ご成婚者インタビュー 結婚相談所「ウェディングファン」40代後半男性の婚活体験談

「ウェディングファン」H.Tさん<span> 40代後半 公務員</span>

「ウェディングファン」会員

H.Tさん 40代後半 公務員

3人目のお見合い相手が成婚相手になりました。

離婚から5年経っても自然な出会いがなかったことで、迷いはありつつも後悔はしたくなかったので結婚相談所に入会。3人目にお見合いしたお相手と、トントン拍子に2か月でご成婚となりました。

迷ったまま終わりたくなかったので始めました。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

43歳で離婚し、5年近く経っていました。自然に出会いに恵まれるという淡い期待を持っていましたが、そうはいかなかったので、迷いましたが迷ったまま終わりたくなかったので始めました。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

3社にお話を伺って決めようと思っていましたが、1社目のウェディングファンさんの印象がとても良くて、2社目の方にお話を伺った時点で、断然1社目だと思いました。気持ちに寄り添ってくれる感じがしました。

入会前と後での結婚相談所のイメージを教えてください

今はYouTubeなどで、結婚相談所の情報はたくさん得られます。だからイメージが変わったと思うようなことはなかったですね。あくまでも自分主導で活動しようと思っていたこともあります。

笑っていれば悩みは消えます。

活動中のお悩みや苦労したことを教えてください

不定休なので、お見合いとデートの日程を組むことに苦労しました。それと、20歳の娘と同居していましたので、不利になると思っていました。

それはどのように乗り越えましたか?

悩むとお相手に会ったときに雰囲気で伝わりますから、とにかく何でもポジティブに考えるようにしていました。これは婚活に限らす、普段から心掛けていることです。笑っていれば悩みは消えます。

カウンセラーから受けたサポートで印象に残っているアドバイスを教えてください

3人目にお見合いをした方とプレ交際に進みました。その方が成婚相手です。でも、まだ活動を始めたばかりだったので欲がありました。そのとき、「この方を大事にして」と言われ、素直にそう思いました。

真剣交際に進まない理由が見つからなかったですね。

ご成婚相手に申込み(申受け)をした理由を教えてください

プロフィールを見て、可愛らしい方なのにアピールがしっかりしていたんです。必死(笑)っていうか。だから、余計に可愛らしく感じたんです。守ってあげたいと勝手に思いました。

ご成婚されたお相手と初めてお会いした時の印象を教えてください

すごく自然で楽に話ができました。初めて会った方ではないような気がしました。無理に話題を探さなくても良かったんです。ルックスも好みだし、相性バッチリだと思いました。

真剣交際・プロポーズをご決断された理由やきっかけを教えてください

■真剣交際
真剣交際に進まない理由が見つからなかったですね。私は積極的だったし、お相手もそうだったと思います。考え直すような状況に陥ることがなかったんです。

■プロポーズ
初めてお会いしたホテルのラウンジでしました。ダズンローズを用意して。プロポーズのシチュエーションは、お相手がヒントをたくさんくれたので(笑)。気持ちは、素直な気持ちを伝えました。

■プロポーズのエピソード
お店の予約が取れているつもりが取れていなかったんですね。青ざめました。結局、「場所はここでして」とお相手が決めてくれました。そんな状況でも喜んでくれて、ホットしました。

結婚相談所での活動前と後で、ご自身の意識や行動に変化はありましたか?

何も変わらないですね。常日頃から前向きに生きているから最高の結果が出たと思っています。仮に結果が出なかったとしても、それも前向きに捉えられるくらいでなきゃと思っています。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ

迷っているなら、やってみるべきだと思います。人生は一度きりですから。やってダメなら納得できると思います。いろんな方と出会えることも、楽しいですよ。

ウェディングファン 仲人カウンセラー 元木 美和子

担当者より

仲人カウンセラー 元木 美和子

奥様とのお見合いの後、近くのファミレスでご面談した際に、いつもにも増して笑顔が輝いていたのを覚えています。凄く気が合った、初めて会った気がしない、とおっしゃっていたので、もしかして運命の人に出会ったのかなと思いました。決断力のある方なので、これはトントン拍子に行くなと思ったら、入会から3か月、出会いから2ヶ月でのご成婚となりました。強く惹かれ合ったおふたりでした。後に奥様にお会いさせていただいた時に、おふたりが本当にピッタリお似合いでしたので、胸が熱くなりました。

「ウェディングファン」の詳細はこちら