加盟結婚相談所:3,039社
登録会員数:75,191名

資料請求

結婚相談所の連盟とは
連盟に加盟するメリットと選び方

全国の相談所と会員を結ぶ
結婚相談所の連盟組織

日本結婚相談所連盟 全国の相談所と会員を結びます

結婚相談所を開業する際は、連盟に加盟するのがおすすめです。
連盟に加盟することで、加盟相談所同士で会員データベースを共有し、自社の会員と他の相談所の会員でお見合いが組めます。自社の会員が1人だとしても、お相手を探し成婚を生み出すことができるのがメリットです。
結婚相談所の連盟はいくつかありますが、それぞれ規模やサポート内容が異なりますので、よく比較検討してから加盟することが重要です。

各連盟の違い

結婚相談所の連盟組織は大小合わせて全国に10以上あり、それぞれが結婚相談所の独立開業支援を行っています。
各連盟の会員数・成婚数・加盟社数などの規模や、開業時に気になる加盟金・事業継続率・サポート内容をまとめました。

日本結婚相談所連盟
(IBJ)
全国結婚相談事業者連盟
(TMS)
NOZZE 日本仲人連盟
(NNR)
日本仲人協会
会員数 75,191名 約43,000名 ※ 約65,000名 ※ 約55,000名 ※ 約10,000名
成婚者数(2020年) 12,249名 2,477名 非公表 非公表 非公表
お見合い成立数
(月間)
46,286件 平均4,073件 ※ 非公表 非公表 非公表
加盟社数 3,039社 1,540社 ※ 非公表 約750社 約1,800社
加盟金(税抜) 個人 160万円
法人 320万円
75万円 Aコース 150万円
Bコース 100万円
Cコース 70万円
60万円 0円 ※
事業継続率 98% ※ 92% ※ 非公表 非公表 非公表
お見合いシステム
(加盟店向け・会員向け)
webシステム
スマホアプリ
webシステム webシステム webシステム webシステム
研修・サポート あり
月間25本開催/動画55本
あり
年間件数不明
あり
年間件数不明
あり
年間件数不明
不明
販促物 パンフレット、名刺、
婚活ウェディングブック等
無料チラシ(テンプレート)、
パンフレット
あり
本部が用意
不明 不明
HP制作 サポートあり
※パートナー会社のご紹介
不明 あり
無料で制作
不明 不明
信頼性 プライバシーマーク取得
JMIC加盟
東証一部上場企業が運営
JMIC加盟 プライバシーマーク取得
JMIC加盟
JMIC加盟 NPO法人
全国結婚相談業教育センター
正会員
IBJ数値:会員数は2021年12月時点。お見合い成立数・加盟者数は2021年12月実績。成婚者数は2020年実績(システム外での成婚者を含む)。事業継続率は2018年~2020年の新規開業社数のうち退会社数の割合で算出(1,813社中、退会社36社)
各社数値:各社ホームページ(2021年10月1日時点の公開情報)より抜粋
全国結婚相談事業者連盟(TMS):提携先であるSCRUM(スクラム)の会員・加盟店を含む。成婚者数はシステム外での成婚を含む。お見合い成立数は2020年実績48,876件を12ヶ月平均値として算出。事業継承率は2015年1月〜2019年8月に新規開業(87社)のうち事業を継続できている割合(休止事業者を含む)。
NOZZE:提携先であるCONNECT-ship(コネクトシップ)、良縁ネット、FACE TO FACE仲人連盟、結婚社会学アカデミーの会員を含む
日本仲人連盟:提携先であるSCRUM(スクラム)、CONNECT-ship(コネクトシップ)の会員を含む
日本仲人協会 加盟金:指定の講座受講から1週間以内の開業の場合。以降は45万円が必要。加盟金のほか、別途ホームページ利用料3万円が必要。
JMIC:一般社団法人 日本結婚相手紹介サービス協議会

各連盟の特徴がわかったところで、では実際にどのような観点で比較検討し、加盟する連盟を選ぶとよいのでしょうか?

加盟する連盟を選ぶ際の5つのポイント

1

会員数・お見合い数・成婚数が多いこと

会員数・お見合い数・成婚数が多いこと

収益を生み出すには、まず会員に入会してもらうことが必要です。
会員が入会時に検討する主なポイントは「どれだけの人がいるのか」「入会して結婚できそうか」の2つ。つまり、会員数やお見合い数、成婚数が多い連盟であることが、会員の入会につながりやすいということ。
また、会員数は現在の会員数だけでなく、新規入会者数にも着目を。新規入会者が多いということは、会員にとってそれだけ新しい出会いのチャンスがあるためです。
成婚数や新規入会者数の実績が公表されていない連盟については、説明会等で確認しておくとよいでしょう。

 
2

システムが使いやすく安全性が高いこと

システムが使いやすく安全性が高いこと

相談所が使うシステムと、会員が使うシステム、その両方が使いやすいことがポイントです。システムがあるだけでなく、時代や会員・相談所のニーズに合わせた機能追加・改修が常に行われているかも重要です。
また、相談所はデリケートな個人情報を扱うので、セキュリティ対策がされているかどうかもチェック。特に相談所のシステムはログイン時に2段階認証や指紋認証などで対策がされていると安心です。

 
3

研修が充実していること

研修が充実していること

開業前に1~2日集中研修をしても、実際に相談所を運営していくとわからないことが出てくるもの。
研修やセミナーへの参加しやすさや開催頻度も大事なポイントです。
副業や地方での開業を検討している場合は特に、研修がオンライン受講可能か、動画で学べる教材があるのか等も予め確認しておきましょう。
開業後は結婚相談所同士の横の連携も必要になってきます。懇親会等の行事だけでなく、加盟相談所が主体となった勉強会が定期的に開催されているとよいでしょう。先輩開業者からリアルな現場ノウハウを学ぶことができます。

 
4

本部の信頼性が高いこと

本部の信頼性が高いこと

事業を継続するためには本部の信頼性も重要です。
運営会社の経営状態や事業の見通しも、開示情報などで確認しておきましょう。
また、会員や他の相談所とのトラブルが発生した場合の対応についても確認しておくことをおすすめします。そもそもトラブルが発生しにくいように、連盟全体としてお見合いや交際についてのルールやガイドラインが徹底されていることが望ましい状態です。
ルールやガイドラインで解決できない場合、本部に相談できる窓口があるかもチェックしておくと安心です。

 
5

事業の継続性・初期費用が回収しやすいこと

事業の継続性・初期費用が回収しやすいこと

連盟によって加盟金はそれぞれ異なります。
同じ事業をやるなら加盟金が安いほうがよい、と思われるかもしれませんが、加盟金が安いことのリスクもあります。
開業費用が少なく抑えられても、会員が入会しなかったりお見合いや成婚ができなければ収益が得られず、事業として成り立ちません。開業後の初期費用回収のしやすさや、さらなる収益を得て事業が続けられるかを総合的に見て判断する必要があります。
初期費用回収までのおおよその期間や事業継続率についても、開業説明会で聞いておきたいポイントです。

実際に加盟した後の結婚相談所運営がスムーズにいくかどうかを総合的に考えて、加盟する連盟は選ぶようにしましょう。

日本結婚相談所連盟なら、会員数も成婚数も業界No.1(※)。多くの会員様と加盟店様に選ばれています。
日本結婚相談所連盟が選ばれる理由 >>

No.1:日本マーケティングリサーチ機構調べ(2020年9月調査、大手結婚相談所・連盟を対象)、成婚者数:システム外での成婚者を含む

担当者が答えます !

「他連盟との違い」に
ついてよくある質問

Q. 他連盟に比べて加盟金が高いのはなぜですか?

A. お見合いシステムや人材育成(研修・サポート)に投資しているからです。

システムへの投資理由は、変化するIT技術に対応していくため。スマートフォンの普及や高機能化に伴い、結婚相談所のシステムも使いやすく進化させることが必要です。また、個人情報を扱うシステムですので、セキュリティ対策も必須。そのため自社内で開発体制を持ち、機能改善をし続けています。

研修・サポート体制に投資するのは、成婚を生み出すにはシステムだけでなく人の力が必要であるため。「人と人をつなぐのは人だと思う」というIBJのブランドステートメントに則り、専門的なカリキュラムや実践的なプログラムを月間25本ほど開催しています。

今回の回答者:杉山(日本結婚相談所連盟 開業コンサルティング)

結婚相談所の仕事とは
婚活ビジネス市場の傾向
婚活ビジネスの重要性
結婚相談所の連盟とは
結婚相談所の仕事とは
婚活ビジネス市場の傾向
婚活ビジネスの重要性
結婚相談所の連盟とは
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料セミナー
集客や収益の仕組み
無料説明会で
個別相談