加盟結婚相談所:2,102社
登録会員数:64,257名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   起業の成功率を高めるための重要ポイントを解説

起業の成功率を高めるための重要ポイントを解説

起業を考えているもののまだ具体的なイメージが無い場合、成功率がどのくらいあるのか気になるものです。そこで今回は、起業の成功率がどれくらいあるのか、そしてできるだけ成功率を高めるためのポイントについてまとめました。将来的に独立開業して自分の会社を持ちたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

起業の成功率は事前の準備によって高められる

起業の成功率は、ビジネスプランを具体的に決め、事前の準備を進めることで高められます。イメージが具体的に固まってくるにつれて、起業前に準備しておくべき事柄や資金がはっきりするため、失敗しそうな点にあらかじめ対処できるからです。

起業してから数年間で50%程度の事業が廃業してしまう

経済産業省の統計データや調査会社のデータによると、起業してから数年間で約50%の事業が廃業してしまうと言われています。具体的な数値は、廃業の定義やデータの集計方法によっても異なりますが、事業を立ち上げれば誰でも100%成功するというわけではありません。

ただし、統計データはあくまでも参考数値に過ぎず、自分自身がどれくらい起業準備をするかによって、成功率を高めることは可能です。現に、シリアルアントレプレナーと呼ばれるような、複数の会社を立て続けに起業してすべて成功させている人もいます。

起業に成功する人は事業計画をしっかり持っている

起業の成功率を高めるには、事業計画をしっかり持っているかどうかがポイントになります。独立開業が上手くいく人や、逆に失敗してしまう人は、偶然や運で決まっているわけではありません。成功するために必要な準備をどれだけ入念に行ったかによって、成功率が高くなっていきます。

事業計画書を作ったことが無い人にとっては、どのようなビジネスプランを作ればよいのかイメージしづらいこともあるでしょう。特に初めて起業する際には、ビジネスを成功するためのノウハウを学び、しっかりした計画を作っておくことが大切です。

独立する前に起業の準備を整えておくことが大切

個人事業主として起業する場合でも、法人を設立する場合でも、新規にビジネスを立ち上げる時にはたくさんのタスクが発生します。そのため、開業して忙しくなってしまう前に、起業に必要な知識や準備を整えておくことが大切です。

もし、現在サラリーマンとして会社勤めをしているなら、独立開業する前の時間を有効活用して起業準備を進めるようにしましょう。できるだけしっかりと準備をしておくことで、起業後の成功率を高めることができます。

起業の成功率を高めるための重要ポイント

事前の準備を行うことで起業の成功率が高まりますが、具体的にどのような点を意識すればよいかについて、以下にご紹介していきます。起業の準備には様々な事柄がありますが、特に重要なポイントに絞ってまとめました。これから本格的に起業準備を進めていきたい人はぜひ参考にしてください。

どの業界でどんな事業を行うかを明確にする

自分の会社を立ち上げて社長になる場合、どの業界でどのような事業をするかを決めることが重要になります。この項目が明確にならないと他の細かな準備を進めることができません。まだ起業する分野が固まっていない人は、候補をリストアップして絞り込むようにしましょう。

どんなビジネスをスタートさせるかは、人によって理由が異なります。効率よくお金を稼ぐために今拡大している市場を狙う人もいれば、社会的な課題を解決するためにスタートアップ企業を立ち上げる人もいるため、決まった正解はありません。自分がなぜ起業したいのかを掘り下げてみると、どの業界でビジネスをするかがはっきりしてきます。

起業に必要な資金やキャッシュフローについて計画する

事業内容が決まったら、お金に関する計画を立てるフェーズに入っていきましょう。事業の成功率を左右する重要なポイントが、資金面の課題です。

万が一、計画が思い通りに進まないことがあったとしても、十分な資金があれば事業を継続させることができます。反対に、キャッシュフローに上手くいかない点が出てきてしまうと、事業運営を成功させることができません。

起業時に初期費用がどれくらい必要なのかを明らかにして、ビジネスで発生する収支を計画しておきましょう。

万が一うまくいかなかった場合の対策を複数用意しておく

起業の成功率をできる限りアップさせるためには、もしもうまくいかなかった場合にどんな対処策を行うかをあらかじめ決めておくことが大切です。ビジネスでは想定外のトラブルが起きることも多いため、対処策を念入りに考えておくようにしましょう。

トラブルが起きてから慌てて対策を考えると、心理的なプレッシャーや焦りから解決策が見つからなくなってしまうことも多いです。気持ちに余裕があるうちに様々なケースを想定して、対策を考えておくようにしてください。

また、想定したトラブルに対しての対処策は複数持っておくのが理想的です。1つ目の対処策が上手くいかなかった場合、2つ目、3つ目といくつかの戦略を用意しておくことで、余裕をもって解決することができます。

起業の成功例から学ぶことも成功率アップに役立つ

世の中にはすでにたくさんの起業成功者が居るため、成功例から学ぶことも可能です。すでにうまくいっている人の考え方や仕事の進め方を参考にすることで、起業の成功率を高められます。

様々な業種の成功例を学び、参考にしましょう

起業の成功例を学ぶときには、様々な業種のモデルケースを学ぶのがおすすめです。実際に自分がスタートさせるビジネスとは全く関係のない業種であっても、その方がかえって自身のビジネスに応用できる気付きが得られる場合があります。

同業者の成功例は他の同業者も学んでいる可能性が高いですが、異業種の成功例は学んでいる人が少ないです。そのため、同業者が思いつかないような革新的な戦略やビジネスアイデアを思いつき、成功率を高められます。

具体的なビジネスノウハウだけでなくマインドセットも重要

集客や売上アップなどの具体的なノウハウに加えて、成功している経営者がどのような信念や考え方を持っていたかというマインドセットを学ぶことも、成功率を高めるために有効です。

特に、たくさんの従業員を抱えて長年業界のトップを走り続けている企業の理念や経営者の考え方は参考になります。起業前で時間があるときに、様々な成功例を学んでおくのがおすすめです。

起業している人が身近にいれば相談に乗ってもらうことも可能

もし、身近な人ですでに起業に成功している人がいるなら、アドバイスを聞いたり相談に乗ってもらうことで成功率を高めることが可能です。起業のイメージがつかめず漠然としている場合でも、身近な人のリアルな体験談を聞くとアイデアが浮かんできます。

成功している人と直接話ができるチャンスがあれば、成功率をアップするための秘訣を聞いてみるのがおすすめです。

まとめ 事前準備を整えて起業の成功率を高めましょう

今回は、起業の成功率を高めるためのポイントについて解説しました。事前の準備を整え、ビジネスモデルを明確にしておくことで、起業の成功率をアップできます。成功例から資金面やマインドセットについて学び、起業の準備を進めていきましょう。今回ご紹介した情報を参考に、ぜひ自分自身が起業する時のイメージを具体化していってください。

起業の本でおすすめの内容や学ぶべきポイント

会社設立して起業に成功するための重要ポイントを解説

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら