加盟結婚相談所:2,184社
登録会員数:65,524名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   プログラミングで起業するポイントは?役立つ言語や業界の特徴

プログラミングで起業するポイントは?役立つ言語や業界の特徴

ECサイトの増加やスマホの普及でアプリ開発の需要が増えたことなど、プログラミングで起業できるチャンスは広がっています。しかし、単に優秀なプログラマーというだけでは起業に成功できるとは限りません。そこで今回は、プログラミングのスキルを活かして起業するためのポイントや、役立つプログラミング言語、業界の特徴についてご紹介します。

プログラミングができると起業のチャンスが広がる

プログラマーとしての能力が高ければ、起業できる可能も高いです。最近では大企業だけでなく、中小企業もプログラム開発を外部に発注するケースが増えてきました。そこで、まずはプログラミング能力があるとどんなビジネスを立ち上げることができるのかについて解説します。

スマホアプリなど個人でも開発できる案件が増えている

最近では、飲食店やサービス業などの起業でも、自社のマーケティングにスマホアプリを活用する事例が増えてきました。求められる機能は必要最小限のものである場合が多く、個人でも開発できる規模のスマホアプリ案件も多いです。

プログラマーを社内に抱えている企業でない限り自社でアプリを作るのは難しいため、開発の単価は高くなっています。1案件こなすだけでも数十万円の報酬を貰える場合があるため、個人で起業してアプリ開発で生計を立てている人も多いです。まずは個人から初めて、手が回らなくなってきたら人を増やすという選択肢もあります。

自宅でも起業できる

プログラミングのスキルを活用して起業することのメリットの1つに、自宅でも起業できるということが挙げられます。アプリの開発は開発に必要なパソコンやネット環境さえ整っていればそれ以外の設備は特に不要なため、自宅でも場所をとらずに起業することが可能です。

そのため、事務所を借りることによる固定費の発生や、商品を仕入れることによる経費の発生とも無縁です。人をたくさん雇って大規模なプログラムを開発する場合を除き、最小限のビジネスモデルなら自宅でも始められるのが魅力となっています。

アプリがヒットすれば売上を上げるチャンス

起業から依頼されたアプリを受注して報酬を得る以外にも、プログラミングによる起業にはチャンスがあります。ソーシャルゲームや占いといったアプリを自社開発し、それがヒットすることで大きな収益を手に入れられる可能性があるのです。もちろん、アプリの利用者が増えればサーバーを強化したりバグの対応をしたりといった投資が必要になってきますが、アプリが大ヒットした時に得られる売上はそれを上回るほど大きいです。

受注案件で手堅く稼ぎつつ、一攫千金を狙ったアプリの開発を進めるというやり方もあります。自分の得意分野としているプログラミングや、実装したいアイデアに合わせて起業計画を立てていくのがおすすめです。

起業に役立つプログラミング言語

すでにプログラミングを仕事にしている人も、これから学習してプログラマーとして転職しようと考えている人も、重要なのがどんなプログラミング言語を学ぶかという視点です。プログラミング言語は日々進化しているため、最新の言語環境に追いついていく必要があります。以下では、起業する際に特に役立つ言語をいくつかピックアップしました。

Webサイトを制作するHTML、CSS、PHP

案件数が多く、安定した仕事の受注が期待できるプログラム言語が「HTML」や「CSS」、「PHP」といったものです。これらは、ホームページやWebサイト、ブログを構築するために欠かせない知識となっています。これらの言語を扱うプログラマーはフロントエンドエンジニアと呼ばれ、迅速に高品質なWebサイトが作れるプログラマーは市場価値が高いです。

また、最近ではECサイトを使ったネット上でのビジネスをやる企業が増えています。たとえば、美容院が美容系のサプリやシャンプーなどの通販を始めたり、クリニックが監修したサプリを通販事業として始めたりする場合が多いです。HTMLやCSS、PHPを習得していれば、こうした市場の流れに合わせてビジネス展開が可能になります。

Webツールを開発できるPerlやRuby

PerlやRubyといったサーバー系のプログラミング言語は、HTMLやCSSと並んで重宝されるプログラミングスキルです。これらの言語を使って開発されるプログラムは、主にインターネット上での新しいWEBサービスの開発や、ネットの利用を効率化するためのツールとなっています。

ホームページ制作やWebデザインよりも大規模なシステムになることがあり、またWebサービス開発は専門性が高いため単価も上がりやすい傾向です。ただし、大規模な案件の場合は1人だけで構築するのが難しいものもあります。単価や工数を考え、適切な規模間の案件を受注する見極めも大切です。

スマホアプリ開発のためのC++などの言語

スマートフォンで動くアプリの開発には、C++などの言語が役立ちます。スマホアプリを開発するための開発環境はWindowsかMacかによって異なるため、必要に応じて適切なスキルを習得することが大切です。アプリを自分で作れると、そのアプリを使ってビジネスを展開することや、アプリ開発を依頼したい企業から案件を受注することもできます。

最近は、小規模なアプリ開発であれば個人に依頼する企業も増えてきているため、C++などのアプリ開発言語をマスターしていると有利です。さらに、アプリの見た目のデザインまでできるスキルがあれば、自分1人でもかなり高単価の案件が受注できます。最近では、プログラミング技術やサービス開発スキルが学べる学習サイトやスクールも多いため、キャリアを高めたい方におすすめです。

プログラミング業界の特徴と起業時の注意点

市場での需要が高まっているプログラミング業界ですが、起業する際には注意点もあります。特に、コストに関するポイントはビジネスの成否を決めるくらい大事な項目です。以下では、プログラミング業界でスタートアップ会社として独立開業する際の注意点についてご紹介します。

大規模開発にはコストもかかる

大規模な案件は受注時の単価も高いですが、それだけ開発コストもかかることに注意しましょう。プログラマーを複数雇えば、その分だけ人件費が発生します。

また、大規模なプログラムの開発では依頼者が途中で仕様変更を希望する場合なども多く、納品完了までの時間が遅れてしまうことも少なくありません。完成まで時間がかかるほどコストも増えるため、大規模開発に必要なコストについては十分な注意が必要です。

収益が発生するビジネスモデルが必要

面白いアプリや優れたプログラムが書けるだけでは、プログラミング業界で起業するために必要な能力は不足しています。プログラムの実装力に加えて、作ったソフトやアプリをどうやって収益化していくかというビジネスモデルが必要です。

具体的には、アプリやソフトそのもので売上を作るのか、それとも無料のアプリを配布した後に何らかのオプション課金を行って収益を上げるのか、といった判断能力が大切になります。ビジネスモデルが甘いままプログラマーとして起業してしまうと、プログラム開発を頑張ってもなかなか儲からなくなってしまうため、注意が必要です。

プログラミングだけでなく経営のセンスも必要

起業する場合は、プログラムのコードを実際に書いているだけで1日を過ごすことはできません。いつどの時点で売上を立てるか、何に投資するか、どんなターゲット客をどのように集客するかといった、経営全般の作業が必要になります。

また、人を雇う場合には適切に動いてもらうためのマネジメントスキルも大切です。プログラミング能力を持っている上で、さらに経営に関するスキルを身に付けていく姿勢が必要となります。

まとめ 起業の知識を学んでプログラミングスキルを活用しよう

今回は、プログラミングで起業するためのポイントについてご紹介しました。プログラムが作れる能力があれば、個人でも起業できるチャンスが広がります。今回ご紹介した注意点を参考に、ぜひプログラマーとして創業するための準備を整えていってください。

退職して起業するまでの流れや注意点を解説

起業に向いてる人・向いてない人の特徴を解説

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら