加盟結婚相談所:2,062社
登録会員数:64,095名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   女性の起業におすすめのビジネスをランキング形式でご紹介

女性の起業におすすめのビジネスをランキング形式でご紹介

最近では、女性起業家の活躍が話題となり、独立を考える女性も増えてきています。政府による女性起業家支援も進み、以前よりチャンスが多いです。しかし、同時に結婚や出産、育児といったライフイベントもおろそかにしたくないという人が多くなっています。

そこで今回は、女性が起業する際におすすめのビジネスをランキング形式でご紹介します。これから起業プランを考えるにあたって、どんなビジネスが自分に合っているかのヒントにしてください。

女性が起業する時に気を付けたい3つのポイント

女性起業家が成功しやすい具体的な業種についてご紹介する前に、まずは起業する時に気を付けたい3つのポイントを確認していきましょう。以下のポイントに注意して起業プランを練ることで、計画が成功する可能性が高まります。

使える時間の問題に注意

女性の場合、出産や育児と両立させるときに使える時間がどうしても制限されるという課題があります。家族やパートナーが最大限協力してくれたとしても、出産時に入院するのは女性の方です。そのため、もし育児や出産の希望がある場合には、最初から使える時間の制限を加味した事業計画が大切になります。

自分が直接作業をしなくてもビジネスが回る状態にしておけば、万が一自分の時間が取れないような状況になっても安心です。ビジネスパートナーやアルバイトスタッフに作業の一部を代行してもらうなど、使える時間が少なくても経営できるようにしましょう。

経済的な目標をベースに考える

女性起業家として成功する人の多くは、経済的な目標をベースに考えている人が多いです。男性、女性問わず、起業する人のモチベーションには2種類があり、1つは経済的・金銭的なゴール目標、もう1つが自己実現の目標となっています。

女性起業家の場合、自己実現の目標の方が経済的な目標よりも優先順位が高いという人も少なくありません。しかし、「なりたい自分像」をかなえるために経済的に苦しくなってしまうのは大変です。理想のイメージをキープしつつ、かならず金銭的なゴール目標も見失わないことが大切になります。

設備投資や初期費用を抑える

女性起業家、男性起業家問わず重要なのが、設備投資などの初期費用をできるだけ少なくするというポイントです。いきなり大きな事務所を構えたり、たくさんの人を雇ったり、大量の仕入れを行ったりすると、リスクが増えてしまいます。

特に、従業員の雇用や事務所の開設などは、毎月の固定費用が発生するため大変です。ビジネスが軌道に乗って、利益が安定して稼げるようになってから固定費がかかる投資へとシフトしていくことをおすすめします。また、必要に応じて助成金や補助金なども申請して、企業の成長に活用していきましょう。

女性起業家が成功しやすいビジネスの業種ランキングTOP5

様々なビジネスの中から、女性起業家が成功しやすい業種をランキング形式でご紹介します。今回は、育児や出産などのライフイベントが起きても継続的に運営しやすい業種という視点から、5つのビジネスを選びました。事業計画を考えるための参考にしていただければ幸いです。

5位 買い物好きなら「輸入転売ビジネス」

輸入転売ビジネスは、海外のオークションサイトやオンライン通販サイトで販売されているものを輸入して、国内のオークションサイトで販売することで利益を得るビジネスモデルです。メリットとしては、仕入れ値と売れる値段がネットで調べれば確実にわかることや、お買い物好きな人なら目利きができることなどが挙げられます。

ただし、売れなかった場合在庫になってしまうリスクや、作業時間のわりに単価が低くなってしまう点がデメリットです。海外のブランドもの情報などに敏感な方であれば、成功できる可能性が高まります。

4位 安定収入が見込める「作業代行ビジネス」

より確実な収入を見込みたいなら、作業代行ビジネスがおすすめです。これは、ネットショップの運営やSNSの運用などを、企業のスタッフに代わって代行するビジネスモデルとなります。多くの場合、作業マニュアルに沿って正確に作業していくだけで、特別な知識がなくても固定の報酬を得ることが可能です。

また、作業代行を外部に依頼しているような会社は、すでにそのビジネスがうまく軌道に乗っている可能性が高いため、長期間にわたって継続して安定報酬が得られます。決められた作業を効率よくさばくのが得意な方であれば、成功率はさらに高いです。

3位 高単価が狙える「コンサルティング・カウンセリング系ビジネス」

コンサルティング、カウンセリング系ビジネスは、高単価が狙える業種の一つです。アドバイスする内容は自分の得意分野で、困っている人が多いジャンルをおすすめします。たとえば、ファッションやインテリアデザインから、恋愛や婚活、対人関係などの心理的な相談、経験がある場合は組織運営やマネジメント、プレゼンテーションスキルの指導なども可能です。

一般に、指導者として問題解決をサポートするビジネスは、単純作業系のビジネスと比較して自給単価が高くなる傾向があります。専門知識をお持ちの方は、このジャンルで起業するのがおすすめです。何かの受賞歴や資格があるなど、高い技術力があれば成功率が高まります。

2位 経験を活かした「在宅秘書ビジネス」

在宅秘書ビジネスは、企業が依頼する様々な業務を行う業種です。一般的には、在宅秘書をあっせんしている企業に登録して、そこで紹介された案件を個別に引き受けるといった形が多くなっています。在宅秘書ビジネスと代行ビジネスとの違いは、専門性の高いスキルや経験を活かした高単価な仕事が受注できることです。

秘書の経験や高い能力がありながら、出産や育児に伴って現役から退かなければならなくなった方などのスキルや力を求める企業は多いため、ビジネスチャンスが広がっています。

1位 スキルを活かした「デザイン・制作系ビジネス」

デザイン・制作系のビジネスも、高単価で継続的な受注が可能なビジネスの1つです。動画制作やデザイン制作、プログラミングやアプリ開発といった力を活かして運営していきます。このビジネスのメリットは、デザイナーやプログラマーを雇う立場までビジネスを拡大すれば、自分自身の作業時間に関わらず売上が立てられることです。

経営やマネジメント、営業を成功させることができれば、様々なライフイベントともうまく両立させていくことができます。

起業におけるメリット&デメリット

最後に、起業する場合のメリットとデメリットについてまとめます。

メリット:時間やお金の使い方が自由になる

起業のメリットは、時間とお金の使い方の自由度がアップすることです。会社勤めだと、どうしても給与や出勤時間の制限が発生します。しかし、起業して成功すれば、時間とお金を自由にコントロールすることが可能です。

デメリット:安定した収入が得られるかどうかは自分次第

起業のデメリットとしては、安定した収入を得られるかどうかは、自分の実力次第ということがあります。もし、当初の計画通りに利益が得られなかった場合にどうするか、しっかりと考えた上で起業に踏み切るようにしてください。

リスクが少ない小規模なビジネスから始めるのがおすすめ

確実に成功させたい場合、リスクが少ない小規模なビジネスからスタートするのがおすすめです。まずは自宅に居ながら副業のような形で収入が得られるビジネスから初めて、その後軌道に乗ったら経営を拡大していくのが良いでしょう。失敗のリスクを最小限に抑えて、確実に収入を増やしていってください。

まとめ ランキングを参考に起業ジャンルを決めましょう

今回は、女性が起業しやすいビジネスについてランキング形式でご紹介しました。出産や育児とビジネスを両立させたい女性にとっては、時間が制限された中でもしっかり稼げる業種がおすすめです。今回の情報を参考に、ぜひ自分にあったビジネスモデルを決めていきましょう。

起業するならブログがおすすめ!集客のコツやおすすめブログを紹介

起業するリスク一覧と事前に考えられる対処策を解説

近日開催のセミナー情報

無料セミナーのご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら
説明会のご案内はこちら