プロが教える♪婚活のお役立ち情報がたくさん!
お見合い・婚活 応援ブログ
【婚活のコツ】
 日本結婚相談所連盟トップ  お見合い・婚活 応援ブログ  お見合い相手から返信メール(LINE)がこない理由と解決策

お見合い相手から返信メール(LINE)がこない理由と解決策

お見合い相手から返信メール(LINE)がこない理由と解決策

お見合いや婚活で出会った相手と交際成立した後に、メール(LINE)の返信や頻度が減ってくると不安になるものです。

メールの内容によっては今後の交際の行方を左右する場合もあるため、あらためて自分の送信したメール内容をチェックしてみましょう。ここでは、相手が返信しやすいメールの特徴や注意点について紹介します。

お見合い後にメール(LINE)の返信がこない原因

omiaimailreply1

お見合いが成立しメールのやり取りはしているものの、なかなか返信が来ない。これには考えられる原因がいくつかあります。

多くの方は、「相手に嫌われてしまったのかな?」と後ろ向きな気持ちになってしまいがちですが、別れを切り出されたわけでもないのに憶測で判断するのはまだ早いです。

相手の気持ちが変わって徐々にメールの回数が少なくなることもあるのかもしれませんが、意外にも、気がつかないだけで自分のメールの仕方に問題がある場合が多いのです。

まずは、相手からメールの返信がこない考えられる原因を知り、ポイントを参考に改善していきましょう。

【メール(LINE)の返信が来ないと考えられる原因】
・質問が多くて疲れる
・文章がそっけない
・感情が伝わらない
・単に忙しい
・オウム返しが多いので返信の仕方に困る

お見合い後のメール(LINE)は内容・頻度を考えよう

omiaimailreply5

お見合い後は順調にメールのやり取りでコミュニケーションをとっている方も多いことでしょう。相手に聞きたいことや知りたいことが山ほどあるかもしれませんが、まずは男性から初デートの約束をなるべく早めに交わすことがマナーです。

初デートまでに期間を空けすぎてしまうと、相手を不安にさせて気持ちが離れていくだけでなく「結婚に対し真剣度が低い」と誤解を招く可能性が高いためメールの返信がこなくなることも考えられるでしょう。

また、メールの内容や頻度にも注意が必要です。例えば、自分の仕事が終わったからといって相手の都合を考えず深夜の就寝中に何度もメールを送ってしまうと、返信がこないどころか自分のことしか考えていない「自己中心的な人」とマイナスのイメージを与えてしまう場合もあるでしょう。

メールの頻度は回数ではなく、時間帯や相手の負担にならないよう意識することが大切です。メールの内容についても、仕事の愚痴や他人の悪口は相手も返信しづらく負担をかけるため休日の過ごし方や趣味の話など、明るく誰でも話しやすい内容が無難です。

心配な方は、最初にメールアドレスを交換した時点で、相手の連絡しやすい時間帯を確認することをおすすめします。

好意を持たれている場合のメール(LINE)内容の特徴

omiaimailreply2

お見合い相手が好意を持ってくれている場合は、電話やメールのやり取りなど文面から伝わる場合もあります。

例えば、「お仕事お疲れさまです!」「これから何か予定はありますか?」「今夜お話しできるお時間はありますか?」など、相手が共有できる時間を作りたいと望んでいる場合は、好意を持たれている可能性が高いです。

メールの内容によっては今後の交際を左右する場合もあるため、相手のメールには失礼のないよう丁寧に答えていきましょう。嬉しい時や楽しい時は、過剰にならない程度に絵文字・顔文字・記号を取り入れてみるのもおすすめです。そのほうが相手に感情が伝わりやすくメールの会話が盛り上がるはずです。

お見合い後のメール(LINE)でやってはいけないこと

omiaimailreply3

お見合いで出会った相手との交際は、一般的な交際とは違うため、メールのやり取りで注意すべきポイントがあります。

早く次のステップへ進みたいからといって、しつこく連絡をしたり相手を自分のペースに合わせようとしたり、焦った行動は相手の気持ちを無視した一番嫌われる行動です。

ここをしっかり守ることで、相手に好印象を与えながら順調な交際が期待できることでしょう。まずは、メールの返信でやってはいけない注意点を挙げてみました。


1・馴れ馴れしい口調は嫌われる原因に

お見合いや婚活で出会った相手は友人や家族とは違います。メールのやり取りで少し距離が縮まったからといって、友人と会話をする時のように馴れ馴れしい口調で話すと、相手を嫌な気持ちにさせてしまう場合も。

例えば「そうなの?」「マジで⁉」「ヤバイ!」などは、相手に幼い印象を与えるだけでなく軽いイメージを連想させるため、出会って間もない時期は抵抗を感じる女性も多いようです。

お互いの顔が見えないメールでは、言葉を選びながら相手に失礼のないよう慎重に進めていくことが大切です。

2・メール(LINE)の催促は様子を見てから

相手からメールの返信が来ないからといって、すぐに催促することはやめましょう。出会って間もない頃は、相手の仕事の都合や生活スタイルなど、何かと分からないことが多いため、2~3日間は連絡を待ってみることをおすすめします。

また、様子をみても返信が来ない場合は「〇〇さん、風邪などひいていませんか」「お体大丈夫ですか?」などと、相手を気遣う内容でメールを送りましょう。

そうすることで「心配してくれている」「早く返信しなきゃ申し訳ない」などと、相手に好印象を与えながら良い方向へ気持ちを揺さぶることも可能です。

とはいえ、催促メールを何度も送ることは避け、あまりにも返信がこない場合には仲人やカウンセラーに相談すると良いでしょう。

メールのやり取りで大切なのは、相手を気遣った負担のない内容にすることです。度を越えたメールのやり取りは「しつこい!」と嫌われてしまう可能性もあるので、会話のキャッチボールを意識しながらメールをすると良いでしょう。

3・自信のない質問や態度(文面)

多くの女性は遠回しに聞いてくる質問や優柔不断な態度を苦手に思う傾向があります。だからといってデリカシーのないストレートな質問もしてはいけませんが、仲が深まるまでは自分の悩みごとを相談したり、解決策を求めたりするのは避けたほうが無難です。

例えば、「今日○○〇な出来事があったのですが、どう思いますか」「すごく悩んでいるんです」などと、誰かに相談したり話を聞いてもらいたい内容だったとしても、出会ったばかりの相手にとっては重くて返信しづらいと判断される可能性が高いです。

女性の多くは、男らしくて頼りがいのある人をパートナーに求めるため、返ってマイナスのイメージを与えてしまい残念な結果となる場合もあるでしょう。

メールを送る時は自分の悩み事ではなく、相手の興味のある話や今後のデートについてなど、お互いに明るく話せる内容を意識しましょう。


まとめ

omiaimailreply4

相手からメールの返信がなかなか来ないからといって焦ってすぐに催促するのは禁物です。メールの内容によっては今後の交際を左右する場合もあるため、上記のポイントを参考に二人の仲をさらに深めていきましょう。

ブログTOP
セミナーのご案内はこちら