ご成婚者インタビュー 結婚相談所「婚活カウンセリングのリアルラブ」30代後半女性の婚活体験談

「婚活カウンセリングのリアルラブ」 R.Kさん<span> 30代後半 臨床心理士</span>

「婚活カウンセリングのリアルラブ」会員

R.Kさん 30代後半 臨床心理士

婚活はネガティブなものではなく、
むしろ力をもらいました。

お付き合いの経験がほとんどなかったため、カウンセラーのサポートを受けながら活動できる結婚相談所を選択されたR・Kさん。婚活がうまくいかずくじけそうになった時には、カウンセラーの言葉に支えられめでたくご成婚となりました。

時期がきたら自然に結婚できるものなのだと思っていました。

ご成婚おめでとうございます!まず初めに、婚活を始めたきっかけを教えてください。

まわりに結婚した知人、友人が増えて、自分も結婚したいと漠然と思ったことがきっかけです。

結婚相談所を選ばれた理由はなんですか?

時期がきたら自然に結婚できるものなのだと思っていました。両親から勧められたお見合いで出会う方、普段出会う方とはご縁がなく、お付き合いする経験もほとんどありませんでした。結婚を視野に入れた方と出会えること、またカウンセラーの方と相談しながら活動を進められるところを見つけたのが、結婚相談所を選んだ理由です。

結婚することを怖く感じたことがありました。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

お見合いや交際がうまくいかず、婚活をやめたくなることが何度かありましたが、「いっそ、3年後くらいに結婚できたらいいな。というくらいの気持ちでやってみたら?」とアドバイスいただき、婚活を続けることができました(結局それから半年で成婚となりました。)
また、交際が順調に進んで真剣交際になり、いざ結婚が視野に入ってきた時に、結婚することを怖く感じたことがありました。その時は、「結婚は暗い海に入っていくようなもの」「今はそこに1人で入ろうと思っているのでは?」「2人でお互いに助け合いながら進んでいけば、暗い海でも進んでいける」と言っていただいたことが、とても印象的です。

婚活は自分が思っていたほどネガティブなものではありませんでした。