加盟結婚相談所:3,362社
登録会員数:79,277名

資料請求

起業・独立開業について
【独立開業者のための支援ブログ】

 結婚相談所の独立開業・起業なら日本結婚相談所連盟  独立開業者のための支援ブログ   起業・独立開業   女性の「ひとり起業」、アイデアの見つけ方、おすすめの仕事とは?

女性の「ひとり起業」、アイデアの見つけ方、おすすめの仕事とは?

平成29年の就業構造基本調査によると、女性の起業家(自営業者・会社役員)の64.1%が従業者が1人、つまり自分一人で事業を営んでいるそうです。このデータから、女性の起業家が営む事業は男性に比べて小規模であるとの見解もありますが、見方を変えると女性の起業は規模以外のものを重視しているといえそうです。
今回はそんな女性の「ひとり起業」について取り上げます。

「ひとり起業」とは?そのメリットは?

「ひとり起業」とは?

文字通り、1人で事業を立ち上げることです。個人事業主として起業する方法と、会社を設立して起業する方法があります。両者の違い、メリット・デメリットについては、【徹底比較】起業するなら個人事業主と会社設立どちらを選ぶ?をご覧ください。

「ひとり起業」のメリットは?

自分の好きなことができる

「ひとり起業」の最大のメリットは、自分の好きなことができることでしょう。企業ではまだまだ年功序列や男性重視の風潮があり、女性にとっては思うように仕事ができない環境が残っています。1人で起業すれば、仕事については自分が自由に決めることができます。もちろん責任も伴いますが、自分の才能を存分に発揮することができます。

時間を自由に使うことができる

仕事のスケジュールを自分で決めることができるので、時間を自由に使うことができます。会社に勤めているとなかなか難しい平日の学校行事にも参加しやすくなりますし、混雑を避けて旅行に行くこともできます。起業することで仕事だけでなくプライベートも充実させることができます。

頑張った分だけ収入が増える

ひとり起業では、稼いだお金のすべてが自分のものになります。頑張った分だけ収入が増えますし、逆に「毎月30万円の利益が上がればいい」というのであれば、それ以上無理に働く必要もありません。従業員に給料を払い続けることは大きなプレッシャーとなりますが、そういったことも無縁になります。

何で起業するか迷ったときは?

1人で起業しようとしても、「何で起業したらよいか、アイデアが沸かない!」という方が多いのではないでしょうか。ここでは、起業のヒントをいくつか挙げたいと思います。

自分が好きなこと・得意なこと

まずは自分が好きなこと、得意なことをリストアップしてみましょう。せっかく1人で起業するのに、あえて自分が嫌いなこと、苦手なことで起業する必要はありません。これからずっと事業を続けていくのですから、自分が好きなこと・得意なことの中から選びましょう。
頭で思い描くだけでなく、実際に書き出してみて、書き出したものを他の人にも見てもらうのもよいでしょう。「自分では気づかなかったけど、こんなことが得意なんだ」と感じることがあるかもしれません。自分では当たり前だと思っていたことが、実は周りの人の役に立っているということはよくある話です。

コストがかからないもの

事業を始めるのに多額の初期投資がかかるものや、ランニングコストが高いものは避けたほうがよいでしょう。いずれも利益が出にくくなるため、経営が軌道に乗るまでに時間がかかってしまうからです。

女性が興味・関心を持っている分野を攻める

事業を行うのが女性だからということもありますが、34歳以下の単身世帯で比較すると、男性よりも女性のほうが消費支出が大きい、つまりお金を使っているのです(2021年家計調査)。また、結婚後においても、日常的な家計の管理を行っているのは女性であることが多いため、女性に対してアピールしたほうがお金が動きやすいといえます。女性が興味・関心を持っている分野としては、以下のものが挙げられます。

  • お金・ビジネス
  • 恋愛・結婚
  • 美容・健康・ダイエット
  • 子育て・教育
  • ファッション

これらの分野と自分の好き・得意を見比べて、どの分野に参入するか考えてみるとよいでしょう。

女性の「ひとり起業」でおすすめの仕事

具体的なおすすめの仕事の例としては、以下のようなものがあります。

サロン系

ネイルサロン、エステサロン、リラクゼーションサロン、マッサージなど、お客さんに施術するサービスです。上記の5分野の中では、美容・健康・ダイエットの分野です。
訪問サービスにすれば店舗は不要ですが、業態によっては資格が必要だったり、機械や器具が必要なものがあるので、開業のハードルはやや高めです。

教室系

学習塾、英会話教室など、お客さんに教えるサービスです。上記の5分野の中では、子育て・教育の分野です。
子ども向けのサービスのほか、大人向けの料理教室などもここに含まれます。これまでは教室を確保する必要があったため、初期コストがかかりましたが、Zoomなどのオンライン会議サービスを利用することで、時間や場所を気にせずに教室を開くことができるようになりました。

販売系

ネットショップでハンドメイドアクセサリーを売ったり、商品を仕入れて実店舗で販売するといったものが含まれます。販売する商品によって、ファッション、美容・健康・ダイエット、子育てなどの分野が当てはまることになるでしょう。
立ち上げ直後は在庫を抱えると負担が重くなるので、在庫を持たずに商品を販売できるドロップシッピングを利用したり、実際の販売は別の業者に任せて集客だけを担当するアフィリエイトで始め、ノウハウを蓄積するのもひとつの手です。

コンサルタント・カウンセラー系

お客さんの話を聞き、解決・改善の方法を提案する仕事です。ファイナンシャルプランナーや臨床心理士といった資格があると有利ですが、必ずしも資格がなければできない仕事ではありません。「他の人が知らない私だけのノウハウ」を持っていると強いので、そうしたものがないか、周りの人に聞きながら探してみましょう。

スキル提供系

ライター・デザイナー・プログラマー・動画制作など、自分が持っているスキルを提供してお金をもらう仕事です。クラウドソーシングサービスが広く知られるようになり、リモートワークの環境も整ってきたことから、直接相手と会わなくてもよい仕事も増えてきました。スキルを持っている人にとっては、どこに住んでいるかを問わず受注できるようになってきました。

結婚相談所

まさに恋愛・結婚に直結するビジネスです。自宅でも開業できるため初期投資が少額で済み、ランニングコストも低いので、利益率も高いです。特別な資格がなくても始められるので、開業のハードルも低めです。
会員数が増えると収入が増えるストック型のビジネスなので、安定した収益が期待できます。

「ひとり起業」の成功のポイント

最後に、ひとり起業を成功させるポイントをいくつかご紹介します。

人とのつながりを大事にする

1人で事業を行うことは、気楽である半面、孤独でもあります。同じような立場の起業家、先輩起業家、話を聞いてくれる友人・家族など、人とのつながりを大事にすることは成功のポイントのひとつといえます。

起業家に必要なスキルを身に付ける

どのような事業を行う場合であっても、起業家にとって必要なスキルが2つあります。会計のスキルと集客のスキルです。
細かいところは税理士に任せるとしても、売上と利益の関係、固定費・変動費・損益分岐点といった会計の基本的な考え方は身に付けておいて損はありません。
集客については、まずWebを利用した集客方法を身に付けましょう。ブログやSNSを利用した集客は低コストで始めることができます。

こうした仲間探しやスキル獲得には、セミナーの利用が効果的です。ただ、中には高額な教材を買わせることを目的としたセミナーもあります。上手なセミナーの利用方法については、女性のための起業セミナーの上手な活用術をご覧ください。

まとめ

今回は、女性のひとり起業にスポットを当てて起業のヒントや成功のポイントなどをご紹介しました。結婚、出産、育児といったライフイベントに合わせて働き方を調整しやすいひとり起業。自分らしい生き方をするために挑戦してみませんか?

日本結婚相談所連盟では、「結婚相談所」の開業説明会を実施しております。今のお仕事や今後の働き方に関するお悩み・ご要望などをヒアリングさせていただきながら、「どうしたら理想の働き方を実現できるか?」「結婚相談所の開業はベストな選択となるのか?」といった視点で、お一人おひとりに合わせたアドバイスとご説明を行います。ぜひお気軽にお申込みください。
無料説明会のお申込みはこちらから≫

女性でも安全に稼げるおすすめのスマホ副業9選

起業のリスクを正しく理解し、低リスク起業を実現しよう!

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料セミナー
集客や収益の仕組み
無料説明会で
個別相談