加盟結婚相談所:1,749社
登録会員数:58,851名

東京本社
050-1742-0376

関西支社
050-1746-9509

東海支社
050-1744-9504

お電話受付時間:10:00-19:00

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【コラム】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   【起業の方法】会社の設立方法について詳しく解説

【起業の方法】会社の設立方法について詳しく解説

【起業の方法】会社の設立方法について詳しく解説

一つの企業に生涯身を注いで働くということが昔と比べて少なくなってきました。クラウドソーシングやマッチングサイトなどの出現により働き方が変わってきているようです。

そんな中、企業に勤めずに働くという選択をする方が多くなってきており、中には起業をしたいという方もいるでしょう。

今回は、そんな、起業をしたい方に向けて、起業の方法について詳しくご紹介していきます。

起業の方法。まずはどんな形で起業をするか考える

起業をしたいと思った際に、まず考えるのは会社を興すことではないでしょうか。

一般的に起業と聞くと株式会社を想定する方が多いと思いますが、起業をするには株式会社ではなくても別の方法もあります。

例えば、合同会社を立ち上げる、個人事業主として起業する、一般社団法人などを設立することも起業の一つとなります。

まずはご自身がやりたいことを明確にし、株式会社でやっていくのか、合同会社が良いのか、はたまた個人事業主としての方がメリットがあるのかを考えた上で開業することが必要となります。

どのような形態で起業するかが明確になれば、そのための準備にかかります。

起業の方法。起業をするための準備

起業をするために事前に準備しておくと良いことはどのような事でしょうか。

ここでは企業に必要な準備をご紹介していきます。

株式会社を設立する場合

株式会社を設立するために必要な準備としては、以下の物があります。

・会社名(商号)
※お店をやる場合には屋号も考えておきましょう。
・事業目的
・所在地
・資本金額
・資本金集め
・機関設計
・会社の印鑑
・個人の印鑑証明
・設立に必要な費用を用意

起業するというのは様々な準備がありますね。
これらの用意をしておくと良いでしょう。

合同会社を設立する場合

合同会社は株式会社と比べて用意するものは少なくて済みます。

・事業目的
・所在地
・出資金集め
・機関設計
・会社の印鑑
・代表社員の印鑑証明
・設立に必要な費用を用意

合同会社の場合は出資者の印鑑が全員分必要となります。

一般社団法人を設立する場合

一般社団法人を設立する場合には、以下の準備が必要です。

・定款認証
・登記書類作成
・2名の社員、1名以上の理事選任
・設立費用

一般社団法人の場合は、設立用として11万円が必須となります。

個人事業主として開業する場合

個人事業主の登録をする場合は、以下の準備が必要です。

・屋号
・事業内容
・開業届
・青色申告承認申請書

上記だけとなります。
個人事業主の場合は特に簡単のようです。

起業の方法。実際に起業する流れ

起業の方法。実際に起業する流れ

ここでは、実際に起業する場合の流れについてご紹介していきます。

株式会社の起業の流れ

1.会社設立準備
設立項目の決定(商号など)や印鑑の作成などが必要です。

2.定款の作成・認証
株式会社設立のための定款の作成とその認証手続きが必要になります。

3.登記書類作成
株式会社設立のための資本金の払い込みと各種申請書の作成が必要となります。

4.会社設立登記
株式会社設立のための登記申請と登記簿謄本の取得が必要となります。

5.開業の届け出
銀行口座の開設や税務署への申請が必要となります。

これらから大枠の流れです。
株式会社を設立するためには事前に準備をしておきましょう。

合同会社の起業の流れ

1.会社設立準備
設立項目の決定(商号など)や印鑑の作成などが必要です。

2.登記書類作成
合同会社設立のための資本金の払い込みと各種申請書の作成が必要となります。

3.会社設立登記
合同会社設立のための登記申請と登記簿謄本の取得が必要となります。
※株式会社設立よりも書類の内容は少ないです。

4.開業の届け出
銀行口座の開設や税務署への申請が必要となります。

一般社団法人の起業の流れ

1.社員確保・理事選任
2名以上の社員を確保し、理事を1名以上選任します。

2.定款作成・認証手続き
一般社団法人設立に必要な定款の作成をします。

3.登記書類作成
一般社団法人設立登記申請書の作成などを行います。

4.税務署・役場などに書類申請
法人設立届出書などを提出します。

上記が大枠の流れとなります。

個人事業主の起業の流れ

1.開業届を提出

2.認可を受ける

以上となります。

個人事業主の登録が一番簡単のようですね。

まとめ

これまで、起業するための準備や方法、種類などについて触れてきました。

起業の経験が無い方は初めは資金の少ない個人事業主や合同会社、一般社団法人などの起業が良いでしょう。会社に勤めている時と違い、代表になるということはリスクもあります。

株式会社として一から始めると、ノウハウや経験などが少ない中で、うまくいかないこともあるでしょう。

まずは少ない資金で初め、ビジネスを大きくしていくことが成功する秘訣の一つではないでしょうか。また、フランチャイズなどノウハウが既にあるものについても、起業しやすいタイプの仕事と言えそうです。

初めての起業する方で、業界が決まっていない方には、小さく始めて大きなビジネスが出来る結婚相談所の仕事をおすすめいたします。

結婚相談所の開業は始めやすく、人に喜ばれる仕事です。

日本結婚相談所連盟では起業したい方に向けて、定期的にセミナーや、個別説明会を開催しています。起業・独立開業の選択肢に「結婚相談所での独立開業」も検討してみませんか。

近日開催のセミナー情報

無料セミナーのご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

セミナーのご案内はこちら
セミナーのご案内はこちら