません。情報ビジネスなので仕入れも必要なく、資金面のリスクを抑えて独立開業できるでしょう。

利益を生み出すビジネスの仕組み

独立開業について考える前に、基本的なビジネスの仕組みを理解しておきましょう。利益を生み出すビジネスの原則を理解しておくことで、起業後に起こる様々な問題に対処しやすくなるはずです。

ビジネスの仕組みについて

ビジネスで利益を生み出す仕組みは、シンプルに言えば「利益=収益-費用」です。収益は一般的に売上高のことを指し、費用は人件費や仕入れ費用などのことを指します。

利益を出す方法は大きく2つで、「収益を上げる」or「費用を下げる」のどちらかです。費用を下げられないなら売上高を伸ばす、売上高が上がらないなら費用を抑える、といった動きができれば利益を増やすことができるでしょう。当たり前だと思いがちですが、この基本は忘れないようにしましょう。

副業・サイドビジネスで仕組みを学ぼう

ビジネスの仕組みを学ぶなら、まずは副業・サイドビジネスから始めることをおすすめします。実際に事業を始めてみないと、具体的にどれだけの収益が上がり、どんな費用が発生し、どれだけの利益を出すことが可能か、そこに改善の余地があるかなどを確認できません。

サイドビジネスとしてスタートしておけば、市場やニーズを事前にチェックすることができますし、利益が出る目処が立ってから本格的に独立開業に踏み込むことができます。

【まとめ】アイデアもスキルもない!ならリスクを下げよう

独自のアイデアや特別なスキルがない状態で独立開業を目指すなら、リスクをいかに下げて起業するかが重要です。サイドビジネスからスタートする、低投資で始められるビジネスを選ぶなど、リスクを下げる意識を持つようにしましょう。

また、独立開業するとしたらブルーオーシャンの市場もおすすめです。ブルーオーシャン戦略とは経営戦略の1つであり、「未開拓市場を狙う」という意味です。全くの未開拓ではなく、競合相手が少なく未開拓な顧客が多い市場やビジネスはまだまだあるので、独立開業を目指す方はぜひ探してみてください。

初期投資が抑えられて低リスクの起業・独立開業なら結婚相談所がおすすめです!
東証一部上場企業「IBJ」が運営する日本結婚相談所連盟で、婚活カウンセラーとして開業するメリットを徹底解説します。
◆ 無料の説明会に参加してみる ≫

英語力を活かす独立開業なら英会話教室!具体的な開設方法とは

「独立支援制度」ってどんな制度?フランチャイズとの違いは?

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら