加盟結婚相談所:1,749社
登録会員数:58,851名

東京本社
050-1742-0376

関西支社
050-1746-9509

東海支社
050-1744-9504

お電話受付時間:10:00-19:00

お電話

独立開業者のための支援ブログ
起業に役立つ情報が満載【コラム】

 日本結婚相談所連盟の独立開業・オーナー募集  独立開業者のための支援ブログ   大学生でも起業は出来る?学業&仕事の両立について

大学生でも起業は出来る?学業&仕事の両立について

大学生でも起業は出来る?学業&仕事の両立について

起業家と呼ばれる人たちの中で、「学生起業家」という人たちがいます。

その名の通り、学生として学校で勉強しながら起業するということで、学生起業家として成功した有名な人としては、孫正義・堀江貴文・ビルゲイツ・マークザッカーバーグなどが挙げられます。このような起業家を目指して大学生の時に起業することや、中には高校生のうちに起業するという方もいるようです。

では、大学生で起業をするのはどのような仕事があるのでしょうか。

ここでは、大学生の起業について、学業との仕事の両立や、学生の頃に起業をしておくと良いこと、起業しやすい業種などをご紹介していきます。

大学生の起業は可能か?

そもそも、学生に起業は難しいのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。学生でも時間をうまく使うことや、仕事の内容によっては起業することも可能です。

大学生の時は、課題やレポートなど提出するものや勉強しなければいけないことも沢山ありますが、その中でも部活動を行ったり、バイトをしたりする人も多いでしょう。サークルや友達との付き合いで時間を多く使う人もいるでしょう。

しかし、その時間を会社運営に充てれば起業や会社設立をして会社を運営していくことは難しくありません。その代りに、部活や遊びの時間は社会人と同じように控える必要は出てくるでしょう。

しかし、学生時代の起業経験は大学を卒業した後でも間違いなく生かすことができ、将来のやりたいことや実現したい夢などより具体的に見えてくることでしょう。

大学生の頃から起業をしていると良い点

大学生の頃から起業しているとどのような点でメリットがあるのでしょうか。まず、メリットから見ていきましょう。

メリットとしては、以下のような点があります。

・仕事が見つかりやすい
・やりたいことがみつかる
・経験値になる

大学生の時に起業しておくと、仕事が見つかりやすいという点があります。

仕事が見つかりやすいというのは、起業した経験をもとに、就職先が決まりやすかったり、起業したときに作ったコネクションにより就職先が見つかりやすかったりする部分です。

起業している人と起業していない人では、会社というものや組織というもの、そして売上を創っていくということへの意識や感覚が違ってきます。様々な困難は生まれますが、それ以上にプラスになる面が多いでしょう。

そして、起業して見えてきたものを通して、本当にやりたいことが見えてくるはずです。ぼんやりと表面的に見えていたやりたいことが、より具体的に可視化していけるはずです。

また、それらの経験値は生涯消えることのない経験値に繋がります。社会人になる前に起業を経験することは、通常のステップよりもスタートラインが既に違うため、周りとの差も生まれるでしょう。

大学生の頃から起業をするデメリット

では、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

デメリットは以下のようなものがあります。

・遊ぶ時間が減る
・友達との付き合いが減る

これらがデメリットかどうか、ここは本人次第ですが通常の大学生活と違い、起業する大学生には学業と企業という二足の草鞋は履くことになります。そのため、遊ぶ時間や友達との付き合いの時間などは間違いなく減ることになります。

しかし、友達との付き合いは減っても、意識やレベルの高い人と会う時間も多くなることでしょう。
そして、そのような人々と合っていることで、周りの環境が変わり、自分の意識や見えてくる世界が変わることでしょう。

大学生で起業できる業種は?

では、大学生の時に起業をするにはどのような業種が良いのでしょうか。

ここでは、業種についてみていきましょう。

・プログラミング

大学生の起業でまず思い浮かべるのはプログラミングなどのIT業界ではないでしょうか。孫正義さんも堀江貴文さんもビルゲイツさんなども全てIT業界と繋がっています。IT業界はベンチャー企業も多く、ビジネスモデルを確立しやすい業種と言えるでしょう。

・デザイナー

デザイナーには様々な仕事があり、商業デザインや工業デザインなど、デザインにも種類があり、デザイナーは年齢や性別に囚われずクライアントが求めるデザインを制作できる人が求められています。今では、昔と違ってクラウドソーシングによる個人への依頼も多いため、学生でもデザイナーとして活躍できる機会が多くなっています。

・代行サービス

大学生の頃は資金が無い方が殆どです。代行サービスによるネット販売などは比較的起業しやすい業種と言えるでしょう。在庫を抱える必要が無いため、初期投資も少なく、始めやすい仕事と言えそうです。

まとめ

ここまで、大学生の起業についてご紹介してきました。
大学生の起業は不可能ではなく、時間をうまく使って業種を選択すれば可能ということをお伝えしてきました。

大学生での起業。学生ならではのメリットデメリットもあります。じっくりと腰を据えて考えてみてください。

近日開催のセミナー情報

無料セミナーのご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

セミナーのご案内はこちら
セミナーのご案内はこちら