加盟結婚相談所:2,832社
登録会員数:71,546名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社080-7026-7597

  • 関西支社080-7027-7174

  • 東海支社080-7026-4822

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

資料請求

起業・独立開業について
【独立開業者のための支援ブログ】

 結婚相談所の独立開業・起業なら日本結婚相談所連盟  独立開業者のための支援ブログ   在宅起業から始める独立開業!在宅起業におすすめの仕事を紹介

在宅起業から始める独立開業!在宅起業におすすめの仕事を紹介

近年、インターネットサービスの普及により、在宅のまま進められる仕事が増えてきましたが、コロナ禍の影響で外出自粛が求められたこともあり、在宅ワークしやすい環境が急速に整ってきました。

在宅で完結できる仕事なら、主婦はもちろん、働きながら副業として起業したい人も始めやすいです。そこで今回は、在宅起業のメリットやデメリット、在宅起業に向いているおすすめの仕事について解説します。

在宅起業のメリット

家で仕事ができて自由度が高い在宅起業について、まずはメリットを見ていきましょう。在宅で完結できる仕事には、さまざまなメリットがあります。以下に、在宅の仕事から起業するメリットをご紹介します。

時間や場所に縛られない

どのような仕事をするかにもよりますが、在宅起業では好きな時間に好きな場所で仕事をすることができます。主婦の方であれば、家事や育児の合間にすることもできますし、副業として起業する方であれば、会社が休みの日を使ってすることができます。
また、通勤のために時間をかける必要がない分、仕事にかけられる時間が取りやすいのも在宅起業のメリットといえるでしょう。

場所についても、PCだけあればできる仕事であれば、時には自宅を離れてカフェで仕事をしたりすることもできます。

開業費用が少なくて済む

在宅起業は自宅を仕事場として使うので、開業にあたって店舗や事務所を借りる必要がありません。業種にもよりますが、建物や内装、設備関連の費用が開業費用の大きな割合を占めるため、これらが不要になるだけで、開業費用を大きく削減することができます。

開業費用が少なくて済むということは、万が一起業に失敗してもダメージが小さいということです。多額の開業費用を投じてしまい、やめるにやめられないという事態になりにくいので、気持ちの上では楽に起業することができます。

副業として始めやすい

時間や場所に縛られないこと、開業費用が少なくて済むことから、在宅起業は副業として始めやすいといえます。

会社勤めをしながら、在宅ワークで稼ぐことから始めておけば、副業の収入が充分な金額になり、今後の見通しが立った時点で会社を辞めることができます。もしも、副業の在宅ビジネスが思い通り軌道に乗らなかったとしても、会社からの給料があるため安心です。

在宅ワークで起業するデメリットや注意点

自分の好きな時間に稼げて、副業から起業することもできる在宅の仕事ですが、デメリットもあるため注意が必要です。以下に、在宅ワークで起業を目指す場合に注意しておきたいデメリットについてまとめました。起業する前には見落としがちなポイントもあるため、これから独立を考えている人はぜひ参考にしてください。

仕事の仕方ではなく、成果を問われる

在宅起業は仕事をする時間や場所に縛られない代わりに、仕事の成果をきちんと出していくことが求められます。決まった時間に決まった場所で仕事をすることで給料がもらえるサラリーマンとの大きな違いです。

納期がある仕事であれば、何があっても納期までに仕事を仕上げなければなりません。「子どもが熱を出した」「本業の仕事が忙しかった」からといって、発注側は成果物のレベルを下げたり、納期を延ばしてはくれません(納期に間に合わなさそうなときに早めに相談することは最低限のマナーですが)。仕事の進捗を把握し、多少のトラブルが起きても問題ないようにスケジュールを立てて進めていく自己管理能力が問われます。

とはいえ、何が起こるかわからないのがビジネス。万が一に備えて、賠償責任保険に加入しておくのもひとつの方法です。

仕事とプライベートの区別があいまいになる

在宅起業では、仕事もプライベートも自宅で過ごすことになり、時間の区切りもあいまいです。常に仕事に追われているような感覚が辛くなり、在宅での仕事をやめてしまう人もいます。

家の中で仕事をする場所とくつろぐ場所を分けたり、仕事に集中する時間を決めたりすることで、仕事とプライベートのバランスが取れるように工夫することも在宅起業を成功させるためのポイントです。

孤立しがち

会社での仕事のように、人間関係に悩むことが少ないのも在宅起業のメリットといえますが、一方で「今日も誰とも話さずに一日が終わってしまった…」ということが起きがちです。
仕事の進め方について相談することもできないですし、トラブルも自分一人で解決しなければならず、孤立感を覚えてしまうこともあるでしょう。

家族や友人に相談する、同業者との交流会に参加することで同じ悩みを持つ仲間を見つける、トラブルには専門家を活用するなど、自分だけで抱え込まないようにしましょう。
どうしても家にこもりがちになるので、意識して外出することもおすすめです。

モチベーションが保てない

起業前に見落とされがちな落とし穴として、モチベーションの問題が挙げられます。副業として在宅起業する場合、本業のサラリーマンとしての給与を受け取りながら在宅の副業で稼ぐことになるため、もしも副業がうまくいかなかったとしてもすぐに困ることはありません。その結果、在宅起業に本気で打ち込めないというパターンがあり、要注意です。

もし副業でスタートして、最終的には独立を考えているのであれば、目標の収入と期日を決めて計画的に仕事を進めていきましょう。反対に本業に加えてある程度の副業収入が得られれば、お金の面で満足できるようであれば、在宅でできる仕事を少しずつ稼いでいくのもよいでしょう。

在宅起業しやすいおすすめの仕事

最後に在宅ワークという形で副業からでも起業しやすい業種の例をいくつかご紹介します。最近では、特別な資格やスキルがなくても、ネットショップやサイト作成など個人が自宅で開業できるような仕事が増えてきています。以下にご紹介するのはその一例です。

クラウドソーシングを活用した受託業務

クラウドソーシングという仕組みを使うと、記事のライティングプログラミングデザインといった制作案件を発注したい企業から仕事を受けることが可能です。文章を書くのが得意な人や、プログラミングやアプリ開発のスキルを持っている人、絵を描くのが得意な人なら、明日からでも仕事を始めることができます。

いきなりライティングやプログラミングはハードルが高い、という人は、データ入力テープ起こしの仕事もおすすめです。ライティングやプログラミングに比べると1件当たりの単価は低めですが、入力のスピードや正確性が上がれば、時間当たりの利益は大きくなります。翻訳校閲の仕事もクラウドソーシングで受注できるので、興味のある人は探してみましょう。

インターネットを通じてモノを売る仕事

店舗を構えて商品を売る仕事は店舗を借りる必要があるのでハードルが高いですが、インターネットを通じてモノを売る仕事であれば、在宅起業でも行うことができます。

ネットショップ

インターネット上のショッピングモールに出店したり、ネットショップ専用のサービスを利用することで、比較的簡単にネットショップを始めることができます。手作りの雑貨や日用品を販売するのであれば、在庫の保管スペースも不要なので、在宅でも可能でしょう。

ドロップシッピング

ドロップシッピングとは、在庫を持たずに商品を販売する方法で、受注後、注文情報をサプライヤー(卸売業者)に送り、実際の商品の発送などはサプライヤーが行います。

在庫を抱える必要がないため、在宅でも行うことができるのが大きなメリットです。どんな商品を扱うのかによって、他の店舗との差別化を図ることができます。

ネットオークション

ネットオークションは一般の人の不用品整理にも広く利用されるようになってきましたが、在宅ビジネスとして行うこともできます。ネットショップの立ち上げに比べると、ネットオークションのアカウントを作成するだけで始めることができるので、起業までのハードルが低いのが特徴です。

家にある不用品を販売するだけでは、継続的に収入を得ることは難しいので、最終的には仕入れが必要となります。法律によって転売が禁止されている商品もあるので、事業を拡大するときには注意が必要です。

アフィリエイト

自分自身が商品を販売するのではなく、商品やサービスをおすすめして、紹介先で商品やサービスが売れたら報酬を受け取る仕組みです。自分のホームページやブログに集客し、さらに商品が売れるように宣伝しなければならないので、Webマーケティングの知識が必要となります。

実際に商品やサービスが売れるまでは報酬が得られないのが難点ですが、PCとネット環境があれば、どこでもできる仕事です。

画像の販売

ホームページや広告などに使用する画像も、最近では一般の人が撮影・作成したものをストックフォトサービスで購入して使うようになってきました。技術もさることながら、利用する側が使いやすい構図や被写体を選ぶことが成功のポイントです。

自宅に人を呼ぶ仕事

自宅で行うエステやネイルなどのサロン、学習塾や料理スクールなどの講師業も在宅起業の代表的な仕事のひとつです。一度に多くの人を呼ぶことはできませんが、予約制にすることで空いている時間を有効に使うことができます。

講師業はオンラインで行うこともできます。その場合、PCとWebカメラがあれば始められるので、さらに起業のハードルが下がりますね。

結婚相談所も在宅起業にオススメ

最近では、結婚相談所を個人で開業する人も増えてきています。意外と知られていませんが、結婚相談所のビジネスは、PCとスマホがあれば始めることができ、自宅でも開業できます。時間的な拘束が少ないため、在宅起業にオススメの仕事です。

結婚相談所をスタートするために特別な資格必要ありません。事業内容や集客方法など、基本的なノウハウがあれば誰でもスタートすることができます。また経験がない人でも、フランチャイズの代理店を展開している企業から事業支援を受けることで、スムーズな企業経営が可能です。

結婚相談所を開業するためのセミナーや説明会もある

スキル不要で副業から開業できる業種としてオススメの結婚相談所ビジネスですが、初心者の人は何から始めればよいのかわからないものです。結婚相談所ビジネスで成功するためには、押さえておくべきポイントがあります。

1対1形式でわからないことを詳しく聞ける個別説明会
https://www.ibjapan.com/form_kamei/)や、複数人で結婚相談所の開業についてのノウハウが学べるセミナー(https://www.ibjapan.com/form_seminar/)などのサービスも提供されているため、副業からの起業をお考えの方はぜひ活用してください。

まとめ 在宅起業は魅力がいっぱい!今が始めるチャンス

今回は、在宅起業についてご紹介しました。プライベートを大事にしながら、低リスクで始められる在宅起業には、会社勤めとは異なる魅力がいっぱいです。コロナ禍の影響もあり、環境も整い、今が始めるチャンスです。

ご紹介したデメリットも対応方法があるので、しっかりと理解した上で、できることからムリなく起業準備を進めていってください。今回の情報を参考に、起業の夢を実現していただければ幸いです。

起業と税金、そして税金対策について考える

起業したい女性必見!女性起業家の現状と成功の秘訣とは?

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料セミナー
集客や収益の仕組み
無料説明会で
個別相談