ご成婚者インタビュー 結婚相談所「ブランズ婚活サロン」30代後半男性の婚活体験談

「ブランズ婚活サロン」増田尊彦さん<span>(仮名)</span><span> 30代後半 IT関連職</span>

「ブランズ婚活サロン」会員

増田尊彦さん(仮名) 30代後半 IT関連職

彼女とならお互いに本音で向き合える関係を
築けると確信しました!

話すことが得意ではないため婚活パーティーではなく結婚相談所を選択肢に入れた増田さん(仮名)40歳までに結果を出したいと決めていたためサポートの大きさが決め手となりブランズに入会。運命のパートナーと巡り合いご成婚となりました。

ブランズに決めた理由は、成婚までのサポートが心強いことが深く印象に残ったからです。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

30代になり、結婚について真剣に考え始めました。漠然と結婚したいなぁという気持ちはありましたが、どうしたらいいかわからず、まずは身近で開催されている婚活イベントなどに参加してみました。

短い時間でたくさんの人に会い、相手の話を聞き、自分の話をするのは、とても大変だと感じました。話すことが得意ではなかった私は、参加を重ねるほど、婚活パーティーではなく、別の方法の方が自分に合っているのでは、と考えるようになりました。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

ブランズ主催の婚活パーティーに2,3度参加し、パーティー終了後、アドバイザーの方にブランズについてご説明をいただきました。その時に、結婚相談所という選択肢を考えはじめました。

他の結婚相談所にも何社か話を聞きに行き、いろいろな視点で比較しました。ブランズに決めた理由は、成婚までのサポートが心強いことが深く印象に残ったからです。40歳までに結果を出したいと決めていた私にとって、サポートの大きさがカギとなりました。

会う度に価値観が合うことを実感できました。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

仮交際を進める中で、交際の進め方について、わからない部分がありました。

特に、相手とのペースを合わせることが出来なかったり、相手に対していろいろと気になることが出てきたりして、なかなか踏み込んでいくことが出来ず、真剣交際まで進みたいという気持ちが起きませんでした。

その結果、仮交際期間が長くなってしまうことがありました。そんな中、カウンセラーの方から、自分のペースで進めていくことの大切さをアドバイスいただきました。一つひとつ答えを出しながら、慎重に進めていけたことはすごく良かったと思います。

そのおかげで、自分に合った進め方をすることができ、今の幸せにつながりました。私の中では私に一番合ったアドバイスだと実感しています。

お相手様との印象深い想い出をぜひ教えてください。

お相手のプロフィールを確認した時に、写真から明るい印象を受け、PR文もとても興味が湧く内容でしたので、一度お会いしてお話したいと思いました。

コロナ禍ということも有り、オンラインでお見合いを行いましたが、接続トラブルが有り、なかなかスムーズなお見合いとはなりませんでした。ただ、トラブルでも良い印象であったことは間違いなく、そのこともあり、もう少し話したいと思い、仮交際を申し込みました。

ランチやお出かけなどで話を重ね、会う度に価値観が合うことを実感できました。彼女とならお互いに本音で向き合える関係を築けると確信できたタイミングで、真剣交際を申し込みました。

しっかり話し合い、向き合える関係が出来ていたからこそ、真剣交際から約2ヶ月間で親御さんへの挨拶、両家顔合わせ、入籍まですべて順調に進めることが出来たと思います。

お相手様の第一印象について教えてください

最初はオンラインでのお見合いだったのですが、接続トラブルで彼女を待たせてしまいました。ですが、快く待ってくださり、こういうトラブル時だからこそ、より印象は良かったです。また実際にお会いして、明るさを肌で感じ、さらに印象が良くなりました。

(彼女から彼に対して)「丁寧な人」という印象で、トラブルで音声が途中で切れてしまったことも有り、よりもっと話したいと思いました。実際に会うと、背が高くてカッコいい!と思いました。

結婚を意識した瞬間はどんな時ですか?

話したことを真剣に聞いてくれている姿勢が嬉しかったです。自分の中では「本音で話せる関係性」を大事にしていたので、彼女が本気で向き合ってくれるからこそ、私も本気で向き合いたいと思いました。

お相手に求める条件で絶対に譲れないものはありましたか?

お互いにちゃんと話が出来ることです。育った環境などが違うので、寄り添ったり歩み寄ったり、そういう気持ちを持っている人と、話し合いが出来る関係性を築きたい、ということは終始ブレなかったと思います。

結婚して家庭を築いていく上で必要なことを明確にすることが大切だと感じました。

婚活をやめようと思った瞬間はありましたか?

やめようと思ったことはないです。40歳まではしっかりやる、と覚悟を決めていたので、それまでがんばり続ける気持ちでした。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

まずは自分の中で、結婚して家庭を築いていく上で必要なことを明確にすることが大切だと感じました。

そのために、私は様々な人と会い、ともに家庭を築いていけそうな理想の相手像を確立しました。私自身も相手にそう思われるように、知識を増やしたり、コミュニケーションスキルを向上させたりなど、自分磨きを行いました。そうすることで、お互いに向上し、尊重し合える関係を築けるような人に巡り会えるチャンスがくると思います。

そのチャンスが巡ってきたときには、確実につかむことも大切なことだと思います。その時その時を大切に過ごすことで、きっと良いご縁に繋がっていくと思います。

ブランズ婚活サロン マリッジカウンセラー 深江美穂

担当者より

マリッジカウンセラー 深江美穂

どんな時も優しく穏やかで、感情的にならずに一つひとつのことを考えられる彼。彼女との最初の出会いは、オンラインのトラブルというところから始まりましたが、お互いが笑顔で、嫌な顔一つせず、明るくお見合いを始められたことがとても印象的でした。そういったお互いの優しさや、心の温かさはきっと似ていらっしゃるのではないかと思います。お二人のお写真は大切に飾らせていただいております!

「ブランズ婚活サロン」の詳細はこちら