加盟結婚相談所:1,560社
登録会員数:58,543名

東日本事務局 03-5324-5636

西日本事務局 06-7664-7960

お電話受付時間:10:00-19:00

東日本事務局
03-5324-5636
西日本事務局
06-7664-7960

お電話受付時間 10:00〜19:00

婚活ビジネスの安定性・成長性
データから読み解く「結婚」の需要とは

「結婚」の需要は減らない

おせっかいで成婚を生む!

少子化、未婚化の時代と言われますが、「結婚」のニーズが減ったわけではありません。 むしろ 時代の移り変わりとともに新たな需要が生まれています。

「結婚」には景気や時代に影響されにくい安定性がある

いつの時代でも「結婚」は人の生活の中で一番大きなイベント。 「人生の伴侶を見つけて結婚したい」という社会的欲求がある限り、結婚の需要は途絶えることなく、それを支える婚活ビジネスも安定します。

「結婚」の需要が減らない理由

「結婚」の需要が減らない理由

いつの時代でも「結婚」は人の生活の中で一番大きなイベント。
「人生の伴侶を見つけて結婚したい」という社会的欲求がある限り、結婚の需要は途絶えることなく、それを支える婚活ビジネスも安定します。

婚姻数は安定推移

婚姻数は安定推移

婚活ビジネスに近いブライダル業界は「最近は結婚式を挙げないカップルも増えている」ということで、マーケットは縮小傾向にあります。
しかし、この3年間の婚姻件数は60万組前半で安定推移。 つまり、結婚している人が減っているわけではないのです。

「結婚」に関するデータから読み解く、結婚相談所ビジネスの成長性

現代の結婚事情はどうなっているのか?データから読み解いてみましょう。
少子化・未婚化する社会で、意外にも結婚相談所ビジネスの成長性が見えてきます。

結婚適齢期の独身男女の割合は急上昇

30代前半の男性の2人に1人が独身|30代前半の女性の3人に1人が独身 30代前半の男性の2人に1人が独身|30代前半の女性の3人に1人が独身 未婚率のグラフ

1980年以降の約30年、生涯未婚率(50歳まで結婚したことが無い人の割合)は年々上昇を続けています。
未婚率の上昇は全ての世代にわたりますが、なかでも結婚適齢期と呼ばれる男性30代、女性20代半ばから30代の未婚者の割合が著しく上昇しています。
30代前半の男性の「2人に1人」は独身、女性の場合も20代後半女性の約70%、30代前半でも約33%(3人に1人)が独身という状況です。
少子化の大きな要因として、 未婚化は国民的に解決していくべき課題の一つとなっています。
学生時代のつながりや、職場などでの出会いの他に、積極的に「婚活」する層も増えてきています。「婚活」というキーワードはもはや定着し、多様な婚活サービスも普及してきています。

<データ参照元>
婚活ビジネス市場の傾向

今の30代未婚男女の半数以上は、このままでは結婚できない

生涯未婚率

このままいくと、2030年には生涯未婚率は、男性3割、女性2割に達する見込みです。
「2030年に50歳になる人」すなわち今の30代前半の未婚率は、男性で約5割、女性で約3割であり、生涯未婚率に重ねると、この方々の6割は50歳になっても結婚ができないことになります。

2020年から30年には高齢化と単身化が進み、医療制度や社会保障、年金制度が危機を迎えるという、いわゆる「2030年問題」が取りざたされています。
この状況に小さくとも 確実なクサビを打ちこむのも、結婚相談所に期待されている役割でしょう。

「再婚ニーズ」も高まっています

年間婚姻数、離婚数

年間に60万組以上の結婚カップルが生まれている一方で、約25万組の夫婦が離婚しています。
年々離婚率は高まりを示しており、今や「3組に1組は離婚する」時代。
今や離婚夫婦が珍しくなく、再婚へのニーズも高まっています。

結婚相談所での活動において、いわゆる「バツがつく」ことになっても、次の結婚の障害になるとは考えられておりません。

これからの結婚相談所業界は、いわゆる結婚適齢期といわれる20~30代層だけでなく、 再婚を希望する30代~50代まで顧客層が広がっていると言えるでしょう。

<データ参照元>
国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集」
厚生労働省「出生動向基本調査」「人口動態統計の年間推計」
総務省統計局「日本の長期統計系列

婚活サイトや婚活パーティーなど、婚活サービスは多様化しています。しかし、結婚という目標に対し、手厚いサポートを必要としている方は多くいます。 昔ながらの人対人の「結婚相談所」の良さが必要とされている時代です。

担当者が答えます !

「結婚相談所の仕事」についてよくある質問

Q. 28歳の男ですが、結婚相談所を開業できますか?

A. 結婚相談所では20代30代の男性もたくさん活躍しています

結婚相談所や仲人というと、中高年の女性が多い仕事というイメージがあるかもしれません。しかし、最近は「婚活ビジネスに将来性を感じた」「自分が婚活世代だから会員に共感できる」という20代後半~30代の男性から、脱サラや週末起業に関してお問い合わせいただくことも増えてきました。

実際に20代で独立開業され、数年で200名以上の会員と10名以上のスタッフを抱える規模に成長されたところもございます。先輩オーナーと直接お話する場もセッティングできますので、お気軽にお問い合わせください。

今回の回答者:後藤(日本結婚相談所連盟 開業アドバイザー)

IBJが選ばれる理由
婚活ビジネス市場の傾向
婚活ビジネスの安定性・成長性
お見合いシステム
無料説明会のご案内
人と人をつなぐのは、人だと思う。

Copyright © IBJ Inc. All rights reserved