加盟結婚相談所:1,790社
登録会員数:59,677名

東京本社
050-1742-0376

関西支社
050-1746-9509

東海支社
050-1744-9504

お電話受付時間:10:00-19:00

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【コラム】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   「起業って大変そう…」起業したいけど出来ない人の心のブレーキ

「起業って大変そう…」起業したいけど出来ない人の心のブレーキ

「起業って大変そう…」起業したいけど出来ない人の心のブレーキ

「もっと家族と過ごせる時間がほしい」
「将来お金の心配をせずに過ごしたい」
「会社でこき使われていて、心がすさんでくる・・・」
「満員電車に乗るのはもう嫌だ!!」

そう考えて、「よし、起業しよう!」と考えている人も多いでしょう。

世間では起業家が増えているとか、簡単に起業できるとか言っているけど本当なの?
本当なら起業したいな、でも何をすればいいのか分からない、と考えている人が多いのも事実です。

起業するのは、思ったよりも簡単なんです!

「え~?お金がないと無理でしょ?」
「人脈も、アイデアもないし・・・」
「会社設立って大変そう」

と思っていませんか?

確かに会社設立するとなると、手間もお金もかかりますが、起業するのに必ずしも会社設立する必要はありません。個人事業主として事業を始めることも出来ます。

「起業したい」と決めた時の心構えを確認

現在「起業したいと思う人」は「実際に起業した人」の10倍いると言われています。

ではなぜ「起業したい人」は起業しないのでしょうか?

「起業したいけど、資金がない」
「起業したいけど、家族に反対される」
「起業したいけど、どうしたらいいのか分からない」
「今の仕事が自分に合わないから、起業したい」
「好きなことを仕事にしたいから、起業したい」
「就職したくないから、起業したい」

など、起業できない理由を言い訳にして、ブレーキがかかった状態の人が多くいます。一方「実際に起業した人」は、まずは行動してみる人がほとんどです。

その違いは何でしょうか?

「実際に起業した人」は、自分のやりたいことが明確で、目的もはっきりしているので、行動して、結果を検証し、次の行動につなげることが出来るのです。

一方「起業したい人」は「なんとなく現状を良くしたい」人が多いように感じます。

「なんとなく」ではなく、将来どうなりたいのかを考え、目標を持たなければ、起業するための一歩を踏み出すことが出来ないでしょう。

目標によっては、起業でなくても部署の変更や、転職でもいい場合があります。

まずは、起業するしないは置いておいて、自分が将来どうなりたいのかを考えてみましょう。

「起業する」ことを目標にしない

「起業したい人」は「起業する」ことが目的になっていませんか?

「起業する」ことが目的だと、起業したことで満足して、後が続きません。起業した後どうなりたいのかをしっかり考えて下さい。会社を辞めて起業したけど、収入が無くなったりしたら生活が一変してしまします。

会社設立するには、それなりに時間もお金も必要なので、会社勤めをしながらでは難しいところはありますが、個人事業主としては何とかやっていけるでしょう。
もちろん、勤め先の承諾があればとなりますが、個人事業主として起業した後でも、会社設立できますので焦らなくても大丈夫です。

目標が「家族と過ごす時間を増やしたい」だけであれば、無理して起業しなくても、残業のない部署にしてもらうことで目標を達成できます。

起業することによって、かえって時間がとられてしまい、家族と過ごせなくなってしまうことも考えられますので、目標を達成するために、起業することが本当に必要かどうかを考え直してみてください。

「起業したい」と思った時に知っておく起業のリスク

会社設立するにしても、個人事業主として起業するにしてもそれなりにリスクが伴います。

会社勤めをしている時にはあまり気にしていない税金や保険料など、起業したらすべて自分で負担しなければなりません。

勤めている会社が倒産してしまったとしても、給料が貰えなくなるだけですが、個人事業主が事業破綻すると、受けていた融資などはすべて個人事業主の借金として残ります。

会社設立した場合、業績不振で赤字だったとしても、払わなければいけない税金などがあります。そんなことを聞くと、起業するのが怖くなってしまうかもしれませんが、起業する前に現実を把握しておくことも大切です。

もちろん最初から軌道に乗って、利益が出てくれればそれに越したことはありません。

副業で簡単に始められる転売にしてもビジネスです、売れてなんぼの物なので、当然売れるものを出品します。起業も同じで、自分の目標を達成するためにどうしたらいいかを考え、当然利益が継続しなければいけません。リスクをリスクのままにするか、逆に奮起してリスクを抑えて起業するかは企業を志す人次第です。

まとめ

「起業したいけど・・」と考えているなら、まずは目標を決めましょう。決して「起業する」ことを目標にしないでください。

自分が将来どうなりたいのか、目標が決まったら、次は方法です。起業するのか、部署の変更や転職でいいのか。起業するなら、会社を設立するのか個人事業主になるのか。資金はどのくらい必要か。会社を設立するにはどんな手続きが必要か、設立費用はどのくらいか。

など、どちらにしても、目標が決まらなければ進むことが出来ません。

明確な目標があれば、次に何をすればいいのかが見えてきます。考えすぎて石橋をたたいてたたいて割ってしまっても困りますが、ただやみくもに起業しても継続出来なければ、起業した意味がありません。

目標がまだ見えない、どんな業種が良いかわからないという方に一度検討した頂きたいのは「結婚相談所」です。

結婚相談所?と思われた方も多いと思います、人を幸せにすることが仕事として行えます。

人を幸せにすることでやりがいもあり、そしてビジネスも大きくなりやすい。そんな仕事が結婚相談所の仕事です。「結婚相談所」も起業の選択しとして検討してみませんか。

まずはお気軽に日本結婚相談所連盟の開業セミナーや個別説明会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

近日開催のセミナー情報

無料セミナーのご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

セミナーのご案内はこちら
セミナーのご案内はこちら