加盟結婚相談所:2,283社
登録会員数:66,063名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

起業・独立開業について
【独立開業者のための支援ブログ】

 結婚相談所の独立開業・起業なら日本結婚相談所連盟  独立開業者のための支援ブログ   起業に必要なものは?起業前に準備しておくべき事柄

起業に必要なものは?起業前に準備しておくべき事柄

近い将来に起業する場合、起業に必要なものが何なのかが気になるところです。しかし、初めて起業する場合は何を準備すればよいかわからなかったり、会社が忙しくて時間が取れなかったりする方も多いでしょう。

そこで今回は、起業に必要なことや、起業前に準備しておくべき事柄、忙しい中でも進めておくべきことについて解説します。今後、自分でビジネスをしていきたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

起業後に絶対に必要になる事柄

まずは、起業後に絶対に必要なものや事柄について確認しましょう。何のビジネスで起業するかによって様々なパターンが考えられますが、その中でもほとんどの業種で必須の項目について以下にまとめました。起業の準備を進めたい方は、1つずつチェックしてみてください。

事業の開業届を提出すること

起業する場合に絶対に必要になることとして、開業届の提出が挙げられます。個人として起業する場合には個人事業主としての開業届の提出が必要です。また、法人として起業する場合には、会社設立のための各種書類の提出が必要になります。

開業せずにビジネスを行ってしまうと、その事業で得た収入に対してかかる所得税などを支払うことができません。税金を支払わずに事業所得を得ることは法律に反してしまうため、個人事業または法人という形で必ず開業する形となります。

なお、法人の場合は株式会社か合同会社かなど、設立する企業の形態によって提出物が変化することに注意しましょう。

税金支払いのための確定申告

起業後に確実に必要な事項の1つに、確定申告が挙げられます。会社員として給与所得のみを得ている場合は意識する機会があまりないですが、事業を立ち上げた場合はそこで発生する税金を毎年自分で計算して、税務署に提出し、納税を行う必要があるのです。この作業が確定申告と呼ばれます。

創業したにもかかわらず確定申告を避けて通ることはできません。この時、法人であれば複式簿記と呼ばれる会計上のルールに沿って書類を作成する必要があります。また、確定申告には2種類の方式があり、開業届を出すタイミングで確定申告の方法を申請する書類も必要です。

商品提供や営業、集客などの経営活動

ビジネスをスタートさせた後は、商品提供や営業活動、集客などの実際的な経営活動が必要になります。もし、開業当初から人を雇って法人を設立する計画がある場合は、雇用契約をどのような形にするかといった準備も必要です。

これらの経営活動に必要な項目については、すべてを前準備するよりも、必要に応じて実行していく形が一般的です。特に、会社員として勤めながら時間がない中で法人設立の前準備を完璧に終えておくのは現実的ではありません。多くの場合、その都度解決すべき課題を見つけて経営活動を実行していく形になります。

起業前に必要なものと、後回しで良いもの

起業する場合、好調なスタートを切るためにある程度の準備は必要ですが、中には後回しでよいものもあります。起業の前段階で終わらせておくべきことや、用意すべきものをきちんと把握して、スムーズに準備を進めていきましょう。

以下では、起業前に用意しておいた方が良いものや、反対に後回しでも問題ないものについて解説します。

開業の必要書類などは起業直前でOK

まず、開業の届出を行うための必要書類の準備は、起業する直前まで後回しで大丈夫です。法人設立をする場合、事業計画や出資者の情報などをまとめた定款を作成し提出する形となりますが、記入する事項さえ決まっていれば書類の作成にそれほど時間はかかりません。

また、場合によっては会社設立をサポートしてくれる士業の専門家に依頼することで、必要書類の準備を丸投げすることもできます。書類の提出後はすぐに事業が開始となってしまうことからも、開業関係の書類の準備は独立開業する直前がおすすめです。

開業資金は貯めておいた方が良い

起業する前に準備しておいた方が良いものとして、開業資金が挙げられます。法人設立をする場合には、株式会社の場合20万円前後、合同会社の場合およそ7万円の費用が掛かるため、最低限その費用は必要です。さらに、法人設立時には資本金という形で、事業に用いるお金を口座に振り込む必要があります。

仕入れや設備投資にお金がかかる業種で起業する場合には、300万円や500万円といったまとまった開業資金を用意しておきましょう。コンサルティングサービスや結婚相談所といった、開業資金がそれほど必要ない業種の場合でも、50万円前後の資金は用意しておく方が無難です。

万が一ビジネスで利益がでるまでに予想以上に時間がかかったしまったとしても、半年から1年くらいは生計が立てられるくらいの余力を持っておくと、成功する可能性が高まります。

クレジットカード申込や住宅ローン審査は開業前がおすすめ

独立して自営業になる前に済ませておいた方が良いのが、クレジットカードの申込や住宅ローンの審査、引っ越しなどの作業です。これらの作業では、金融機関や不動産会社による審査が行われます。この時、独立したての自営業者は、会社員よりも社会的な信用力が低くなりがちです。

自営業者として収入が安定しても、数年間は各種審査で不利な状況が続きます。そのため、会社員として勤めている段階で、引っ越しや住宅購入は済ませておきましょう。

起業準備のためには具体的な行動が大切

最後に、起業準備をする段階で大切な心構えや、押さえておきたいポイントについてご紹介します。

アイデアがあるだけでは事業にならない

準備や計画を整えることは大切ではありますが、アイデアが頭の中にあるだけでは事業はスタートしません。いかに優れた発想やアイデアがあったとしても、それを形にし、多くの人に提供しない限りは収益を得ることは不可能です。アイデアと同時に、実行に移す行動力が大切になります。

時間がない中でも出来ることから始めるのが重要

起業を志した段階で、具体的なアクションを起こしていくことが大切になります。会社勤めをして時間がなく、忙しい人もいますが、まずはその状況で以下に時間を作るかがポイントです。時間がない中でも行動できることを探したり、そもそも使える時間を増やしたりする工夫が重要です。

副業という形で今すぐスタートする方法もある

なお、事業を立ち上げる際に独立する方法もありますが、会社勤めを続けながら副業という形で起業する方法もあります。特に、個人事業主として開業するなら所定の書類を税務署に提出するだけで済むため、時間もお金もほとんどかかりません。

会社で副業が容認されているのであれば、まずは小さな規模からでもビジネスを開始することをおすすめします。ビジネスが軌道に乗り、規模が大きくなってきた段階で、独立や法人設立を考えるという手順が理想的です。

まとめ 起業に必要なものを今できる所から準備しましょう

今回は、起業に必要なものや事前に準備しておくべき事柄についてご紹介しました。起業を成功させビジネスを軌道に乗せるためには、毎日の具体的な行動が重要です。

最近では副業をしてよい企業も増えてきているほか、ネットの発達などにより個人でも開業しやすい環境が整ってきています。そのため、将来的に独立を考えている方にとっては大きなチャンスです。今回の情報を参考に、今すぐ始められる所から準備を進めていただければ幸いです。

起業に有利な学部は何学部?起業したい人におすすめの学部や支援内容を解説

起業に必要なお金はいくら?資金が少なくても起業するためのポイントを解説

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら