加盟結婚相談所:1,870社
登録会員数:61,475名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【起業・独立開業】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   <50代から独立開業>起業方法をアントレなどの雑誌から情報収集してみる

<50代から独立開業>起業方法をアントレなどの雑誌から情報収集してみる

<50代から独立開業>起業方法をアントレなどの雑誌から情報収集してみる

ご自身が起業をするにあたり、情報収集をするのにとても有益な雑誌や、インターネットのウエブ媒体「アントレ」を通して代理店設立を考案されている方や、起業形態を「フランチャイズ」という将来拡張することができる方法をとりれて、募集や求人を検索されている方にとって、今回の記事は役に立つ内容になると思います。

現在ご活躍されている就職先の仕事も円満に進行しているという中、節目となる50代を迎えて、「そろそろ独立起業してみたいなぁ」と何となく感じている方はいらっしゃいませんか?「このまま会社に残って当たり障りがない業務をこなして生きていく」という、刺激が少ない時間と空間を疑問視している方も多いはずです。モヤモヤしている皆様の心の中を、一度リセットする意味でもご参考とされてください。

雑誌を活用して開業への情報を集約する

独立開業を志す際に様々な理由があると思います。「昔から一度起業して自身のスキルや可能性を試してみたかった」などの積極的な見解や、「50歳の節目にたったときに、残された人生を謳歌できるような事に取り組みたい」というような受け身的な気持ちから後押しされるような見解などその理由は様々です。

いずれの場合であっても、開業するための下調べ期間を設けることがとても大切になることはご存じだと思いますので、その調べる手法の具体例をご紹介いたします。

能動的な意識をお持ちの方にオススメする雑誌(ウエブマガジン含む)を活用する方法

現在のスキルの延長を構築していくというような意気込みで起業を考えている方は、真新しい流行の事業やこれから盛り上がりそうな業界への参入は控えた方が良いと言えます。

長きに渡り洗練されてきた技術を拡張するためにも、「起業」をキーワードと意識が高い雑誌や、開業へのヒントと取り組み、消費者を参加させる拡散型のビジネスモデルを紹介するマガジンを取り寄せ、より堅実・確実にご自身のスキルが伸びていく手法を推奨いたします。この場合、周囲からも一目を置かれるような発展性が高い事業運営自営と認められやすいため、比較的スムーズに地域に根ざしていくことができるでしょう。

受動的な意識をお持ちの方にオススメする雑誌(ウエブマガジン含む)を活用する方法

野望や興味が動機となる起業ではなく、現在は身体も仕事も健全で生きているけども、自分の人生へ多少フックになるようなインパクトが欲しい、など気持ちの振り幅が大きくない方は、個人事業主の立場としてゆったりと独立するのが良いと思います。

ライフスタイルを仕事とする方法を紹介する雑誌や衣食住の中に浸透する趣味を、週末の仕事に分配する方法を定期的に送ってくるウエブマガジンなどがあります。

現在のご職業の肩書きのまま、週末だけお店を開くオリジナル色が強いショップであったり、インターネットを介したアイテム販売など、開業のためにさほど大きな資本金を必要としないステップアップができます。この類の雑誌はとても有益な情報が写真つきで実例として紹介されているため、解りやすく未来像を描くことができることになります。

ご本人の性格にもよりますが、目の色を変えて黙々と起業へ突進するタイプではない方は、生き方の延長上に「自分らしさ」を柱としたビジネスを見つけるのがよいと思います。

ご自身に相応しいメンタルの管理と落ち着いて冷静な判断を、上記のような雑誌媒体を通して日々の生活レベルでもイメトレしておくことで急な発進にも備えることができますよね。ご家族やご友人からのアドバイスもきちんと受け入れ、開業してから皆様に支えられるような人格形成も大切になりますことを付け加えておきます。

フランチャイズ募集や代理店求人情報を活用する

どんな事業のジャンルでも開業に向けての下準備はとても大切です。

・自己資金や国民政策金融公庫、自治体の補助金制度を通した開業資金の調達
・顧問税理士の決定と採用
・出店先の物件や事業所の設営
・商材であるアイテムのニーズと今後の事業展開アイデア

などなど、事業体によって異なりはしますが一般的に準備期間中に備えておくべき項目は上記の通りです。事業計画書を準備してもアイデアが煮詰まってしまい、それ以降進行していないという方は一度上記の項目をおさらいして、ご自身の計画書に当て込んでみてください。
ご自身が生産する商材やサービスがブランドとなり起業するためには、スタート地点から商材が大人気ということではありませんよね。時間と広告宣伝費用を掛けて数年〜数十年経って初めて世間に認められるというのが通例です。その経過中の試行錯誤は血の滲むような努力と采配が無い限りうまく浸透しないのも事実です。

ですが、過去5年前ほどから大手企業の「代理店募集」や「フランチャイズ展開チェーン店募集」などの広告が目に付くようになりました。起業の時点から大企業の看板を打ち出して営業する事ができるような環境作りがされているのです。

この場合は、上記のような「一人企業としての成長」ではなく、より早く地場に浸透することが可能になるため、特に50代〜60代のサラリーパーソンが会社を辞めた際に取り掛かりやすい起業術として流行っています。

次の章ではこの、「自身の力とブランドで起業するのではなく、媒体を介して独立開業を支援するサービスを利用した際の開業術」をご紹介します。

アントレで求人募集をマーケティングして起業する

この章では下準備に於いて最も重要なマーケティング。その中でも現代的な手法として「マーケティングを媒体を介して行う方法」についてご紹介します。実際にどういうジャンルで媒体を利用したマーケティング手法が、独立開業にとって適切なのでしょうか。

皆様は独立開業やフランチャイズ、代理店などをご紹介している「アントレ」という媒体をご存じでしょうか?既に深い領域までご利用されている方も少なくないと思います。一人のアイデアで起業・開業することが基本ではありますが、アントレのような情報雑誌で紹介されているように、代理店発掘やフランチャイズ先を探している企業が全国にたくさんございます。サービスと収益のバランスを実例で紹介しつつも、無理なく低資本金で開業できることができるため、40〜60代からの起業希望者には特に信頼されている媒体です。

不動産や運輸業、輸送業など大手の名前が並ぶ業態はとても人気で、オリジナルブランドを白紙から創り上げる必要がなく、開業と同時にその大手企業の看板を背負って仕事に従事することができるため、起業後の事業への不安や収益の不安定な状況が少なく、過去の生活レベルを保持しながら将来へ歩みだすことができます。

更にフランチャイズ展開で起業までのリサーチ、マーケティングなどの資料も既に揃っているので、教科書を読むかのように整理しながら吸収することで、ヒトやモノ、お金などの情報とノウハウが身につくのもこの媒体の特徴です。

フランチャイズや代理店を請け負いで開業する際のサポートもしっかりしており、この媒体に登録し募集を募っている企業は全て優良企業と言ってもよいでしょう。開業のための資本金は少なく設定し教育的な要素が多いため、事業運営上の懸念や質問などはリピートして起業がバックアップしてくれるのも素敵だと思いませんか?

一度も媒体を観たことがないという方は是非一度ウエブサイトへ訪問して、ご自身のスキルと開業の際の目標に近い企業の情報を照らし合わせてご検討してみてください。

<50代から独立開業>起業の方法。雑誌からの情報取集、まとめ

幼少時代を高度成長期のまっただ中で過ごしてきた現在50代〜60代の皆様は、絶対的な安定という王道とも言える資本主義経済の中で生きてきております。

ゆとり世代で育ち新しい事業形態で活躍する若者なども目にする昨今の日本のビジネス市場に於いて、両極端にあるような人種が交差するような事態が国内のあちらこちらに存在しているのが事実です。

何が正解不正解という模索ではなく、ご自身の年代での独立開業を、自身が温かく歓迎するか、不安を抱えるように突き進むかは、ご本人の心の中でしかその答えは見つかりません。

前項にもございますように、メンタル面での起業に対しての心持ちをしっかりと理解し、念密な下準備を通して起業を迎える方法もあれば、アントレのような起業希望者へフランチャイズ先や代理店運営業者になるサービスを利用して起業する方法もあります。

どの手法を採用してもそれは成功までの大切なプロセスであります。一歩一歩大切な毎日を重ねて、起業までのイメージ化を厚くしていっていただきたいものです。何事にも「充分である」というパラメーターはございません。尽くせば尽くすほどシンプルに軌道を変えていくのがビジネスセンスです。この事を深く思いながら長き道を楽しんで前進しませんか?

近日開催のセミナー情報

無料セミナーのご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら
説明会のご案内はこちら