プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!
お見合い・婚活 応援ブログ
【婚活のコツ】
 日本結婚相談所連盟トップ  お見合い・婚活 応援ブログ  選ばれる率が高まる!お見合いプロフィールの作り方

選ばれる率が高まる!お見合いプロフィールの作り方

選ばれる率が高まる!お見合いプロフィールの作り方

相手を選んでから出会うお見合いでは、プロフィールの内容や顔写真がとても重要です。プロフィールで好印象を与えることができれば、相手が興味を持ってお見合いを申し込んでくれる可能性が高いため、出会いのチャンスを広げていくことができます。

ここでは、お見合い相手に選ばれる率が高くなるプロフィールの作り方を紹介します。

お見合いでプロフィールが重要視される理由

omiaiprofile1jpg

お見合いをする男女が一番初めに目を通すのが「プロフィール」です。たかがプロフィールと思われがちですが、お見合い相手を決める時はプロフィールの内容と写真で判断することになるため、プロフィールの書き方が悪ければ相手にスルーされてしまうことも考えられます。

まずは、魅力的なプロフィールを作成し相手に「会ってみたい」と思わせることがポイントです。そこがクリアできれば、お見合い相手として選ばれる率が高まり、お見合い成立へ繋げていくことができるでしょう。

お見合いで選ばれるためのプロフィールの内容と書き方

omiaiprofile2

お見合い相手として選ばれるためには、プロフィールを見てくれた方の気に留まるような書き方をしなくてはいけません。

プロフィールで相手に好印象を残すために必要なことは、派手な服装をした写真や職歴などを偽って記入することではなく、お見合いに相応しい清潔感のある写真や文章から自分らしさをアピールすることが何より大切です。

まずはお見合いで選ばれるための具体的なプロフィールの書き方を説明します。


1・爽やかな雰囲気で!顔写真はスタジオ撮影がおすすめ

お見合いや婚活のプロフィール写真をスマホで撮影する方も多いことでしょう。写真代もかからず手軽に撮影できるのは便利ですが、肝心な写真の仕上がりについてはクオリティが低くおすすめすることはできません。

明るさやポーズをとる角度など写真の映し方は難しく、スマホで撮影するには限界があります。
お見合いのプロフィール写真は相手に自分を判断してもらうための大切な要素です。スマホではなく写真の映し方を熟知したプロのカメラマンのいるスタジオで撮影してもらいましょう

2・自分のアピールポイントを書く

結婚相談所において写真の次に重要になるのが自己PRです。自分がどんな性格でどんな趣味があるのか、相手の読みやすさを意識して簡潔にまとめると良いでしょう。

例えば、料理が好きな女性であれば、「時短で作れる料理が得意です!」「周囲から手作り○○は美味しいね!と言われます」などと、自慢話にならない程度に自分をアピールすることも有効です。
また、スポーツや映画鑑賞など、趣味や興味がある場合は積極的に記入しましょう。互いに共通点があれば「会ってみたいな」「話してみたいな」と相手の気持ちが前向きになる可能性も十分考えられます。

お見合いのようにプロフィールで出会う場では、共通点のあるほうが親近感を感じやすいです。また、実際にお見合いの席でも会話が広がりやすく盛り上がるため、楽しい時間を共有することも可能です。

3・文章中に将来の家庭像を軽くふれる

お見合いのプロフィールは挨拶から始まり趣味や興味、日頃の過ごし方などをまとめて文章にすることが多いです。

その際、「お互い尊重し合える関係を築いていきたい」「明るく笑顔のたえない家庭を築きたい」などと、将来の家庭像について軽くふれてみるのも有効です。

しかし、具体的な家庭像は相手に重いと判断されてしまう可能性が高いため、ポジティブを意識して、長文ではなく簡潔にまとめて書くようにしましょう。


お見合いプロフィールでやってはいけない注意ポイント

omiaiprofile3

自己紹介欄はお見合い相手となる方に自分をアピールできる絶好のチャンスです。ここで好印象を与えることができなければ相手に選んでもらえないため、適当に書くのではなく気持ちをこめて事実を丁寧に書くことが大切です。

しかし、アピールできる箇所であるが故に内容によってはマイナスの印象を与えてしまうこともあります。

ここでは、お見合いのプロフィールを作成するうえでの注意点を3つ紹介します。
まずは、以下のポイントを意識しながら作成してみましょう。


注意ポイント1・嘘をついて見栄をはらない

学歴や年収は相手の目に留まりやすい箇所となりますが、結婚相談所では証明書類を提出するため、事実のみ記載することになります。

経歴やステータス以外で自分をアピールしたいという方は、仕事やスポーツなど自分が一生懸命取り組んできたことを文章で表現することもアピールポイントとして有効です。

「取り柄がない」「自信はありません」などのネガティブな発言は、暗い印象を与えてしまい相手を遠ざけてしまう可能性が高いため避けるようにしましょう。

注意ポイント2・空欄をつくらない

お見合いのプロフィールを書く時は、なるべく空欄を作らないよう意識しましょう。写真がどんなに美しくてもプロフィールに空欄が目立つと「お見合いに対して真剣さが見られない」「書き方が雑」などと、相手に誤解をされてしまうことも考えられます。

また、趣味や特技などについても「特になし」と書くことは避けたほうが無難です。どうしても浮かばない場合は、「スポーツの○○に挑戦したいです!」「○○に興味があります!」などと、今後の意気込みを書くと良いでしょう。

注意ポイント3・相手への要求ばかり書く

プロフィールに相手への要求ばかり書くのはNGです。パートナーには理想の条件を求めてしまいがちですが、その要求が相手の負担となりお見合いの申し込みが来ない可能性も考えられます。

お見合い相手として選ばれるためには、理想の条件や要求を書くのではなく、写真や内容から好印象を与えられるよう魅力的なプロフィール作りをしていきましょう。


まとめ

omiaiprofile4

お見合いのプロフィールを作成する時は、相手に与える印象を考えながら自分を最大限にアピールすることが大切です。
まずは、上記のポイントを参考に魅力的なプロフィールで相手と出会うチャンスを広げていきましょう。

◆お見合いが成立しやすい!?
お見合い写真のコツはこちら ≫

ブログTOP
セミナーのご案内はこちら