加盟結婚相談所:2,062社
登録会員数:64,095名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   低リスクで起業できるおすすめビジネスランキング

低リスクで起業できるおすすめビジネスランキング

将来起業を考えているものの具体的なビジネスプランが固まっていない場合、まずは独立する業種を決めることが大切です。そこで今回は、低リスクで起業できるおすすめのビジネスをランキング形式でご紹介します。

また、副業から起業する場合に活用できるおすすめの集客媒体や、起業する上で注意しておきたいリスクについてもまとめました。

小資本かつ低リスクで起業できるビジネスランキングTOP3

起業を確実に成功させるためには、小資本かつ低リスクで起業できる分野で開業することが大切です。フリーランスや法人での新規開業にあたって、少ない初期投資で独立できる分野をランキング形式で3つご紹介します。

ランキング1位:結婚相談所運営ビジネス

起業しやすさランキング1位としてご紹介する業種は、結婚相談所ビジネスです。結婚相談所のニーズは安定して高く、成婚時の報酬も高いのが特長となっています。また、スタート時には店舗を構えなくても開業できるため初期費用が少ないのも魅力です。

結婚相談所ビジネスになじみがない人にとっては、どのように運営すればよいのかイメージしづらいかもしれません。しかし、すでにうまくいっている人のノウハウを学ぶことで、資格やスキルが無くても始めることができます。他の副業と比べると認知度がそれほど高くないため、競合が少なく成功しやすいこともメリットです。

ランキング2位:コーチ・コンサルタント業

起業しやすさランキング2位としておすすめの業種は、コーチ・コンサルタント業です。すでに本業で実績があり専門分野のスキルや知識がある方の場合、特に独立しやすい分野となっています。また、特別な資格やスキルを持っていない方でも、コーチングのスキルを学ぶことで短期間で独立が可能です。

コーチングやコンサルティングは、SkypeやLINEといったツールを使うことで在宅でビジネスを完結させることができます。また、時間当たりの報酬単価も比較的高い傾向にあるため、副業からスキマ時間を使ってスタートできるのもメリットです。

ランキング3位:デザイン制作・アプリ開発業

起業しやすさランキングの3位として、デザイン制作やアプリ開発業などの制作系の在宅ワークをおすすめします。これらの仕事はデザイナーやプログラマーとしてのスキルが必要になるものの、本業で培ったスキルがあればすぐに高額な報酬を得られるのが利点です。

最近では、クラウドソーシングサービスを使うことで個人事業主のプログラマーやデザイナーが簡単に案件を受注できます。営業力に自信がない方でもスキルがあれば案件獲得できるため、副業からスタートして独立するのに向いている業種です。

副業から起業する時に活用できるおすすめ集客媒体

どんな業種で起業する場合でも、自分のビジネスにどんな方法で集客するかは重要なポイントになります。そこで、副業から起業する場合に活用できるおすすめの集客媒体を以下にまとめました。

ブログでランキング上位になると低コストで集客可能

自分で会社設立をしたり個人事業を開業したりした場合の集客ルートの1つとして、ブログがおすすめです。大手の運営会社が提供しているブログサービスでは、ブログの内容ごとにカテゴリ別の人気ランキングが用意されています。ランキング上位のブログになるとアクセス数が増えるため、集客につなげられる可能性が高いです。

なお、ネット広告などを使う場合と比べて、ブログでランキング上位になった場合には低コストでの集客できることがメリットとなっています。ネット広告ではアクセス数に応じた広告コストが発生しますが、ブログならどれだけアクセスが増えてもサービス利用料はほとんど変わりません。

クラウドソーシングに登録するとすぐに仕事が受注できる

起業してすぐに案件を受注したい場合、クラウドソーシングに登録する方法もおすすめです。クラウドソーシングサイトでは、フリーランスとして活躍する個人事業主や法人を対象に、仕事を依頼したい企業が案件を掲載しています。自分のスキルに応じて受注できそうな案件を選び、条件が合う企業が見つかればすぐに仕事が開始できるという仕組みです。

クラウドソーシングのサイトには常時、数千件以上の仕事がアップされています。プログラミングやデザイン、ライティングや動画制作などの業種は特に案件数が多いため、これらの分野で起業する方におすすめです。

SNSで知人や友人の人脈に情報発信

SNSを使った情報発信も、開業してすぐに使える集客ルートとしておすすめできます。FacebookやTwitterなどのSNSですでにつながっている友人や知人が居れば、自分のアカウントで独立開業したことを投稿し、告知することが可能です。友人や知人の中に直接取引をする人が居なかったとしても、知り合いの知り合いなどを通じて将来のビジネスパートナーと繋がっていく可能性があります。

特にFacebookなどの実名顔出しを原則としているSNSでは、オフラインで会ったことのある人がつながっている場合が多いため、安心して仕事を受注できることがメリットです。

起業する上で注意しておきたいリスク

最後に、起業する上で注意しておきたいリスクについてご紹介します。独立開業することで、サラリーマン時代よりもお金と時間の自由が増えるチャンスが広がりますが、以下に挙げるようなデメリットにも注意が必要です。

利益率が低いビジネスは初心者の起業には不向き

利益率が低いビジネスは初心者が初めて起業する場合には向いていません。たとえば、仕入れが必要な転売ビジネスやせどりなどは、まず最初に商品を仕入れる必要があるため初期コストが高いです。また、仕入れた商品が100%利益につながる保証はないため、赤字になってしまうリスクがあります。

一方、前述のランキングでご紹介したコーチングや結婚相談所ビジネス、制作系の在宅ワークなどは、仕入れが不要なため利益率が高いです。原価のかからない業種から独立開業することをおすすめします。

在庫を抱える必要があるビジネスは管理が難しい

在庫を抱える必要があるビジネスは、商品の管理や仕入れのタイミングなど、高度な判断が求められるため、初心者が成功するのは難しい業種です。通販サイトの運営などは、仕入れた在庫をどこに保管しておくのかという問題や、在庫が残ってしまった場合のリスクがあります。

また、ビジネスの規模が大きくなってきた場合には、より大量の仕入れを行うことになるため、失敗した時のリスクも比例して大きくなるのがデメリットです。在庫管理の必要があるビジネスで独立しようと計画されている方は、事業計画をしっかりと練った上でスタートするようにしましょう。

起業後に定期的な収入が得られないリスクもある

どんな業種で起業する場合でも、開業後に定期的な収入が得られないリスクがあります。そのため、最初は副業から初めて、収入が安定してきたころに独立するのがおすすめです。本業を続けながら副業として開業すれば、本業で安定した収入が得られるため、安心して副業を進めることができます。

まとめ 起業しやすさランキング上位のビジネスを参考に事業計画を立てよう

今回は、初心者でも起業しやすいおすすめのビジネスをランキング形式でご紹介しました。起業する場合には、できるだけ初期投資を少なく抑えて、利益率の高いビジネスモデルを選択することが大切です。今回お伝えした情報を参考に、ぜひ確実に利益が出せる分野を選んで、開業準備を進めていきましょう。

起業にブログがおすすめな理由や失敗してしまうパターン

起業リスクの一覧と回避方法、起業のメリット&デメリット

近日開催のセミナー情報

無料セミナーのご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら
説明会のご案内はこちら