ご成婚者インタビュー 結婚相談所「アーチ結婚相談室」30代後半女性の婚活体験談

「アーチ結婚相談室」 K・Mさん<span> 30代後半 会社員</span>

「アーチ結婚相談室」会員

K・Mさん 30代後半 会社員

プロポーズでは女の子らしく嬉し泣きしたかったのですが、驚きと喜びでニヤニヤしてしまいました。

婚活がうまくいかない時、親友が結婚相談所で結婚した事を思い出し、紹介を受け入会したKさん。婚活どころか男性と関わることさえしんどいと感じた事もありましたが、乗り越えた先に素敵なパートナーとの出会いが待っていました。

普段クールな親友の成婚storyをHPで読んだことも背中を押してくれました。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

30歳を過ぎた頃、「この年齢で合コンにも誘われなくなってきたし、自分から動かないと絶対に彼氏できないよな〜。」と漠然とした不安から、街コンや婚活パーティーに参加するようになりました。

IBJ主催の「PARTY☆PARTY」の婚活パーティーに参加したこともあります。

それから数年、街コンや婚活パーティーでは一度にお会いできる人数は限られるし、マッチングしなければ無駄足で終わるし、効率が悪いかも…とまた漠然と不安になり、マッチングアプリを活用するようになりました。

しかしマッチングアプリでの婚活にも疲弊し、最後の砦として結婚相談所に入会しました。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

マッチングアプリなどで自分なりに婚活し、時々交際までは結び付くものの、なかなかうまくいかない時、小学生時代の親友が結婚相談所で婚活し結婚した話を思い出し、意を決して彼女に相談所を紹介してほしいと連絡しました。

送ってくれたアーチ結婚相談室の公式HPにアクセスしてびっくり!
代表の木村さんが主催している婚活パーティーに一度参加したことがあったからです。「この人私会ったことある!もりコンの主催者さんやん!」と縁を感じて即入会を決意しました。

普段クールで恋バナなんてしない親友の、キュンとするような成婚storyを公式HPで読んで胸がいっぱいになったことも背中を押してくれました。

結婚したいと思ったのはプロポーズをしてくれた時です。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

担当カウンセラーの谷さんは同い年ということもあり、最初にお会いした時から親近感がありました!

定時面談の後に時々ランチをご一緒していただいたり、お買い物に同行していただいたり、いつも優しく寄り添ってくださいました。

退会後のことですと、成婚祝いのディナーを開いてくださった際に、彼と私が隣に並んで座っている姿を一目見た瞬間「本当に良かったですね!」と嬉し涙を流されていたことです。苦しい時期も共有したので、私もすごく感動しました。

お相手様との印象深い想い出をぜひ教えてください。

印象深いのはプレ交際3回目のデートです。彼が私を気に入ってくださっていると谷さんから事前に聞いていて、私も彼の人柄に惹かれつつあったので、この日に手を繋ぐくらいはアリかなーと思っていました。

美術館に向かう電車を待っている時に、私が寒そうにしていると、手を繋ぐのではなく「手袋貸しましょうか?」と声をかけてくれました。彼の真面目さに逆にもっと嬉しくなりました!

帰り道で「今日で3回目ですよね。何て言って良いかわからないんですけど、僕のことよろしくお願いします。」と言ってくれてキュンとしました。後にその言葉が真剣交際のお申し出だと分かり、本当にありがたかったです。

お相手様の第一印象について教えてください

彼に対する第一印象は、プロフィール写真よりイケメン!笑顔が可愛くて肌艶が良く、服装もオシャレでいい声。外見だけでなく、話しやすくてよく褒めてくれるので、優しい人だなと思いました。

彼の私に対する印象は、笑った顔が可愛らしい、仕事柄話をよく聞いてくれる、ランチのお店が満席で待ったにも関わらず優しかった、だそうです。

結婚を意識した瞬間はどんな時ですか?

プレ交際3回目のデートで真剣交際を申し込んでくれた時、なんとなく直感的に私はこの人を手離してはいけないと思いました。その時は「この人と結婚するんかな〜?」くらいの気持ちでした。

結婚したいと思ったのはプロポーズをしてくれた時です。彼も私も英語を学んでいたので、プロポーズも英語でした!

場所はカフェバーで、元々シチュエーションにこだわりはなかったのですが、まさかそこで言ってくれると思っていなかったので、意表をつかれました。

お店のBGMが大きかったのと、急に英語を喋り出したので最初は何を言っているのか分からず、「ほんまにすみません。もっかい言ってもらっていいですか?」と関西弁で返答してしまいました(笑)。

2回目は聞き取れたので、“Yes, of course!”と指でOKサインを作ってちゃんと英語で返しました。後日彼に聞くと分かったんや!と感動したそうです。

プロポーズを受けたら女の子らしく嬉し泣きしたかったのですが、驚きと喜びで終始ニヤニヤしていました。
早く言いたいと事前に考えてくれていたのが嬉しかったし、初めて「この人めっちゃカッコいいやん。一生ついていこう。」と決心した瞬間でした。

お相手に求める条件で絶対に譲れないものはありましたか?

居心地の良さ、間が気にならないこと、細かいことは気にせず男性として見ることができるか、に重きを置きました。それ以上に自分が女として見てもらう努力をし、女として見てくれる人を探したいと考えながら活動していました。

お相手からされてキュン❤とした事があれば教えてください。

お相手にされたこととは異なりますが、意外と古風なことにキュンとします(笑)。
真剣交際に移行してから初めてのデートでも、寒がる私に「上着を貸しましょうか?」と言ってくれました。今度は私から「上着は大丈夫なので、腕を持ってもいいですか?」と腕を組むことを提案しました。

その提案が腕を組むことと分からなかったみたいで「それは全然大丈夫ですよ」と言われて、腕を組んだらびっくりした様子で「あっ!手を繋ぎましょうか」と初めて手を繋いでくれました。

後日聞くと腕を組んでくれて嬉しかったそうです。松田聖子さんの「赤いスイートピー」に出てくる男性を彷彿とさせるので、「赤いスイートピー系男子」と私は勝手に呼んでいます(笑)。

面談で涙しながら「ちょっと休みます」と休養を申し出たこともありました。

婚活をやめようと思った瞬間はありましたか?

昨年4月に入会し年末に成婚退会することを目標としていたのですが、年が明けてもうまくいかず精神的に少し参っていた時です。その時に交際していた方ともご縁がなく、「もうやめようかな…。」と諦めそうになりました。

今振り返ると自分一人が舞い上がって、空回りして、一人相撲していた状態でした。周りの友人のように結婚したいのに、自分だけができないことで焦っていたと思います。婚活どころか男性と関わることもしんどいとさえ思うようになりました。

そこで、面談の場で涙しながら「ちょっと休みます」と、正式な休会ではないものの休養を申し出ました。木村さんと谷さんからは、この期間に自分磨きと心の休養を提案していただきました。

それはどのように乗り越えましたか?

自分磨きとして行ったのは、ダイエットとお洋服の勉強です。ダイエットは以前から面談で提案されていたことで、自分ができる範囲のことをちょっとでいいので毎日コツコツ行いました。効果ありましたよ♡

お洋服の方は、アーチを紹介してくれた親友がファッションのプロフェッショナルで、婚活ファッションを一から徹底的に指導してもらいました。

心の休養は、いつも親しくしている大学時代の友人と久々に女子旅に行き、別府の鉄輪温泉で癒されてきました。

その後ちょっとずつ婚活を再開したらお見合いするのが楽しくなり、ウジウジ悩んでいたことがアホらしくなりました。再開した時に今の彼と出会えて本当に良かったです。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

婚活は大変です。体力的にも精神的にもダメージを受けることもあります。

しかしそれを乗り越えると自分の身に起きていることが不思議なくらいの幸せに出会えます。
また、婚活とは自分の内面に向き合うことです。これも簡単なことではないですが、アーチでご指導いただいたことにより、自分の内面に真摯に向き合ってくれる最高のパートナーに出会えました。

「我流の婚活がうまくいかない!」と婚活迷子になっている方は、結婚相談所での活動も前向きに検討されることをお勧めします。私は1年間の婚活で辛いことも多かったですが、楽しいこともたくさんありました。

最終的には新しい自分と、最愛のパートナーに出会える可能性も大ですよ♡

アーチ結婚相談室 カウンセラー 谷由希絵

担当者より

カウンセラー 谷由希絵

Kさんご成婚おめでとうございます!
一年間の当社での婚活は辛い思いや悔しい思いもたくさんあったと思います。
しかし諦めずに前を向こうとするKさんの姿を傍で見ていたので早く良い方と出会えるように心から願っていました。
そんな時出会われた彼は本当に素敵な方で、成婚が決まったKさんの幸せそうなお顔を見て胸がいっぱいになりました。
本当におめでとうございます!お二人で素敵な家庭を築いてくださいね!

「アーチ結婚相談室」の詳細はこちら