加盟結婚相談所:2,102社
登録会員数:64,257名

  • 独立開業
    専用ダイヤル

  • 東京本社050-1742-0376

  • 関西支社050-1746-9509

  • 東海支社050-1744-9504

※開業以外のご相談は承ることができませんので、ご了承くださいませ。(受付時間:10:00-19:00)

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【お金やお得な制度】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   起業時に役立つ補助金・助成金制度についてメリットや注意点を解説

起業時に役立つ補助金・助成金制度についてメリットや注意点を解説

起業時に必ず必要になる事業資金ですが、自分で用意した貯金以外にも活用できるお金があります。それは、補助金や助成金と呼ばれる起業支援のための資金です。今回は、国や地方自治体、民間企業が用意する経済的なサポートを活用する方法についてまとめてご紹介します。

起業資金をサポートしてもらえる補助金・助成金制度とは?

まずは、補助金や助成金と呼ばれる制度はどのようなものなのか、確認していきましょう。補助金や助成金などの金銭面でのサポートは、起業時だけでなく、会社設立後の事業拡大にも活用することが可能です。また、個人事業主の創業融資としても活用できます。

国や地方自治体が起業支援のための補助金を用意している

事業者や経営者のために補助金や助成金を用意している団体は、国や地方自治体、民間企業といった組織です。日本で活躍する起業家を増やして産業を豊かにすることで、国内の市場全体を活性化させる目的があります。

起業時に受けられる資金面でのサポートの中には、返済が不要なものもあるのが特徴です。申請した用途でお金を使えば、返済する必要がないため、少ないリスクで事業拡大をすることができます。中には、返済期限が決まっているタイプの基金もあるため、利用する際には応募条件をきちんと確認するようにしましょう。

補助金や助成金、金融機関からの融資の違い

ビジネスを支援するための仕組みとして知られる補助金・助成金や金融機関からの融資ですが、これらにはいくつかの違いがあります。まず、補助金と助成金は両方とも返済が不要ですが、金融機関から融資を受ける場合には利息を含めて返済が必要です。

補助金と助成金の違いとしては、補助金が新規事業の創業や事業拡大のための設備投資などをサポートする制度なのに対して、助成金は雇用や職場環境の改善をサポートする制度であるという点が挙げられます。中小企業者が従業員を増やすためのサポートは助成金の役割です。

また、補助金は受給に際して審査が必要ですが、助成金は応募条件を満たしていれば誰でも受け取るできることも違いの1つです。補助金を利用する場合は、事業計画書などの審査書類を提出する必要があります。そのため、専門家からのサポートを受ける経営者も多いです。

起業時に申込条件を満たしている補助金があるか要チェック

起業時の資金サポートとして利用できる補助金ですが、申込には一定の条件が設けられています。条件をクリアしていないと応募できないことと、申込条件をクリアしていたとしても、その後の審査に通らなければ支援を受けられないことに注意してください。

まずは、起業時に申込条件をクリアできる補助金があるかどうかをチェックするのがおすすめです。起業時に補助金による支援を受けられる事業には一定の条件があり、地域の産業発展に貢献する事業であるかどうかや、二酸化炭素削減やごみの削減など環境改善に役立つ事業かどうかといった点が重要になります。

起業時に補助金を活用するメリットおよび注意点

起業時に補助金を活用する場合には、メリットだけでなく注意点もあります。また、補助金を受け取るためには事業計画に関する書類や申し込み書類を用意する必要があるため、きちんと準備をしておくことも大切です。

補助金を使えば起業後にスムーズな事業拡大が可能

起業時に補助金によるサポートを受ける最大のメリットは、スムーズに事業拡大を進められることです。事業に必要な設備投資や販促費、技術開発費といった資金が多くできるほど、短期間でビジネスを大きくしていくことができます。

特に、製造業や店舗ビジネスなどの業種では初期費用が多くかかるため、自己資金だけですべてをまかなうのは現実的ではありません。小規模から初めてビジネスを拡大していくか、起業に際して利用できる補助金を使って事業拡大を加速させるかの意思決定が必要です。

自己資金がゼロだと補助金を活用できないため注意

起業に必要なお金をサポートしてもらえる補助金制度ですが、自己資金が全くない場合には利用が難しいためご注意ください。貯金などの自己資本が全くない状態で補助金を活用するのが難しい理由は主に2つです。

まず、補助金を受給できるタイミングは後払いとなっていることが挙げられます。まず最初に必要な支出を自己資本から支払った上で、あとからお金が返ってくるのが、補助金のシステムです。さらに、補助金や助成金は事業にかかる経費の内、何割かを負担してもらえるという仕組みとなっています。そのため、元手が全く用意できない場合には、補助金を受け取ることができません。

できるだけ初期コストを掛けずに起業するのがおすすめ

起業時に補助金を利用する際にはメリットだけでなくデメリットもあるため、出来る限り初期コストを掛けずに起業することをおすすめします。製造業や飲食業など、創業時に多額の初期投資が必要なビジネスは、もしも失敗してしまった場合に受けるダメージも大きくなるからです。

最近では、初期費用をほとんどかけずに起業できるような業種や業態も増えてきています。プログラミングやコンサルティングといった個人の技量を活かして独立するビジネスや、資格や設備がなくても始められる結婚相談所ビジネスなどがおすすめです。

起業のために活用できる補助金の調べ方

最後に、起業のために活用できる各種補助金の調べ方についてご紹介します。補助金を用意している団体によって申込条件や申請方法が異なるため、活用できる補助金がどれなのかをきちんと調べておくことが大切です。

東京や大阪などの補助金・助成金制度はポータルサイトで調べられる

東京や大阪といった都市部では起業する人の数も多いため、補助金や助成金のシステムが充実しています。東京都や大阪府が開設しているポータルサイトにアクセスすれば、補助金や助成金に関する情報や募集中の補助金一覧を調べることが可能です。

東京都が用意している起業支援のための補助金は、東京都創業NETというポータルサイトで調べられます。このほか、東京都では創業助成金や東京都中小企業融資といったシステムを活用することが可能です。

大阪府が用意している融資関連の情報は、オール大阪起業家支援プロジェクトというポータルサイトで確認できます。資金調達に役立つ情報だけでなく、ビジネスコンテストや起業家のためのセミナー、イベント情報もまとまっているのが特徴です。

民間企業による補助金や助成金は募集開始をネットでチェック

地方自治体が用意している補助金や助成金の制度以外に、民間企業が用意している各種サポートも最近では増えてきています。三菱グループやソフトバンクグループなどの大企業が、新たなビジネスプランを持った社長を支援するための財団を用意しているのが有名です。

民間企業による補助金や助成金は、募集開始のタイミングや募集期間がそれぞれ異なります。そのため、各グループが公開している起業支援情報をネットでチェックして、応募できそうなものに関する情報を集めておくのがおすすめです。

税理士や中小企業診断士のサポートを受けるのも効果的

自分の力だけで起業時の補助金情報を集めるのが難しいと感じる場合には、税理士や中小企業診断士といったプロのサポートを受けるのも役立ちます。起業時の資金調達に強いプロフェッショナルの力を借りることで、スムーズな事業拡大が可能です。労働者の雇用を拡大したり、設備投資をする場合の資金調達は専門家への依頼もご検討ください。

まとめ 起業時の資金調達に補助金制度を活用しましょう

今回は、起業時の資金調達に役立つ補助金制度についてご紹介しました。今後、自分自身で会社を設立して独立開業しようと考えている方は、応募できそうな補助金制度があるかどうかぜひ確認してみてください。

起業時に必要な貯金額は?目安や起業時にかかる費用について解説

会社設立して起業に成功するための重要ポイントを解説

将来起業する場合に役立つ資格やメリット、起業前にやっておくべきこと

近日開催のセミナー情報

人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料説明会のご案内はこちら