結婚相談所の独立開業・オーナー募集サイト|日本結婚相談所連盟

  • 東京 03-5324-5636
  • 大阪 06-7664-7960

    電話受付時間 10:00~19:00

  • 無料説明会はこちら

結婚相談所の収益モデル

低資金で開業、安定した売上構造で高利益率を実現

IBJ登録会員数

お見合い成立件数

  • オーナーインタビュー
  • 必見!無料セミナー
  • 全国加盟相談所一覧
  • アントレプレナー講習会とは
  • あなたも仲人として活躍しませんか?
  • 東京証券取引所 市場第一部

    株式会社IBJは、東京証券取引所市場第一部に上場しております。
    (証券コード:6071)

  • プライバシーマーク

    大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。

  • JMIC 日本結婚相手紹介サービス協議会

事業収益性を高める安定した売上構造
7つの収入源

安定した収益

単一の収入源に集中したビジネスもあるようですが、結婚相談所には入会から成婚に至るまで、会員の活動に応じて7つの収入ポイントがあります。これが、安定した売上を積むことにつながります。

結婚相談所の売上構造

結婚相談所の売上構造と、それぞれ収入のあるタイミング・内容をまとめました。
こちらに挙げた金額は、日本結婚相談所連盟がガイドラインとしている価格です。最終的な価格は自社のサービス内容に応じて、本部と決めることができます。

収入源 標準的な
価格帯例
タイミング・内容
1.入会金 30,000 入会時に必要となる各種事務手続の収入
2.活動サポート費 70,000 入会後、お見合い調整やご交際・ご成婚に向けた
活動へのサポートに対して頂戴する収入
3.月会費 10,000 毎月の活動に伴う収入
※会員1人あたりの平均活動期間は1年半前後です
4.お見合い料 5,000 お見合い1回につき頂戴する収入
※連盟全体のお見合い件数は毎月約18,000件です
5.パーティー参加 10,000 パーティー1回につき頂戴する収入
※会員向けの婚活パーティーを開催しています
詳しくは「パーティー情報」ページをご覧ください
6.その他サービス 10,000円~ 会員のニーズに合わせ、各種サービスを紹介した際の成功報酬
※写真スタジオとの提携、ファッション等自分磨き、成婚後の式場案内等
7.成婚費 200,000 成婚に至ったときに頂戴する成功報酬
※早い方では入会から5ヵ月目でご成婚される方もいらっしゃいます

収益モデルケース

開業のスタイルは様々。ご自身のライフスタイルに合わせた展開が可能です。
どのくらいの収益が得られるのか、3つのモデルケースを紹介します。
どのケースも、他のビジネスと比較して固定費用が少なく抑えられるため、70%以上という高い営業利益率を実現しています。

1副業・週末起業で開業した場合

空いた時間をうまく活用して、副業で結婚相談所を開業した場合のモデルケース。自宅を事務所にすれば、資金繰りの不安も固定費用もグッと抑えられます。

副業・週末起業で開業した場合

2脱サラ・個人事業主で開業した場合

脱サラ・定年後などに脱サラ、定年後などに個人事業主として開業された場合のモデルケースです。副業から始めた方は専業にすることを検討し始める事業規模です。

脱サラ・個人事業主で開業した場合

3法人事業で開業した場合

既存の法人が新規事業として、結婚相談所を開業された際のモデルケースです。

法人事業で開業した場合

結婚相談所の収益は、一般的な小売業と異なり、一人のお客様から継続的に売上を積んでいくことができます。つまり毎月コンスタントに一定の売上が見込めるストック型ビジネスです。

さらに、ランニングコストもシステム利用料(月間15,000円~)のみ。フランチャイズでも代理店ビジネスでもない、オーナー開業ですから売上に対するロイヤリティは一切いただきません!

だから、営業利益率が70%以上ととても高いのが特長。小さな初期投資から大きくビジネスを成長させるチャンスがあります。資金繰り・資金調達の不安も抑えつつ、オーナーとして会員に良質なサービスを提供することに集中できます。

独立開業ご希望の方へ説明会を開催しています

担当者が答えます!

「結婚相談所の開業資金」についてよくある質問

Q 副業として開業した際、会社勤めに影響ないでしょうか?

  • A 副業の範囲であれば、平日の相談所業務は多くありません。

    会員との面談やお見合いは土日祝日が中心となりますので、週末起業でもじゅうぶん対応可能です。
    平日に行う結婚相談所業務としては、お見合いセッティングシステムにログインして、会員や他の相談所からメッセージが届いていないかチェックし、お返事を出すこと。
    もし平日の相談所業務により会社勤めに影響が出てしまうとしたら、それは会員が増えた時です。目安は30名以上。その際には本業として独立できるだけの収益が出ていると思います。

    今回の回答者:後藤(日本結婚相談所連盟 開業アドバイザー)

関連してよく読まれるコンテンツ

  • 売上ロイヤリティも不要!
  • 開業資金は小さく!ビジネスは大きく育てる
  • 開業までの流れ

結婚相談所開業のご相談・無料説明会へのお申し込みはこちらから
独立開業ご希望の方へ説明会を開催しています