加盟結婚相談所:2,283社
登録会員数:66,063名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

起業・独立開業について
【独立開業者のための支援ブログ】

 結婚相談所の独立開業・起業なら日本結婚相談所連盟  独立開業者のための支援ブログ   楽に起業するためのポイントや注意点について解説

楽に起業するためのポイントや注意点について解説

働き方改革というフレーズをよく耳にするようになった現在、起業をすることで楽で自由な生活を手に入れる人が増えてきています。

ただし、ただ起業すれば楽になれるというわけではないため注意が必要です。そこで今回は、できるだけ楽に独立開業するためのポイントや注意点についてまとめました。今後、会社を辞めて自分のビジネスを創業しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

起業はやり方次第で楽にも厳しくもなる

まずは起業をすることで本当に楽に生活できるのかどうかについて確認しておきましょう。起業についてよく知らない段階で勢いで会社を辞めてしまうと、税金の支払いなどが大変になるデメリットが大きいです。以下の点に注意して、自分が起業に向いているかどうか確認してみてください。

何を楽と感じるかは人によって異なる

ひとことで「楽に稼ぐ」と言っても、何を楽だと感じるかは人それぞれ異なります。会社員として上司に言われた仕事をただこなし、自分は責任を取らなくても毎月給料が手に入るという生活が楽だと感じる人もいるでしょう。一方で人から指示されるのが苦手で、自分のやりたいようにやったほうが楽という人もいます。

また人の役に立ち、感謝される瞬間が好きだという人もいれば、自分一人で作業して完璧な仕事ができた時に喜びを感じる人もいます。自分では楽にやっているつもりの作業が、他の人から見ると大変な努力をしているように見えるというケースも少なくありません。

何を楽だと感じるかは人それぞれ違うため、まずは自分がどんな条件なら今よりも楽だと感じられるかを考えてみるのがオススメです。

自分に合った方法で起業すれば楽に稼ぐことが可能

自分が苦痛だと思わないような業務や分野で起業すれば、楽に稼ぐことができるようになります。自分に合った方法で起業することが大切です。もしかすると、起業するよりも会社に残って昇進したほうが楽に収入が上がるかもしれません。あるいは人によっては転職という手段もあるでしょう。

起業という選択肢を選ぶ場合は、自分の得意分野と言えるジャンルで開業するのがオススメです。起業を運営して収益を上げるためには、競合他社よりも付加価値の高い商品やサービスを提供する必要があります。自分の得意分野で起業すれば、あまり苦労することなく高付加価値の商品を作り出すことが可能です。

自分の仕事を自分で決めたい人には起業がオススメ

人から指示を受けることなく、自分の仕事は自分で決めたいという性格の人は起業に向いていると言えます。自分が社長になって会社を経営する場合、すべての決定事項に対する責任を自分が負うことになり、プレッシャーが高まるのも事実です。しかし自分でビジネスを運営することにやりがいを感じるタイプの人なら、プレッシャーに負けずに頑張ることができます。

もし今働いている職場での待遇に不満がある方や、自分の力でお金を稼いでいきたいと考えている方は、ぜひ独立開業を検討してみてください。

楽に起業するためのポイント

次に楽に起業するためのポイントについて解説します。自分の得意分野で起業したとしても、以下の条件を満たしていないと楽に稼ぐことはできません。開業当初から注意しておくべき、楽にビジネスを回していくためのポイントは以下の通りです。

時給単価の高い業種を選んで起業する

どんな業種を選択する場合にも重要になるのが、時給単価です。アルバイトなどでは、募集要項に時給何円という形で表示が出ているためわかりやすいですが、会社員として仕事をする場合や、起業して自分で稼いでいくときには時給単価が曖昧になることがあります。

出来る限り時給単価の高い業種を選べば、楽に起業することができます。現在のあなたの時給単価はいくらでしょうか。もし高い給料をもらっていたとしても、残業時間や時間外労働を含めた実質的な時給単価は思っているより安いかもしれません。不安な方は、実際に計算してみることをオススメします。

もし会社員から独立して起業を志す場合、現在の時給単価よりも高くなるような事業プランを立てていくことが大切です。時給単価の高い業種は、プログラマーやデザイン制作業者など専門スキルを要する職種や、不動産業などもともとの商品単価が高い業種などが挙げられます。

自分の得意分野を活かして他人より早く仕事を終わらせる

もし商品の単価が低いビジネスだとしても、時給単価を上げる方法があります。それは、自分の得意分野を活かして、他の人や競合他社よりもスピーディーに仕事を終わらせていくことです。得られる収益が同じでも、より短い時間で仕事を終わらせることができれば、その分だけ時給単価はアップします。自分の得意分野がある人は、この方法で手早く仕事をすると楽にたくさん稼ぐことが可能です。

不労収入が得られるビジネスモデルに移行していく

ただし楽に起業する方法として、時給単価を上げるだけでは限界があります。使える時間は1日に24時間しかなく、それ以上増えることはないからです。そこで重要なポイントが、不労所得が得られるビジネスモデルに移行していくという考え方になります。

たとえば自分自身が行っていた作業を別の人に発注して、自分は仲介手数料を取るという仕組みや、Web広告を使って営業をしなくても自動的に集客ができる仕組みを作ったりすることが大切です。この方法により、自分の時給単価の上限を超えて楽に稼げる状態になっていきます。

楽に起業したい人が気を付けておくべき注意点

最後に楽に起業したい人が注意しておくべきポイントについてまとめました。これから起業をご検討中の方はぜひ参考にしてください。

「起業さえしてしまえば楽勝で稼げる」というわけではない

すでにご紹介した通り、起業して楽に稼ぐためにはコツやノウハウが必要です。とにかく起業さえすれば楽に稼ぐことができるというわけではないため、ご注意ください。なお起業した初年度は、前年度の会社員時代の給料に比例した保険料などがかかってきます。高額な給与所得を受け取っていた方ほど、開業1年目の各種税金の支払いに注意しましょう。

また個人事業主として独立する場合は無料で開業できますが、法人設立をする場合には会社設立のための資金が必要です。事業計画を立てる前段階として、会社設立にかかる費用を貯蓄しておくことが大切になります。経営者になる前の段階で、ある程度資金を作っておくようにしましょう。

楽に稼げるビジネスは競合が参入しやすいビジネスでもある

無条件に誰でも楽に稼げるビジネスはありません。なぜなら自分が楽に稼げるということは、他の人も同じように楽して稼げるからです。競合がたくさん参入したビジネスは、必然的に1人あたりが獲得できる収益が目減りします。

こうしたリスクを加味して、継続的に収益を上げられる事業計画書をもとに会社経営を行うのが大切です。

楽に起業したい人をだます悪徳業者には要注意!

楽して起業したいという気持ちはだれもが抱くものです。その気持ちに付け込もうとする悪徳業者も少なくないため、十分に注意してください。

もし楽に稼げるビジネスの話を見つけたら、リスクの有無やそのビジネスで得られる具体的な収益額、どうして楽に儲かることができるのかといった裏の仕組みをきちんとチェックするようにしましょう。

まとめ 楽に起業する時代に合った生き方を選択しましょう

今回は、出来る限り楽に起業するための考え方や注意ポイントについてお伝えしました。近年は若い世代でも「仕事は生活のための手段」という考え方が定着しつつあり、 「楽に稼げること」が仕事選びのキーワードにもなっています。

ただし楽に稼げるという甘い言葉には注意も必要です。今回の記事でご紹介した情報を参考に、ぜひ自分にあった方法で働いていくための第一歩を踏み出していただければ幸いです。

起業に必要な元手は?元手なしで起業するデメリットや用意しておくべき資金

起業に成功する人の考え方や失敗する人の考え方を解説

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら