加盟結婚相談所:2,984社
登録会員数:74,934名

資料請求

結婚相談所の収益
低資金で開業、安定した売上構造で高利益率を実現

事業収益性を高める安定した売上構造
7つの収入ポイント

安定した収益

独立開業・起業するにあたり、気になるのが事業収益。開業資金が小さくても収益性が伴わなければビジネスとして魅力がありません。
単一の収入源に依存するビジネスも多い中、結婚相談所は入会から成婚に至るまで会員の活動に応じて7つの収入ポイントがあるのが特長です。収入源が複数あるため、安定した売上で経営を支えます。

結婚相談所の売上構造

結婚相談所の売上構造と内容をまとめました。
継続的に発生する収益のほか、会員の入会・活動の各タイミングで収益が得られます。
こちらに挙げた金額は、日本結婚相談所連盟本部が ガイドラインとしている価格です。最終的な価格は各加盟店が自社のサービス内容に応じて、本部と決めることができます。

収入源 タイミング・内容
1.入会金 30,000
会員の入会時に支払われる収入
2.活動サポート費 70,000
会員の活動開始時から支払われる収入
3.月会費 10,000
会員の毎月の活動に伴う収入
4.お見合い料 5,000
会員のお見合い1回につき支払われる収入
5.パーティー参加 10,000
パーティー1回につき支払われる収入
6.その他サービス 10,000円〜
各種サービスや商品を会員に紹介した際の成功報酬
7.成婚費 200,000
成婚に至ったときに頂戴する成功報酬
収入源 標準的な
価格帯例
タイミング・内容
1.入会金 30,000 会員の入会時に支払われる収入
システムへの登録・事務手続き等に対していただくものです
2.活動サポート費 70,000 会員の活動開始時から支払われる収入
お見合い調整やご交際・ご成婚に向けた活動へのサポートに対していただくものです
3.月会費 10,000 会員の毎月の活動に伴う収入
会員1人あたりの平均活動期間は1年半前後です
4.お見合い料 5,000 会員のお見合い1回につき支払われる収入
IBJ全体の毎月のお見合い成立数は約49,000件です
5.パーティー参加 10,000 パーティー1回につき支払われる収入
日本結婚相談所連盟が主催する会員向けの婚活パーティーに参加いただけます
6.その他サービス 10,000円~ 各種サービスや商品を会員に紹介した際の成功報酬
会員のニーズに合わせ、提携写真スタジオ、ファッション等自分磨きサービス、成婚後の結婚式場等を紹介することができます
7.成婚費 200,000 成婚に至ったときに頂戴する成功報酬
早い方では入会から5ヵ月目でご成婚される方もいらっしゃいます

結婚相談所ビジネスの収益モデルケース

独立開業後どのくらいの収益が得られるのか、3つのモデルケースを紹介します。
結婚相談所の開業スタイルは様々。加盟店オーナーご自身のライフスタイルに合わせた展開が可能です。

1

副業・週末起業で開業した場合

副業・週末起業で開業した場合

副業で結婚相談所を開業した場合の収益モデルケースです。
休日や空いた時間をうまく活用して運営し、20名程度の会員規模を想定しています。
自宅を事務所にして起業することも可能ですので、資金繰りの不安も固定費用もグッと抑えられます。

2

脱サラ・個人事業主で開業した場合

脱サラ・個人事業主で開業した場合

脱サラ・定年後などに個人事業主として開業された場合の収益モデルケースです。
副業から始めた方も専業にすることを検討し始める、会員数50名程度の事業規模です。

3

法人事業で開業した場合

法人事業で開業した場合

既存の法人が新規事業として、結婚相談所を独立開業・起業された際の収益モデルケースです。
既存事業の会員基盤や店舗・従業員を活用し、会員数300名程度の事業規模を想定しています。

結婚相談所が収益性の高いビジネスだということがお分かりいただけたでしょうか。
結婚相談所の収益は、一般的な小売業などの業種と異なり、一人のお客様から継続的に売上を積むことができるのがメリットです。つまり、毎月コンスタントに一定の売上が見込めるストック型ビジネスなのです。

売り上げロイヤリティ不要

「結婚相談所ビジネスは収益性が高いストック型ビジネスである」ということが分かったところで、気になるのはロイヤリティなどのランニングコストかと思います。
日本結婚相談所連盟の結婚相談所ビジネスの場合、売上ロイヤリティは0円です。

フランチャイズや代理店での開業と違い、売上ロイヤリティは0円

日本結婚相談所連盟の結婚相談所ビジネスの契約形態は、フランチャイズでも代理店でもない独立オーナー制です。

加盟店側から本部にお支払いいただくランニングコストはIBJネットワーク月会費(月間18,800円~)のみ。売上に対するロイヤリティは一切いただきません。

日本結婚相談所連盟の結婚相談所ビジネスは、ロイヤリティがなく、ランニングコストも小さく抑えられるので、営業利益率が非常に高いのが特長です。
加盟店オーナーの皆様には、事業の資金繰り・資金調達の経営不安は抑えつつ、会員を成婚まで導く良質なサービスを提供することに集中してほしいと考えています。

担当者が答えます !

結婚相談所の収益について
よくある質問

Q. 副業で開業したいです。会社が休みの土日だけで運営できますか?

A. 副業の範囲であれば、平日の相談所業務は多くありません。

会員との面談やお見合いフォローは土日祝日が中心となりますので、週末起業でもじゅうぶん対応ができます。
平日に行う結婚相談所業務としては、会員や他の相談所からのメッセージ確認が挙げられます。連盟が提供するお見合いセッティングシステムにログインして、メッセージをチェックし適宜お返事する…といった流れです。
加盟店オーナー専用のスマートフォンアプリでもメッセージがチェックできますので、会社の休み時間や移動時間にも副業が可能です。
もし平日の相談所業務により会社勤めに影響が出てしまうとしたら、それは会員数が増えた時です。目安は30名以上。その際には本業として独立できるだけの収益が出ていると思います。

今回の回答者:杉山(日本結婚相談所連盟 開業コンサルティング)

IBJが選ばれる理由
お見合いセッティングシステム
結婚相談所の収益
開業資金は小さく
IBJのサポート
IBJが選ばれる理由
お見合いセッティングシステム
結婚相談所の収益
開業資金は小さく
IBJのサポート
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved

無料セミナー
集客や収益の仕組み
無料説明会で
個別相談