加盟結婚相談所:2,184社
登録会員数:65,524名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   起業の本でおすすめの内容や学ぶべきポイント

起業の本でおすすめの内容や学ぶべきポイント

将来、フリーランスとして起業や会社設立を考えているなら、独立前に起業に関する勉強を始めておくのがおすすめです。起業についての勉強はネットやセミナーなどを活用する方法もありますが、本なら安い価格で自分な好きな時間を使ってまとまった情報を得ることができるため、効率よく学べます。

集客法などの起業ノウハウが学べる本が役立つ

起業に役立つ本として、集客法や事業計画の作り方などの具体的なノウハウが学べるものがあげられます。特に、初めて独立開業する人の場合、自分自身でビジネスを進めていく方法を学ぶことが重要です。初心者にも分かりやすく解説されている起業ノウハウ本をおすすめします。

起業家のためのマーケティング本を学ぼう

会社を辞めて独立し、自分一人で収益を上げていくためには、マーケティングスキルが必要です。どんなに良い商品やサービス、技術を持っていたとしても、適切な顧客に売り込むことができなければ生き残ることができません。

最近では、インターネットを使った様々な集客方法が考案されていて、本で学ぶことが可能です。お金を掛けずに新規集客をするためのテクニックや、人脈やコネが無くても短期間で取引先を獲得するためのノウハウなどは、将来起業を考えている人に役立ちます。

起業する業種が未定なら業界に関する本もおすすめ

起業したいとは考えているものの、どんな分野で起業するかが曖昧な場合には、様々な業界に関する本を読むことも大切です。特に、今までサラリーマンとして働いてきた業界とは全く異なる分野で起業を志す場合には、事前のリサーチによって成否が決まります。

どのような業界が成長市場なのか、どのようなビジネスチャンスがあるかといったポイントを調べて、起業してからスムーズに事業を軌道に乗せられるようにしましょう。特に、初期投資や資格などが不要で開業できる、IT系の業種や結婚相談所ビジネスなどがおすすめです。

読むべき本が多すぎる時はレビューを参考に

起業の具体的なノウハウを紹介している本はたくさん出版されているため、勉強しようと思うと何から手を付けたらよいかが分からなくなってしまう場合も少なくありません。読むべきだと感じる本が多すぎるなら、ネットの口コミやレビューを参考にするのがおすすめです。

起業ノウハウ本のレビューには良い評価と悪い評価の両方が載っているため、自分が読むべき本かどうかを買う前にある程度吟味することができます。限られた時間を最大限に有効活用するためにも、自分が学びたい情報についての答えが書かれている本かどうかを事前にチェックするようにしましょう。

起業に成功する人のマインドを本で学ぶのもおすすめ

起業時に読んでおくべき本として、具体的なノウハウ本のほかにマインドについて解説した本も挙げられます。会社運営を成功させるためには、具体的な問題解決法に加えて、どのようなマインドセットで事業に望むかも大切です。

具体的なノウハウと同時にマインドを学ぶことも大切

具体的なノウハウと並行して、成功している起業家のマインドセットを学ぶことで、不測のトラブルが起きた時などにもモチベーションを保ち、柔軟に対処できるようになります。

会社を立ち上げた後に解決すべき課題の中には、ノウハウ本の中には答えが書かれていないような難しいものも多いです。そんな時、すでに成功している社長のマインドを知っていれば、どのような点に注意して問題解決すればよいのかを考えるヒントになります。

成功した起業家の本は数多く出版されている

起業に役立つ本は数多く出版されていて、ビジネスパーソンなら誰もが名前を知っているような名経営者の本から、新進気鋭の若手ベンチャー社長の本まで様々です。色々な経営者のマインドを学んでおくと、数多くのケースに対応する力が身に付きます。

特に、長年にわたってベストセラーになっているような名著では、時代の変化に左右されない普遍的な考え方が解説されていることが多いです。本田宗一郎や井深大、松下幸之助、稲盛和夫といった著名な経営者の成功哲学を学ぶことで、業種は違っても成功のヒントが手に入ります。

憧れの経営者や起業家の本を学ぼう

具体的にどんな起業家のマインドについて学べばよいのか、全く知識がないと迷ってしまう場合もあるでしょう。そんな時は、まずは自分が憧れる経営者や起業家の本から読んでみるのがおすすめです。

もし、具体的に名前が思い浮かばない場合は、自分が良く利用している商品やサービスを提供している企業の社長を調べてみてください。今では大手企業として巨額な売り上げを創り出している会社でも、様々な苦難を乗り越えて現在の形になっていることが分かります。

自分がこんな会社を作りたいと思う憧れの経営者を見つけ、ロールモデルの1つにするとモチベーションアップに有効です。

起業後は税金についての勉強も必須

起業に際して学ぶべき本の1つに、税金に関するものも挙げられます。売上や利益をアップするだけでなく、税金を納めることも事業者の責任の1つです。会社員として働いている時にはあまり意識する機会のない税金について、しっかり勉強しておきましょう。

起業して得た所得は自分で納税する必要がある

会社員として給料をもらって生計を立てている時には、給与から天引きされる形で税金を支払うため、納税の仕組みについてあまり意識することがありません。しかし、事業を興して得た所得については、自分で税金の金額を計算した上で納税する必要があるのです。

税金にはいくつかの種類があり、所得の分類によっても税率が異なります。不動産で得た所得と事業で得た所得は税金のかかり方が違うなど、必要な知識を本で学んでおくことが大切です。

個人事業主として起業するなら簿記3級の知識が役立つ

個人事業主として起業し、自分で経理をする場合には簿記3級の知識を学んでおくと役立ちます。簿記とは、自分が稼いだ事業による所得にどれくらいの税金がかかるかをはっきりさせるために国が定めた記帳のルールのことです。簡単に考えれば家計簿のようなものですが、ビジネスの場合はもう少し複雑な決まり事があります。

簿記3級は、個人商店などが取引先や顧客とお金のやり取りをした内容をどのように記帳すればよいかが問われるため、フリーランスが身に付けておくべき税務知識がきちんと身につくのが特徴です。

資金繰りや資金調達に関する本もおすすめ

起業の際、資金繰りや資金調達などのお金関係の本を学んでおくのもおすすめです。税金に関する知識と同様に、どのようにキャッシュフローを改善していくかを知っていないと、ビジネスをスムーズに拡大していくことができません。

資金調達や事業計画書の作成を専門家のサポートを借りながら進めていくことも可能ですが、その場合でもある程度の知識を持っておくことをおすすめします。入門者向けの本を買って、資金繰りや資金調達に関する基礎知識を身に付けておくようにしましょう。

まとめ 起業前に本で学習して準備を万全にしましょう

今回は、起業前に学んでおきたい本の内容についてご紹介しました。起業後は作業も多くあわただしくなるため、落ち着いて勉強できる時間を確保しにくくなります。会社員として働きながら今回ご紹介したようなジャンルの本を読み、準備を万全にしていただければ幸いです。

起業に失敗しやすい人の共通点と注意すべきポイント

起業の成功率を高めるための重要ポイントを解説

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら