加盟結婚相談所:2,984社
登録会員数:74,934名

資料請求

起業・独立開業について
【独立開業者のための支援ブログ】

 結婚相談所の独立開業・起業なら日本結婚相談所連盟  独立開業者のための支援ブログ   起業・独立開業   起業したい女性必見!女性起業家の現状と成功の秘訣とは?

起業したい女性必見!女性起業家の現状と成功の秘訣とは?

様々なWebサイトやSNS、ブログなどで取り上げられる「女性による起業・開業・独立」というキーワード。国や地方公共団体も女性起業家を支援する様々な施策を打ち出しています。 「年齢や性別に関係なく働きたい」「趣味や特技を活かして働きたい」「家事や育児と仕事を両立させたい」といった希望をかなえることができる女性起業家としての生き方にあこがれる方も多いのではないでしょうか。今回は、女性起業家の現状と課題、おすすめの仕事について説明していきます。

女性起業家の現状

女性起業家の人数は?

まず、女性起業家の現状について確認しておきましょう。平成29年(2017年)の就業構造基本調査によると、女性の起業者は約88万人。起業者全体に占める割合は20.4%で、前回調査(平成24年)と比較すると、2.5ポイント増加しています。女性起業家の割合が20%を超えたのは調査項目に起業に関する項目が追加されてから初めてで、女性起業家の裾野の広がりが感じられます。

女性起業家はどんな業種で仕事をしている?

同じく平成29年(2017年)の就業構造基本調査によると、男女別の業種は以下のグラフのようになっています。

男性と比較すると、「宿泊業、飲食サービス業」「生活関連サービス業、娯楽業」「教育、学習支援業」の割合が高くなっています。「生活関連サービス業、娯楽業」には理美容業が含まれており、飲食店、理美容業、学習塾やお稽古事で起業している女性が多いというのは頷けるのではないでしょうか。

女性起業家が直面する課題とその解決法

女性が開業する際、「起業や経営の知識・ノウハウが不足している」「家庭(家事・育児・介護)との両立」「収益が増えない」を課題と感じている方が男性に比べて多いようです。また、男性・女性を問わず、資金調達は共通の課題です。それぞれの課題について、解決法についてご紹介します。

知識・ノウハウ不足にはセミナーを活用する

女性は男性に比べて若いうちから起業することが多く、起業や経営の知識・ノウハウに不安を持つ人が多いようです。そんな人におすすめなのが女性向けの起業セミナーです。
資金計画や収支計画の作り方、マーケティングのやり方など、起業に必要な知識をまとめて教えてもらえます。

女性向けセミナーの場合、参加者も起業を目指す女性なので、起業についての悩みを共有しやすいですし、起業後も交流を深めていくことができるでしょう。託児サービスを用意してくれているセミナーもあるので、子育て中の方でも安心です。

詳しくは、女性のための起業セミナーの上手な活用術をご覧ください。

家庭との両立には家族の理解が欠かせない

女性、特に主婦が起業する場合、家庭との両立に悩む方が多いようです。これまで通り家事や育児をしながら、起業を目指すのは並大抵のことではありません。家族とよく話し合い、家事や育児の分担を見直す、手を抜けるところは手を抜く、家事代行サービスを利用するなど、家族の理解を得ながら進めていきましょう。

主婦が起業に成功するためのポイントについては、起業したい主婦のための成功のポイントとおすすめの仕事3選で詳しく説明しています。

売上不足のときはコストを削減して利益を確保する

平成29年(2017年)の就業構造基本調査によると、女性起業者の収益は50万円未満が最も多く、150万円未満で全体の56.9%を占めます。男性起業者と比較すると違いは歴然としています。

収益が少ないのは男性と比較してビジネスの規模が小さいことが多いためなのでしょうが、小規模なビジネスでも利益率を高めれば安定した経営をすることができます。そして利益率を高める手法としては、コストを削減することが最も効果的です。自宅で開業することや時間がかかる作業を自動化できるクラウドサービスを利用して省力化し、人件費を抑えることなどを検討してみるとよいでしょう。

資金調達には女性向け融資制度を利用する

男性起業家と比較すると、女性起業家は比較的低額な費用・自己資金で開業する傾向があり、資金調達について悩むことは少ないようですが、飲食店や美容院のように、店舗を借りたり機器を用意する必要がある業種の場合は、資金調達方法を考える必要があります。

そんな時に利用したいのが、日本政策金融公庫の「女性、若者/シニア起業家支援資金」です。新たに事業を開始する人または事業開始からおおむね7年以内の人を対象とした融資制度で、女性の場合、年齢を問わず利用できます。
一般向けの新規開業資金と比較すると、利率が0.4%優遇されており、有利な条件で融資を受けることができます。

女性の起業におすすめの仕事6選

起業を目指す女性におすすめの仕事を6つご紹介します。

美容系の仕事

美容院やネイルサロン、エステサロンなど、女性をターゲットとした美容系の仕事は、これまで利用者としてサービスを利用してきたときの視点と自分の技術を活かすことができます。

美容師は国家資格なので、専門学校等で勉強した後、試験に合格する必要がありますが、ネイリストやエステティシャンになるためには、特に資格は必要ありません。
ただ、ネイリストであれば、「ネイリスト技能検定試験」や「JNAジェルネイル技能検定試験」、エステティシャンであれば「AJESTHE認定エステティシャン」や「AEA認定エステティシャン」といった民間資格があり、これらの資格を持っていることが技術を持っていることの証明となるため、資格取得を目指す人も多いです。

また、ネイルサロンやエステサロンは美容院のような大きな設備を必要としないため、自宅で開業することも可能です。

カフェなどの飲食店

こちらも女性の視点をお店作りに活かしやすい仕事です。開業するには店舗と食品衛生責任者の資格が必要ですが、調理師の資格は必ずしも必要ではありません。

最近ではデリバリー・テイクアウト専門店やキッチンカーを使った移動販売も増えてきていますが、こうした営業形態も基本的には飲食店と同様の許可が必要となります。開業予定地の保健所で許可の条件を確認しておきましょう。

講師業

学習塾や英語塾の講師のほか、ピアノや習字、茶華道などのお稽古事の先生なども含まれます。開業にあたって公的な資格や許可は必要ありませんが、教室を開講して講師をするためには所属団体の免状が必要な場合が多いでしょう。

自宅でも開業できるほか、SkypeやZoomなどビデオチャットを利用して、遠隔地の受講生に対してオンラインで講師をする人も増えてきています。

コンサルタント

講師業と似ていますが、教えるというよりは課題解決のための助言や指導を行う仕事です。開業にあたって特別な資格を取得する必要もなく、自宅でも開業できるので、コストをかけずに始めることができます。

詳しくは、人気の起業方法「コンサルタント」。コンサルタントとして起業する際に知っておきたいことをご覧ください。

ライター、デザイナー、システム開発

いずれも自分のスキルを活かせる仕事で、パソコンがあれば自宅でも開業できる仕事です。以前はクライアントをどうやって見つけるかが大きな課題でしたが、最近では、クラウドソーシングサービスを利用して、多くの依頼の中から自分に合った仕事を見つけることができるようになりました。

ただ、新規参入する人が増えているために価格競争が激しくなっている分野もあり、手間の割に報酬が少ない案件も増えてきています。高単価の案件を指名発注してもらえるように実績を積む必要があるでしょう。

結婚相談所

結婚相談所も起業したい女性におすすめの仕事です。意外と知られていませんが、結婚相談所のビジネスは、PCとスマホがあれば始めることができ、自宅でも開業できます。時間的な拘束が少なく、家事や育児の合間に無理なく業務を行うことができます。

結婚相談所を開業するために特別な資格は必要ありません。事業内容や集客方法など、基本的なノウハウがあれば誰でもスタートすることができます。また経験がない人でも、結婚相談所の連盟組織に加入することで、事業支援を受けることができ、スムーズな経営が可能です。

女性が結婚相談所を起業したときのモデルケースについては、こちらをご覧ください。

【女性起業家としての成功の秘訣】まとめ

今回は、女性起業家の現状と課題、おすすめの仕事について取り上げました。女性の場合、結婚・出産・育児・介護といったライフイベントのために会社員として働き続けることが難しい事情があります。自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶために起業する、という選択もあるのではないでしょうか。

最後に、女性起業家として成功するための秘訣をご紹介しますので、参考にしてみてください。

コストをかけない

コストがかからないビジネスは、たとえ売上が少なくても失敗することがありません。自宅での開業やインターネットサービスの活用など、コストをかけずにビジネスができないか考えてみましょう。

狭い分野で1位を目指す

言い換えれば競合のいないところでビジネスをするということです。ターゲットを絞ることでマーケティングの無駄もなくなりますし、より強いメッセージを発信することができるようになります。

気づきや「好き」を大事にする

女性起業家の多くは、日常生活の中のちょっとした気づきや「好き」から事業をスタートさせています。理論や利益では計れないものを大事にすることも成功の秘訣といえるかもしれません。

日本結婚相談所連盟では、女性の経験や感性を活かした起業も多い「結婚相談所」の開業説明会を実施しております。今のお仕事や今後の働き方に関するお悩み・ご要望などをヒアリングさせていただきながら、「どうしたら理想の働き方を実現できるか?」「結婚相談所の開業はベストな選択となるのか?」といった視点で、お一人おひとりに合わせたアドバイスとご説明を行います。ぜひお気軽にお申込みください。
無料説明会のお申込みはこちらから≫

在宅起業から始める独立開業!在宅起業におすすめの仕事を紹介

独立開業には資格が必要?起業に有利な資格について

【資格と独立】独立開業には資格が必要?起業に「有利な資格」について

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料セミナー
集客や収益の仕組み
無料説明会で
個別相談